違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

古民家のベッド

その他の違い

ベッドのダブルとセミダブルの違いをわかりやすく解説!選び方も紹介

洋間が増えたことで、ベッドを利用している人も多いのではないでしょうか。

ベッドにもいろいろなサイズがありますね。

あなたは、ベッドの『ダブル』と『セミダブル』の違いが分かりますか?

 

はなこ
ベッドを新しく買い換えようと思っているの。

今のベッドは小さいから、今度は大きめのにしようと思ってるんだけど、『ダブル』と『セミダブル』ではどっちのほうがいいのかな?

『ダブル』と『セミダブル』の違いがわからないから、僕にも答えられないよ。
たろう
はなこ
じゃあ、『ダブル』と『セミダブル』の違いについて、調べてみましょうか。

 

今回は、ベッドの『ダブル』と『セミダブル』の違いをわかりやすく解説し、選び方についても紹介します。

スポンサーリンク

【ベッド】『ダブル』と『セミダブル』の違い

ベッドには、サイズに応じて様々なタイプがあります。

まずは、これらのタイプを見てみましょう。

『セミシングル』

約80~90cm x 195cmの大きさのベッドです。

一人暮らしの家に最適なサイズであり、省スペースなので部屋の中をあまり圧迫しません。

しかし、体の大きな人には小さすぎるので、注意が必要です。

サイズが小さいことを利用して、2つ並べて使うこともよくありますね。

 

『シングル』

約100cm x 195cmの大きさのベッドです。

6畳の部屋には、ちょうどいい大きさのサイズであると言えるでしょう。

『セミシングル』に比べて横に広いので、体の大きな人も安心ですね。

2つ並べて使うこともありますが、部屋が8畳以上ないと狭く感じるでしょう。

 

『セミダブル』

約120cm x 195cmの大きさのベッドです。

『シングル』よりさらに幅が大きくなり、一人で寝るには非常にゆったりとできますね。

しかし、これくらいのサイズになると、6畳の部屋では、かなり圧迫感を感じるようになるでしょう。

また、『セミダブル』という名前にはなっていますが、二人で寝るには狭すぎて、ちょっと無理があります。

 

『ダブル』

約140cm x 195cmの大きさのベッドです。

『ダブル』という名前から、二人用のベッドであることは分かりますね。

しかし、実際に二人が寝ると、かなり窮屈に感じるでしょう。

よほど身体が小さい人でない限り、『ダブル』を二人で使うのは、おすすめできません。

体の大きな人が、一人でゆったりと寝たい場合に、『ダブル』はおすすめです。

 

『クィーン』

約160cm x 195cmの大きさのベッドです。

二人がゆったりと寝たい場合には、このサイズがいいですね。

夫婦や親子で利用することができます。

しかし、6畳の部屋に設置すると、ほとんどベッドだけで部屋が占領されてしまいます。

ですから、できるだけ広い部屋に設置するほうがいいでしょう。

 

『キング』

約180cm x 195cmの大きさのベッドです。

『キング』サイズのベッドはほとんどなく、たいていは連結するタイプのベッドばかりです。

日本で、このサイズのベッドを使うことは、ほとんどありませんね。

 

『ダブル』と『セミダブル』の違い

以上の内容から、『ダブル』と『セミダブル』の違いは明らかですね。

『ダブル』と『セミダブル』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『ダブル』と『セミダブル』の違い

  • 『ダブル』は約140cm x 195cmの大きさで、『セミダブル』は約120cm x 195cmの大きさ。
  • 『ダブル』は、ぎりぎり二人用ベッドの許容範囲だが、『セミダブル』は一人用ベッド。

 

『ダブル』と『セミダブル』では、幅に20cmの違いがあります。

『ダブル』の方が『セミダブル』よりも大きく、二人用ベッドの許容範囲に入ります。

しかし、『セミダブル』は二人で使うには無理があり、基本的には一人用ですね。

 

はなこ
こうしてみると、ベッドのサイズにはいろんな種類があるのね。
『ダブル』と『セミダブル』は、ちょうど中間のサイズになるのかな。
たろう

 

ベッドサイズの選び方

ベッドに寝転ぶ女性

ベッドに寝転ぶ女性

ベッドのサイズは、どのように選べばいいでしょうか?

ベッドのサイズを決めるには、

  1. 部屋の大きさ
  2. 寝る人数と体の大きさ

の2つを考慮する必要があります。

部屋が6畳の場合、『セミダブル』くらいが限界と考えましょう。

もちろん、設置しようと思えば『キング』サイズだって可能ですが、他に家具などを置く余裕は無くなります。

完全に寝るためだけに部屋を一室使うのであれば問題ありませんが、6畳一間しかない場合、『セミダブル』くらいまでにしておきましょう。

 

二人が寝るためにベッドを購入する場合、『ダブル』はかなり窮屈になります。

部屋が広いのなら、もっと大きな『クィーン』をおすすめします。

部屋が狭く、『クィーン』では場所をとりすぎるのなら、『ダブル』という選択肢もあるでしょう。

しかし、寝るスペースが窮屈であることは我慢しなければなりません。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ダブル』は約140cm x 195cmの大きさで、『セミダブル』は約120cm x 195cmの大きさ。
  • 『ダブル』は、ぎりぎり二人用ベッドの許容範囲だが、『セミダブル』は一人用ベッド。
  • 部屋が6畳の場合、『セミダブル』くらいが限界。
  • 二人が寝るためにベッドを購入する場合、『ダブル』は、かなり窮屈。

ベッドのサイズは、部屋の間取りを決めてから選ぶようにしましょう。

購入してから、部屋がまとまらなくて慌てることになりますよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.