違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

グミ

食べ物の違い

ゼラチンと寒天の違いをわかりやすく解説!原材料や見分け方を紹介

お菓子作りなどに欠かせないのが『ゼラチン』や『寒天』ですね。

プルプルした食感や、ホロリと歯切れよい食感が特徴の食材です。

ところで、あなたは『ゼラチン』と『寒天』の違いを知っていますか?

 

はなこ
ゼリーを作ろうと思っているんだけど、『ゼラチン』と『寒天』のどちらを使えばいいのかな?
『ゼラチン』と『寒天』って、同じものじゃないの?
たろう
はなこ
別物よ。
じゃあ、いったい何が違うの?
たろう
はなこ
そう聞かれると、私にもわからないわ。

じゃあ、『ゼラチン』と『寒天』の違いについて調べてみましょうか。

 

今回は、『ゼラチン』と『寒天』の違いについて解説し、原材料や見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

『ゼラチン』と『寒天』の原材料は?

『ゼラチン』と『寒天』は、いったい何が原材料となっているのでしょうか?

 

『ゼラチン』の原材料

『ゼラチン』の原材料は、牛や豚の骨や皮に含まれるコラーゲンです。

透明感のある薄い黄色の液体ですが、売られているものは粉末状やシート状のものが多いです。

だいたい50℃~60℃で溶け、冷蔵庫に入れて冷やし固めます。

ゼリーやプリン、ムース、ババロアなどに利用することができます。

 

『寒天』の原材料

『寒天』の原材料は、テングサやオゴノリなどの海藻です。

白濁した固形物として売られていたり、粉末状になっていたりと、様々な形で売られています。

90℃以上の高温にしないと溶けず、常温で固めることができます。

水ようかん、杏仁豆腐、ところてんなどに利用されます。

 

はなこ
『ゼラチン』は動物から、『寒天』は海藻から採ることができるのね。
色に違いがあるようだから、見分けることも簡単なのかな。
たろう

 

『ゼラチン』と『寒天』の違い

『ゼラチン』と『寒天』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『ゼラチン』と『寒天』の違い

  • 『ゼラチン』は動物のコラーゲンが原料で、『寒天』は海藻が原料である。
  • 『ゼラチン』は比較的低温で溶け、冷蔵庫で固めるが、『寒天』は高温で溶け、常温で固める
  • 『ゼラチン』は薄い黄色をしているが、『寒天』は白濁している。
  • 『ゼラチン』の食感はプルプルして口溶けがよく、『寒天』の食感はホロリと歯切れよい
  • 『ゼラチン』を使う料理と、『寒天』を使う料理が異なる。

 

原材料の違い

前に書いた通り、

  • 『ゼラチン』は動物のコラーゲンが原料
  • 『寒天』は海藻が原料

です。

原材料は全く異なることになりますね。

 

溶ける/固まる温度

『ゼラチン』は50℃~60℃という低温で溶けますが、『寒天』は90℃という高温にしないと溶けません。

また、

『ゼラチン』は常温では固まってくれないので、冷蔵庫に入れて固めますが、『寒天』は常温でも固まる

という違いがあります。

 

色の違い

『ゼラチン』は、薄い黄色をしています。

しかし、

『寒天』は白い色をしています。

色を見れば、簡単に見分けることができますね。

 

食感の違い

『ゼラチン』は、プルプルして口どけがよい食感です。

ゼリーやプリンなどを思い浮かべると分かりやすいでしょう。

それに対して、

『寒天』はホロリと歯切れよいという特徴があります。

『ところてん』などは、そういった食感の食べ物の代表ですね。

料理の違い

『ゼラチン』を使う料理は次のものになります。

ゼリー

プリン

ムース

ババロア

マシュマロ

どの場合も、『ゼラチン』を温めて溶かした後、冷蔵庫で冷やして固めるという作り方です。

気をつけなければならないのは、沸騰させてしまうと『ゼラチン』の固まる性質が弱くなるという点です。

なので、絶対に温めすぎないように注意しましょう。

 

『寒天』を使う料理は次のものになります。

水ようかん

杏仁豆腐

ところてん

こちらは、しっかり溶かすために沸騰させて煮詰めてから使用するという特徴があります。

『ゼラチン』とは正反対ですね。

 

『ゼラチン』と『寒天』の見分け方

『ゼラチン』と『寒天』の見分け方を見てみましょう。

板ゼラチン

板ゼラチン

板ゼラチンは、シート状の『ゼラチン』ですが、薄い黄色なので、『寒天』とは簡単に見分けることができます。

この他、粉状の『ゼラチン』もありますが、やはり黄色い粉末なので、すぐに『ゼラチン』だと分かります。

 

寒天

寒天

『寒天』の場合、四角い棒の形で売られていることが多いです。

真っ白な色をしているので、『ゼラチン』と見間違えることはまずありません。

『寒天』にも粉末状のものがありますが、白色なので、黄色い『ゼラチン』とは簡単に見分けられます。

 

はなこ
『ゼラチン』と『寒天』を見間違えることはなさそうね。
でも、使い間違えると料理に失敗することになるから、どちらを使えばいいのか、最初にきちんと確認しておかなければいけないね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ゼラチン』は、動物のコラーゲンが原料で、『寒天』は海藻が原料である。
  • 『ゼラチン』は、比較的低温で溶け、冷蔵庫で固めるが、『寒天』は高温で溶け、常温で固める
  • 『ゼラチン』は、薄い黄色をしているが、『寒天』は白濁している。
  • 『ゼラチン』の食感は、プルプルして口溶けがよく、『寒天』の食感はホロリと歯切れよい
  • 『ゼラチン』を使う料理と、『寒天』を使う料理が異なる。

『ゼラチン』と『寒天』のどちらを使えばいいのか、きちんと確認するようにしましょう。

どちらも固めるのは同じです。

しかし、食感はまるで違いますからね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.