違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

無線LAN

ITの違い

Wi-Fi6(802.11ax)とこれまでのWi-Fiの違いをわかりやすく解説!

Wi-Fiも、今では非常に高速な通信ができるようになり、便利になりましたね。

現在の最新Wi-Fi規格は『Wi-Fi6(802.11ax)』です。

あなたは、『Wi-Fi6(802.11ax)』がこれまでのWi-Fiとどう違うのか、知っていますか?

 

はなこ
『Wi-Fi6』っていうのが新しく登場したのよね。
最新のWi-Fi規格だよね。

すごく高速になったって聞いたことがあるな。

たろう
はなこ
違うのは速度だけなの?
どうなんだろう?

他にも何か違いがあるのかな?

たろう
はなこ
じゃあ、『Wi-Fi6』が他のWi-Fiとどう違うのか、調べてみましょうか。

 

今回は、『Wi-Fi6(802.11ax)』が他のWi-Fiとどう違うのか、解説します。

スポンサーリンク

『Wi-Fi6(802.11ax)』の規格について

周波数帯

周波数帯

『Wi-Fi6』の正式名称は『IEEE 802.11ax』という長い名称です。

『IEEE』とは『米国電気電子学会』の略語で、Wi-Fiなどの電子通信に関する規格を標準化するのはこの組織です。

『IEEE』が標準化した規格なので、『IEEE 802.11ax』と呼ばれるのですね。

 

しかし、この言葉は、あまり馴染みがありません。

そのために付けられた名前が『Wi-Fi6』です。

『Wi-Fi6』の "6" は、この規格が6代目であることを表しています。

 

Wi-Fi機器の中で、『IEEE 802.11b/a/g/n』と書かれているのを見たことはないでしょうか?

この中の、b, a, g, n というのは、それぞれWi-Fiの規格を表しています。

『IEEE 802.11ax』は、これらの規格の一つであるということですね。

関連記事
無線LAN
無線の『a』と『g』の違いをわかりやすく解説!回線速度をチェック

無線LANを使う時に、いろいろな規格があって、よく分からないことはありませんか?   はなこ無線LANの規格って、『IEEE 802.11b/a/g/n』とか書いてあるじゃない。 あれって、 ...

続きを見る

 

『Wi-Fi6(802.11ax)』の他のWi-Fiとの違いは何?

『Wi-Fi6(802.11ax)』は、他のWi-Fiと何が違うのでしょうか?

過去の世代のWi-Fiと比較してみましょう。

 

策定時期

『Wi-Fi6(802.11ax)』を含めた、4代目以降のWi-Fiの策定時期は次のようになります。

Wi-Fiの策定時期

規格名 新呼称 策定時期
IEEE 802.11n Wi-Fi4 2009年9月
IEEE 802.11ac Wi-Fi5 2014年1月
IEEE 802.11ax Wi-Fi6 2020年6月予定

第4世代の『Wi-Fi4(IEEE 802.11n)』が、誕生したのは今から10年以上前のことです。

そして、第5世代の『Wi-Fi5(IEEE 802.11ac)』は5年以上前ですね。

だいたい5年の周期で、Wi-Fiの新しい規格が誕生していることになります。

 

通信速度

Wi-Fi規格の通信速度は次の通りです。

Wi-Fiの通信速度

規格名 新呼称 通信速度
IEEE 802.11n Wi-Fi4 300Mbps
IEEE 802.11ac Wi-Fi5 6.9Gbps
IEEE 802.11ax Wi-Fi6 9.6Gbps

第4世代から第5世代に移ったときに、通信速度は20倍以上と飛躍的に上がりました。

『Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)』になると、10Gbps近くもの超高速通信が実現されることになります。

これだけ速いと、有線LANにも引けを取りませんね。

しかし、この通信速度はあくまで理論値。

実際のスループットは、これより遅くなり、『Wi-Fi4(IEEE 802.11n)』で150Mbps程度、『Wi-Fi5(IEEE 802.11ac)』で800Mbps程度、『Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)』で1Gbps以上になります。

 

周波数帯

Wi-Fi規格の周波数帯は次の通りです。

Wi-Fiの周波数帯

規格名 新呼称 周波数帯
IEEE 802.11n Wi-Fi4 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac Wi-Fi5 5GHz
IEEE 802.11ax Wi-Fi6 2.4GHz/5GHz

周波数帯とは、利用している電波の帯域のことです。

2.4GHzは障害物に強い利点がある反面、電子レンジなどの電磁波と干渉しやすいという欠点があります。

部屋をまたいで無線LANのルーターがあっても、電波が届かないことは起こりにくいです。

しかし、電子レンジや無線キーボード・マウス、bluetoothなど、他の機器との干渉を起こして電波が届かなくなる問題が発生する場合があります。

 

5GHzは障害物に弱いですが、電波干渉は受けにくいという利点があります。

なので、遠くに無線LANのルーターがあると、電波が届きにくくなるという問題が発生する場合があります。

 

はなこ
『Wi-Fi6』で、実際のスループットでもギガビットを超えるのね。
Wi-Fiも、随分と進歩したんだね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Wi-Fi6』の正式な名称は『IEEE 802.11ax』である。
  • 『Wi-Fi4』は、2009年9月、『Wi-Fi5』は、2014年1月に策定され、『Wi-Fi6』は、2020年6月に策定。
  • 『Wi-Fi4』の通信速度は、300Mbps(実効値は150Mbps程度)、『Wi-Fi5』の通信速度は、6.9Gbps(実効値は800Mbps程度)、『Wi-Fi6』の通信速度は、9.6Gbps(実効値は1Gbps以上)である。
  • 『Wi-Fi4』と『Wi-Fi6』は、2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯に対応しているが、『Wi-Fi5』は5GHzしか対応していない。

『Wi-Fi6』は、2020年6月が正式なリリース時期になっていますが、すでに対応しているルーターは発売されています。

高速な通信速度を実感したいのであれば、一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.