違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

殺菌/消毒/除菌の違いをわかりやすく解説!意味と使い分け方を紹介

細菌やウイルスって、なるべく生活の場から無くしておきたいものの1つですよね。

ものによっては病気の原因になったりしますから。

普段から、除菌効果のある洗剤やハンドソープを使っている人もいるでしょう。

 

ところで、

  • 殺菌
  • 消毒
  • 除菌

って、どれも同じような感じがしますよね。

でも、言葉が違うからには、何かしら違いがあるはずです。

一体何が違うのでしょうか?

 

ということでこの記事では

  • 『消毒』『殺菌』『除菌』の意味
  • 消毒、殺菌、除菌はどう違うのか
  • 『消毒』『殺菌』『除菌』という言葉をどう使い分けるのか

ということについて、お話しします。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

『殺菌』『消毒』『除菌』それぞれの意味をチェック!

『殺菌』と『消毒』と『除菌』の意味とは?

まず、

  • 殺菌
  • 消毒
  • 除菌

この言葉の意味を、チェックしておきましょう。

 

『殺菌』とは

『殺菌』とは、文字通り『菌を昇天させること』です。

 

というと、無菌になるようなイメージがあるかも知れませんね。

でも、『殺菌』という言葉には、『どんな菌をどのくらい昇天させるか』ということは、定義されていません。

『生きた菌の数が減る』

という事であれば、『殺菌』と言えるのです。

 

ですから、

  • 特定の種類の菌をすべて昇天させるわけではない
  • すべての種類の菌を昇天させるわけではない

という場合にも、『殺菌』という言葉を使うことができます。

 

なお、『殺菌』という言葉が使えるのは、厚生労働省に『医薬部外品』として認められた製品だけです。

たとえ同じ成分を使っていても、

  • 医薬部外品なら『殺菌』と言ってOK
  • 医薬部外品でないものは、『殺菌』と言ってはいけない

ということが、法律で決められています。

『消毒』とは

『消毒』とは、

  • 広い意味では、『人体に害のある物質を取り除いたり、無力化させたりすること』
  • 一般的には、『感染症を防げるレベルまで、病原菌を昇天させたり病原性を減らしたりすること』

という意味です。

 

広い意味での『消毒』という言葉は、人体に害がある化学物質を中和する時などにも、使われます。

ですから、細菌やウイルスに対してだけ使われるものではありません。

 

また、一般的に『消毒』と言う時も、

  • 病原菌を昇天させる・有害な物質を取り除く
  • 細菌の病気を引き起こす能力を減らす

両方の意味で使われます。

『消毒』は、『人体に害のある物質を無害化する』ということなので、必ずしも菌を昇天させるだけに限らないのです。

『除菌』とは

『除菌』とは、『細菌を取り除いて、細菌の数を減らすこと』です。

ですから『除菌』も、必ずしも細菌を昇天させるわけではありません。

 

また『除菌』という言葉の場合は

  • 『このくらい除菌できなければ、除菌と書いてはいけない』という決まりはない
  • 洗剤・石けん公正取引協会での定義では、酵母やカビなどの真菌類は『除菌』の対象に入っていない
  • 除菌シートも、『手の表面に付いた細菌を減らす』というくらい
  • ウェットティッシュでは、『除菌効果の無い物を使った場合に比べて、それで拭いた硬い表面から、生きた細菌の数をある程度減らすこと』

というように、

実際どのくらい細菌を取り除けるかが、あいまいな言葉なのです。

 

『除菌』という表現は、食器用洗剤やウェットティッシュなどで、よく使われますよね。

このような製品は医薬部外品ではないので、『殺菌』『消毒』ではなく『除菌』という言葉を使います。

 

ちなみに、除菌グッズを使うだけが『除菌』ではありません。

水やせっけんを使っての手洗いも、『除菌』に入るんですよ。

似たような言葉の『滅菌』『抗菌』とは?

『殺菌』『消毒』『除菌』と似たような言葉に、『滅菌』や『抗菌』もありますよね。

この2つの言葉についても、簡単に紹介しましょう。

 

『滅菌』とは

『滅菌』とは、病原菌も無害な菌も、有益な菌やウイルスもひっくるめて、すべての微生物を殺してしまうことです。

菌を取り除く精度が一番高いもので、微生物の生存率は、100万分の1以下。

かなりの確実さがありますね。

 

ただし、人の手や体を『滅菌』しようとすると、人の細胞もダメにしてしまうことになります。

ですから、『滅菌スプレー』などというものは、販売されていません。

というか、逆にあったら大変ですよね。

 

『抗菌』とは

『抗菌』とは、元々は『微生物を制御する』という、広い概念でした。

この『制御する』という中には、『殺菌』や『菌の増殖を防ぐ』ことも含みます。

 

でも、一般的に使われている『抗菌』は、『その製品の表面で細菌が増えることを抑える』という意味です。

 

これはあくまでも『その製品の表面では細菌が増えにくい』ということであって、

  • その製品に触れると菌が昇天する
  • その製品の表面では、菌がまったく増えない
  • その製品には菌が付かない

ということではありません。

 

また、『抗菌』は、あくまでも『細菌』が対象です。

ですから、カビやぬめり、黒ずみなどを防ぐ効果もありません。

 

『殺菌』『消毒』『除菌』の違いと使い分け方は?

これは『殺菌』?『消毒』?それとも『除菌』?

『殺菌』『消毒』『除菌』の違いを表でチェック

では、ここからは『殺菌』『消毒』『除菌』の違いについてお話します。

まず、表でざっとチェックしてみましょう。

 

殺菌 消毒 除菌
言葉の意味 菌を昇天させる事 人体に有害な物質を取り除いたり、無害化したりすること。 菌を取り除いて、細菌の数を減らすこと
定義について補足 『どの菌をどの程度昇天させるか』は定義されていない 菌を昇天させることも含まれるが、必ずしも昇天させるばかりではない 『どのくらい除菌できなければならない』という規定はない
菌以外も含むかどうか (あいまい) 含む 含まない
菌を昇天させるかどうか 昇天させる ある程度昇天させる 昇天させることも含まれるが、必ずしも昇天させるとは限らない
菌がなくなる確実さ 1位(『滅菌』の次に高い) 2位(無害化を含む) 3位
製品の表示について 厚生労働省に医薬部外品として認められたもの 厚生労働省に医薬部外品として認められたもの 特に決まりはない

 

日常生活の中で、『殺菌』『消毒』『除菌』の違いを意識することって、あまりないかもしれませんね。

でも、この3つの言葉には、このような違いがあるのです。

 

なお、この表の『菌がなくなる確実さ』は、この3つの中の順位です。

他のものも含めた順位は、後で紹介しましょう。

『殺菌』『消毒』『除菌』の違いを詳しく

ではここから、さらに詳しく違いを見ていきます。

 

言葉の意味や定義の違い

まず、この記事の最初で紹介した、言葉の意味や定義などの違いを、今度は並べて比べてみましょう。

 

殺菌

⇒菌を昇天させること

消毒

⇒人体に有害な物質を取り除いたり、無害化したりすること

除菌

⇒菌を取り除いて、細菌の数を減らすこと

 

『殺菌』は、読んで字のごとくですね。

ただし、『どの細菌をどのくらい昇天させれば殺菌と言える』ということは、定義されていません。

 

『消毒』は、

  • 細菌以外の、化学物質などの無害化も含む
  • 細菌を昇天させるだけでなく、無害化することも含む

という点が、『殺菌』とは違います。

なお、『殺菌』は『消毒』の手段の1つです。

 

そして『除菌』は、これも文字通り『取り除くこと』。

ですから

  • 菌を昇天させて取り除く
  • 菌を(シートにくっつけるなどして)どかして取り除く

という方法があります。

 

この3つの言葉、重なっているところもありますよね。

それを図にすると、だいたいこんな感じになります。

殺菌・消毒・除菌の関係

殺菌・消毒・除菌の関係

このように、

  • 『殺菌』は『消毒』や『除菌』の手段の1つ
  • 『除菌』は『消毒』の手段の1つ
  • でも、この3つは完全に同じわけではない

ということなのです。

 

菌以外のものも含むかどうかの違い

殺菌、消毒、除菌が、細菌以外のものも対象にするかどうかは、方法や使う成分などにもよります。

 

ただ、言葉の定義から考えた場合は、

消毒

⇒『有害な物質を取り除く・無害化する』なので、化学物質や細菌以外の微生物も含む

除菌

⇒細菌以外の微生物は含まない

ということです。

『殺菌』については、菌以外も含むかどうかについて、はっきりしていません。

 

菌を昇天させるかどうかの違い

『細菌を昇天させるかどうか』という所で比べてみると、

殺菌は、文字通り細菌を昇天させます。

 

でも、消毒と除菌については、

  • 消毒は、無害化や(昇天させずに)取り除くことも含む
  • 除菌は、昇天させずに取り除くことも含む

ということです。

 

「昇天させないままで、本当に害がなくなるの?」

「取り除くだけで、大丈夫なの?」

と思う人もいるかもしれませんね。

 

でも、『無毒化』、つまり人間に害をなさない状態になれば、安全です。

『細菌』には、人間に害をなさないものも、たくさんいますよね。

そういう細菌と同じような状態になるのだと考えると、わかりやすいでしょう。

 

そして『取り除いた場合』。

たとえば除菌シートにくっつけて取り除いた場合は、当然そのシートには細菌が付いていることになります。

ですから、除菌シートはすぐにきちんと捨てるようにしましょう。

 

『菌をなくす』程度の違い

『殺菌』も『消毒』も『除菌』も、どれもきれいに菌をなくしそうな感じがしますよね。

 

でも、菌がなくなる程度にも違いがあって、この3つでは

  1. 殺菌
  2. 消毒
  3. 除菌

の順に、菌が無くなる確実さが高いです。

 

さらに、『殺菌』よりも確実に菌が居なくなるのが『滅菌』。

これはほぼ完全に細菌や微生物がいなくなります。

 

「あれ?『殺菌』はどのくらい昇天させるか決められてないんじゃないの?」

と思ったあなた、鋭いです!

 

確かに『殺菌』は、菌を昇天させる割合などが定義されていません。

でも、『殺菌』と謳えるのは、効果が認められてた『医薬部外品』の製品。

ですから、『除菌』よりも効果は確実なのです。

 

2位の『消毒』も、医薬部外品でなければ使えない表現です。

ただ、こちらは菌を昇天させるのは消毒の方法の1つで、『無害化』することもあります。

そういう意味で、菌が居なくなる確実さという点では、2位となるのです。

 

そして『除菌』は、医薬部外品として認められていない製品で使う表現。

『どのくらい除菌できなければ除菌と言ってはいけない』という規定もありません。

ですから、ここでは3位となります。

 

ちなみに『抗菌』は、『その製品の表面で細菌が増えるのを防ぐ』だけです。

この記事で紹介した言葉の中では、菌をなくす程度は最下位と考えて良いでしょう。

 

それぞれの言葉を使える範囲の違い

先ほども出て来ましたが、

  • 『殺菌』『消毒』は、医薬部外品でないと使えない表現
  • 『除菌』は医薬部外品でなくても使える表現

です。

 

『医薬部外品』というのは、『効果効能のある成分が、一定の割合で含まれている』と国によって認められた製品のこと。

医薬部外品に認められるには、製品の有効性や安全性はもちろん、

  • 企業の責任体制
  • 製品の生産方法
  • 製品の管理体制

などについても、審査を受けます。

ですから、細菌などに対応する効果も、保証されているのです。

 

一方、医薬部外品以外の製品は、そういった審査を受けていないわけです。

なので、細菌に対して効果があるとしても『殺菌』『消毒』という表現は使えません。

 

『除菌』という言葉は、

  • 食器用洗剤
  • お手拭きシート
  • カーテンや服、カーペットなど用のスプレー

などで使われたりしますよね。

こういった製品では、菌に対抗する成分を入れているものの、医薬部外品ではないので、『除菌』という言葉を使っているのです。

 

『殺菌』『消毒』『除菌』の使い分け方

ここからは、『殺菌』『消毒』『除菌』という言葉をどう使い分けるか、見ていきましょう。

 

ただし、一般の人が日常生活で言う分には、多少使い分けを間違ったからといって困ったことになるようなケースは、まずありません。

『こういう感じなんだな』ということで、気楽に読んでくださいね。

 

『殺菌』という言葉を使う場面

『殺菌』という言葉は、おおむね

  • 中毒や病気などを予防する効果を期待して菌を昇天させる処理をする
  • 食べ物などで菌が繁殖しないように、菌を昇天させる処理をする

というような時に使われます。

 

たとえば

  • まな板やふきん、スポンジ、哺乳瓶などの殺菌をする
  • ジャムを作る時に、瓶を殺菌する
  • 牛乳を高温殺菌する

というようにです

 

ふきんやジャムの瓶などは、『煮沸消毒』したりもしますよね。

また、アルコールを使うことも『殺菌』と言ったり『消毒』と言ったりもします。

これはどちらも間違いではありません。

先にもお話したように、『殺菌』は『消毒』の方法の1つでもあるからです。

 

そう考えると、『殺菌』と『消毒』の使い分けは、けっこうあいまいな部分もあると言えますが、『細菌を無害化するだけ』の場合は、確実に『消毒』になります。

 

『消毒』という言葉を使う場面

『消毒』は『人や動物の体に対する害を取り除く』という意味である。

このことを頭に置いておくと、『殺菌』と『消毒』の使い分けがしやすくなります。

 

『消毒』という言葉を使うのは、先ほどの煮沸消毒などに加え、

  • 傷口を消毒する
  • 人や家畜の伝染病などがあった場所を消毒する
  • 接触感染を防ぐために、手すりを消毒する

などという時に使います。

 

たとえば、『家畜小屋を殺菌する』とは言わないですよね。

家畜小屋全部を丸々『殺菌』処理するのは無理です。

こういう時には『消毒』を使います。

 

『除菌』という言葉を使う場面

医薬部外品の製品を使う時には、『除菌をする』と言います。

 

たとえば、

  • この洗剤は除菌効果もある
  • 除菌シートでテーブルを拭いておく
  • アルコールの除菌スプレーを使う

というようにです。

 

『殺菌シート』『消毒シート』などとは言いませんよね。

洗剤や、お手拭きシートなどは『雑貨』に入るので、『殺菌』や『消毒』という表現は使えません。

だから『除菌』という言葉を使うのです。

『除菌』は、殺菌や消毒よりも、菌をなくす確かさが低いです。

菌をなくす精度も決められていませんから、効果も曖昧な部分があります。

でも、いろいろな製品で使える表現なので、日常ではよく見聞きしますよね。

 

ちなみに、日常の場面では

『アルコールの殺菌スプレーで除菌をする』

というような言い方も耳にするかも知れません。

これは、『殺菌』も『除菌』の方法の1つなので、まったく間違いとは言い切れないでしょう。

 

ただし、

『アルコールの除菌スプレーで殺菌(消毒)する』という表現は、厳密に言うと間違いです。

『除菌』の方が『殺菌』や『消毒』より効果が不確実なので、除菌スプレーでは『殺菌』『消毒』と言えるほどの効果がある可能性が低いからです。

スポンサーリンク

まとめ

『殺菌』『消毒』『除菌』の違いは

殺菌

⇒『菌を昇天させること』

消毒

⇒『細菌以外も含め、人体に害のある物質を取り除いたり、無害化すること』で、『殺菌』や『除菌』も消毒の方法の1つ。

除菌

⇒『細菌を取り除いて数を減らすこと』で、医薬部外品以外の雑貨などに使われる

ということです。

 

殺菌も消毒も除菌も、食中毒や感染症などを防ぐには、大切ですよね。

日常の中で、適切に行っていきたいものです。

 

特に『手洗い』は、一番手軽にできる除菌方法。

2020年1月に出て来た新型コロナウイルスへの対策としても、推奨されています。

感染症予防の基本ですから、ぜひ積極的に、ていねいに手を洗ってくださいね!

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.