違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

寿司

食べ物の違い

寿司と鮨の違いをわかりやすく解説!語源と使い分け方をチェック!

『すし』をどんな字で書きますか?

『寿司』ですか?

それとも、『鮨』ですか?

お店の看板にも、『寿司』と『鮨』の両方が使われていますよね。

あなたは、『寿司』と『鮨』の違いを知っていますか?

 

はなこ
昨日、お寿司屋さんに行ってきたの。
へえ、それは豪勢だね。
たろう
はなこ
そのお店の看板を見たんだけど、『鮨』って書いてあったわ。

普通、『寿司』って書くわよね。

どちらもよく使われているよ。

でも、『寿司』と『鮨』の違いはよく分からないな。

たろう
はなこ
じゃあ、ちょっと調べてみましょうか。

 

今回は、『寿司』と『鮨』の違いについて解説し、その語源や使い分け方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『寿司』と『鮨』の違い

『寿司』も『鮨』も、同じ『すし』という読み方をします。

では、いったい何が違うのでしょうか?

『寿司』と『鮨』の主な違いをまとめると、次になります。

『寿司』と『鮨』の違い

  • 魚を使った『すし』には『鮨』という言葉が使われ、魚を使わない『すし』には『寿司』が使われる。
  • 関西方面にある『押し鮨』や『なれ鮨』には『鮨』が使われ、江戸前の『にぎり寿司』には『寿司』が使われる。
  • 『いなり寿司』や『ちらし寿司』『手巻き寿司』など、いわゆる一般的な『にぎり寿司』とは異なる料理に『寿司』が使われる。

 

具材の違い

『すし』には、魚を使った『にぎり寿司』の他にも、魚を使わない『かっぱ巻き』や『いなり寿司』など、いろいろな種類があります。

魚を使った『すし』には、魚という文字の入った『鮨』という字が使われ、魚を使わない『すし』には『寿司』を使うという分け方があります。

確かに、『いなり寿司』を『いなり鮨』とは呼ばないですよね。

しかし、『にぎり寿司』は魚を使っていますが、『寿司』という言葉が使われていますね。

ですから、

具材の違いだけで完全な使い分けはできない

ことになります。

 

場所・時代の違い

関西方面には、焼きしめ鯖を使った『押し鮨』や、フナを使った『なれ鮨』など、有名な『鮨』がたくさんあります。

これらの『すし』には、『寿司』という言葉ではなく『鮨』という言葉を使う場合が多いですね。

特に『なれ鮨』は、

『寿司』のルーツ

となった料理だとも言われています。

その特徴は、具材を乳酸発酵させて作られるというもので、酢飯を使った『にぎり寿司』とは全く違う作り方をします。

 

調理法の違い

『いなり寿司』は、煮付けた油揚げの中にシャリを入れて作りますね。

また、『手巻き寿司』は具材をシャリと海苔で巻いて作られます。

これらは、いわゆる『にぎり寿司』とは作られ方が異なります。

しかし、『寿司』の仲間に入っていますね。

こういった料理には、『鮨』ではなく『寿司』が使われます。

 

はなこ
『鮨』は魚を使い、また関西方面にある古くからの料理に使われるということかな?
でも、完全に分けることができるわけでもなさそうだね。

『寿司』や『鮨』の語源を調べると、もっといろんな事がわかるかもね。

たろう

 

『寿司』や『鮨』の語源

『すし』の言葉のルーツは、江戸時代中期頃、

その味が酸っぱいことから『酸し』という言葉である

という説が有力です。

それが『鮓』という言葉になり、さらに『鮨』に変化したものと伝えられています。

しかし中国では、『鮨』というと

魚の塩辛

のことを指して使われます。

 

『寿司』という字は当て字です。

縁起文字として、『寿(ことぶき・めでたいこと)を司る』という意味から『寿司』という言葉が使われるようになりました。

『寿』という言葉には、『天寿(天から与えられた寿命)』や『寿詞(祝いの言葉や文章)』といった、めでたい言葉に使われますよね。

縁起を担いで『寿司』という言葉が生まれたわけです。

ですから、元々は『鮨』の方が先に使われていたわけですね。

 

はなこ
『鮨』という言葉のほうが古いのね。
『寿司』にはおめでたいという意味が込められているわけか。

それなら、『寿司』という言葉の方を使いたいよね。

たろう

 

『寿司』と『鮨』の使い分け方

『寿司』と『鮨』は、どのように使い分ければいいのでしょうか?

まず、

『押し鮨』や『なれ鮨』といった、『鮨』のルーツとも言うべき、古くからある料理には『鮨』がいいですね。

ところが、『なれ鮨』の仲間である『鮒鮓(ふなずし)』には、『鮓』という古い言葉を使う他に、『鮒寿司』と呼ばれることもあり、なぜか『鮒鮨』とは言われません。

魚をシャリの上にのせた、いわゆる『にぎり寿司』は、江戸時代に発展したものなので、魚を使っていますが『寿司』の方が合っています。

『いなり寿司』や『ちらし寿司』なども、『寿司』の方が使われますね。

 

『鮨』を使ったものは次の種類があります。

押し鮨

なれ鮨

 

『寿司』を使ったものは次の種類があります。

にぎり寿司

いなり寿司

ちらし寿司

手巻き寿司

 

こうしてみると、『寿司』という言葉のほうが多く使われている傾向がありますね。

『寿司』にもいろんな種類があり、それらには『寿司』の文字が一般的に使われるので、『寿司』の方が多く使われる傾向にあります。

また、『寿司屋』の方が『鮨屋』よりも圧倒的に多く、これは『手巻き寿司』や『ちらし寿司』など、ちょっと違った調理法の料理も出している店が多いからです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 魚を使った『すし』には『鮨』という言葉が使われ、魚を使わない『すし』には『寿司』が使われる。
  • 関西方面にある『押し鮨』や『なれ鮨』には『鮨』が使われ、江戸前の『にぎり寿司』には『寿司』が使われる。
  • 『いなり寿司』や『ちらし寿司』『手巻き寿司』など、いわゆる一般的な『にぎり寿司』とは異なる料理に『寿司』が使われる。
  • 『すし』の語源は酸っぱいという意味の『酸し』である。
  • 『寿司』は『寿を司る』という縁起文字として後から付けられた。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.