違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Lightroom

ITの違い

LightroomのClassicとCCの違いをわかりやすく解説!使い方をチェック

Adobe社の製品には『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』があります。

どちらも、画像を整理したり、補正を掛けたりすることができるアプリケーションです。

あなたは、『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』の違いを知っていますか?

 

はなこ
写真が増えてきて、整理するのが大変なの。

『Lightroom Classic』っていうのが便利だって聞いたんだけど、そんなにいいのかな?

『Lightroom CC』っていう製品もあるよ。

どちらがいいのかは僕もよく知らないけど。

たろう
はなこ
じゃあ、2つの違いについて調べてみましょうか。

 

今回は、『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』の違いを解説し、その使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』の違い

『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』が、どんな製品か、まずは簡単に紹介します。

『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』は、どちらも撮影した写真を編集する機能が備わっています。

カラー調整をしたり、くすんだ写真を鮮やかにしたり、不要なオブジェクトの除去や、傾いた構図の補正も行うことができます。

また、たくさんの画像にタグを付けることで、分類・管理する機能も持っています。

 

『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』の違い

  • 画像の保管場所が異なる。
  • 操作体系が異なる。
  • 購入方法が異なる。

それでは、順番に細かく見ていきましょう。

 

画像の保管場所

『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』の最も大きな違いは画像の保管場所です。

『Lightroom Classic』では、画像はパソコンにあるストレージに保管しておきます。

それに対して

『Lightroom CC』の場合、Adobe社が用意したクラウド上に画像を保管します。

画像がパソコンのストレージ上にある場合、画像を編集したり管理する作業はそのパソコン上のみで行うことになります。

しかし、クラウド上に画像があれば、パソコンだけでなく、スマホやタブレットなどを利用することもできます。

『Lightroom CC』は、モバイル端末での利用を想定した構成になっているわけですね。

 

操作体系や利用できる機能

『Lightroom Classic』を操作するためには、写真に対する幅広い知識が必要になります。

素人が簡単に操作できるわけではありません。

しかし、

『Lightroom CC』は操作が簡略化され、誰でも扱えるように配慮されています。

その分、『Lightroom CC』は『Lightroom Classic』に比べて、利用できる機能が制限されています。

例えば、『トーンカーブ』『明暗別色補正』『カメラキャリブレーション』『フリンジ除去』といった機能は『Lightroom CC』では利用できません。

 

『トーンカーブ』は、色調の変化を曲線で補正するための機能です。

『明暗別色補正』は、その名の通り、画像の明るい部分と暗い部分で、色を別々に補正する機能です。

『カメラキャリブレーション』を使うと、写真を撮影したカメラに合わせた色補正のプリセットを選び、最適な色調に補正することができます。

『フリンジ除去』は、画像の明るい部分と暗い部分の境界に発生する余分な色(フリンジ)を自動的に除去する機能です。

 

これらの機能は、『Lightroom CC』では利用できないので注意が必要です。

よって、『Lightroom Classic』はプロ仕様、『Lightroom CC』は誰でも扱えるという違いがあります。

 

購入方法

『Lightroom Classic』は、単体で購入することができません。

しかし、

『Lightroom CC』は単体での購入が可能です。

『Lightroom Classic』の場合、『フォトプラン』というプランを選択します。

『フォトプラン』では、『Lightroom Classic』『Lightroom CC』『Photoshop』の3つのアプリと、20GBのクラウドストレージを利用することができて、月額980円になります。

また、クラウドストレージを1TBの大容量にしたい場合、月額1,980円になります。

『Lightroom CC』は、1TBのクラウドストレージが付いて月額980円です。

 

『Lightroom Classic』と『Lightroom CC』の使い方

『Lightroom Classic』の画面構成を下に示します。

Lightroom Classic

Lightroom Classic

画像の編集は、画像の右側にあるウィンドウ上でコントロールすることができます。

色調のヒストグラムなど、様々な情報が表示されており、いかにもプロ向けの仕様だということが分かりますね。

インターフェースは洗練されているものの、機能は非常に多く、切り替えて利用する必要があるため、操作を覚えるのは非常に大変でしょう。

 

『Lightroom CC』の画面構成を下に示します。

Lightroom CC

Lightroom CC

『Lightroom Classic』に比べると、画像の右側にあるウィンドウが、かなりシンプルになっていますね。

操作がシンプルで直感的になっているので、非常に覚えやすくなっています。

マニュアルをそれほど読まなくても、直感で何ができるか、すぐに理解することができるでしょう。

 

はなこ
それほど画像の編集をしたいわけでもないし、『Lightroom CC』で十分な気がするわね。
値段も安いし、最初はそれで十分なんじゃないかな。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Lightroom Classic』は画像をパソコンのストレージ上に保管し、『Lightroom CC』は画像をクラウド上に保管する。
  • 『Lightroom Classic』はプロ仕様の機能が多く、操作が複雑だが、『Lightroom CC』は機能が絞られ、シンプルな操作体系である。
  • 『Lightroom Classic』は単体で購入することができないが、『Lightroom CC』は単体での購入が可能である。

『Lightroom Classic』『Lightroom CC』のどちらも、たくさんの写真を編集・管理するには非常に便利なアプリケーションです。

写真の整理に困っているのなら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.