違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

鱒寿司

食べ物の違い

鱒(マス)と鮭(サケ)の違いをわかりやすく解説!見分け方と味を紹介

『鱒(マス)』といえば、鱒寿司が有名ですね。

また、『鮭(サケ)』は焼いて食べたり、フレークにして食べたりします。

あなたは、『鱒』と『鮭』の違いについて知っていますか?

 

はなこ
この間、友人から鱒寿司をもらったの。

おいしかったわ。

鱒寿司に乗ってる切り身って、見た目は『鮭』だよね。
たろう
はなこ
そういえば、『鱒』と『鮭』って、そっくりよね。
どちらも同じ魚なのかな?
たろう
はなこ
じゃあ、『鱒』と『鮭』の違いについて、調べてみましょうか。

 

今回は、『鱒』と『鮭』の違いを解説し、見分け方や味について紹介します。

スポンサーリンク

『鱒(マス)』と『鮭(サケ)』の違い

『鱒(マス)』と『鮭(サケ)』は、どちらもサケ目サケ科に属する魚です。

つまり、

分類上は同じ種に属していることになりますね。

 

『鱒』には

カラフトマス

サクラマス

ニジマス

などの種類があります。

 

また、『鮭』には

シロザケ

ギンザケ

ベニザケ

キングサーモン

などが挙げられますね。

 

『鱒』は英語で『trout(トラウト)』というのに対し、『鮭』は英語で『salmon(サーモン)』といいます。

つまり、

海外でも『鱒』と『鮭』は区別されていることになります。

 

『鮭』は、

海に下って成長し、川を上って産卵する

という他の魚にはない習性があります。

産卵を終えると、『鮭』は力尽きて死んでしまいます。

川で生まれ、同じ川で一生を終えるわけですね。

 

『鱒』と『鮭』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『鱒』と『鮭』の違い

  • 『鱒』は一般に川で一生を過ごすが、『鮭』は海に下って成長し、産卵のために川へ戻るという習性がある。
  • 昔の日本では、全て『鱒』と呼んでおり、『シロザケ』だけを『鮭』と呼んで区別していた。
  • 一般に、『鱒』は体が小さく『鮭』は体が大きい
  • 生で食べるのは『鱒』の方が多く、『鮭』は焼くなどの加工をして食べられる。

 

生育場所の違い

『鱒』は、川で一生を過ごすのが一般的です。

しかし、『鮭』は海へ下って成長し、再び川に戻って産卵します。

ただし、『サクラマス』は『鱒』と付いていますが、海へ下る場合もあります。

ですから、川で一生過ごすか、海へ下るかというだけで完全に分類することはできません。

 

昔の呼び方

昔の日本では、海へ下る魚としては『シロザケ』と『サクラマス』しかいませんでした。

なので『シロザケ』を『鮭』、『サクラマス』を『鱒』と呼んで区別すれば十分でした。

しかし、蝦夷地(今の北海道)の開拓が進むと、『カラフトマス』が捕れるようになり、さらに遠海で漁をするようになって、『ベニマス』や『ギンマス』が捕れるようになります。

そのため、『鱒』という種類が多くなり、『鮭』は『シロザケ』のみという状態になったわけですね。

 

ところが、流通するにあたって

『鱒』より『鮭』のほうが高級なイメージ

があったため、『ベニマス』『ギンマス』は、それぞれ『ベニザケ』『ギンザケ』と呼ばれるようになります。

現在では、その呼び名が定着し、『鱒』と『鮭』のそれぞれにいくつかの種類があるようになりました。

 

体の大きさ

一般的に、

『鱒』は体長30cmほどなのに対し、『鮭』は体長70cmほどあります。

テレビなどで、水揚げされた『鮭』の映像が流れるときがありますが、たしかに『鮭』は大きい魚というイメージがありますよね。

 

食べ方

一般的に、『鱒』は生で刺し身や寿司のネタとして食べられることが多いです。

『鮭』は、焼いたりフレーク状にしたりと加工して食べることが多いです。

寿司のネタに『サーモン』がありますが、実はあれは

『ニジマス』を海で養殖したもの

が使われています。

 

はなこ
なんだか違いもはっきりしないわね。
はっきりと区別する決め手はないように感じるな。
たろう

 

実は、

『鱒』も『鮭』も分類上は同じ種

であり、明確な違いがあるわけではありません。

海に下る『鱒』もいますし(同じ種でさえ、環境によって川に残るものと海に下るものに分かれます)、『ニジマス』のように大きな『鱒』もいます。

また、『鮭』は加工して食べる場合が圧倒的に多いですが、最近では生で食べる『鮭』もあります。

つまり、

『鱒』と『鮭』のはっきりとした違いはない

ということになりますね。

 

『鱒』と『鮭』の見分け方

『鱒』の代表として『サクラマス』の写真を見てみましょう。

サクラマス

サクラマス

『鮭』の代表である『シロザケ』はこんな姿をしています。

シロザケ

シロザケ

顔の部分を見ると、『鮭』の方は口が大きく、特に下あごに特徴があるので、見分けることはそれほど難しくありませんね。

 

『鱒』と『鮭』の味

『鱒』と『鮭』の味は、どの程度違うのでしょうか?

『鱒』は、一般的に生で食べられることが多いのに対し、『鮭』は塩焼きやバター焼きなど、焼いて食べることが多いです。

この時点で、味に違いができてしまいますね。

 

『鱒』は、トロッとした口当たりと独特の脂の風味が特徴です。

もちろん、生食以外でも、焼いて食べたりするとおいしいですね。

『鮭』は、焼いて食べた場合、口の中でホロリと崩れる食感が特徴です。

身が簡単にほぐれるので、フレークにしておにぎりの具やご飯のふりかけとして食べてもおいしいですね。

 

どちらも切り身で売られていることが多いですが、独特なサーモンピンクと呼ばれる色の身は他の魚にはない特徴です。

切り身を見ると、『鱒』と『鮭』を見分けることはちょっと難しいですね。

同じ調理法で食べた場合、味も大きな違いはありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『鱒』は一般に川で一生を過ごすが、『鮭』は海に下って成長し、産卵のために川へ戻るという習性がある。
  • 昔の日本では、全て『鱒』と呼んでおり、『シロザケ』だけを『鮭』と呼んで区別していた。
  • 一般に、『鱒』は体が小さく『鮭』は体が大きい
  • 生で食べるのは『鱒』の方が多く、『鮭』は焼くなどの加工をして食べられる。
  • 『鱒』も『鮭』も分類上は同じ種であり、明確な違いがあるわけではない。

『鱒』も『鮭』も、日本では人気のある魚ですね。

あなたは、どんな調理法で食べるのが好きですか?

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.