違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アイススケート

スポーツの違い

フィギュアスケートのアイスダンスとペアの違いをわかりやすく解説

冬季オリンピックの花形競技と言えば、『フィギュアスケート』を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

『ショートプログラム』や『フリー』など、個人の競技も見ていて楽しいですが、『アイスダンス』や『ペア』といった二人で行う競技も面白いですね。

ところで、あなたは『アイスダンス』と『ペア』の違いについて知っていますか?

 

はなこ
この間、『フィギュアスケート』の大会を見に行ったの。

『アイスダンス』とか『ペア』って、実際に見たのは初めてだけど、すごかったわ。

『アイスダンス』と『ペア』っていう競技があるのか。

僕は『フィギュアスケート』には詳しくないから、どんな競技なのか教えてよ。

たろう
はなこ
それが、私も『アイスダンス』や『ペア』がどんなものなのかよく知らないの。

ちょっと、違いについて調べてみましょうか。

 

今回は、『フィギュアスケート』の『アイスダンス』と『ペア』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

【フィギュアスケート】『アイスダンス』と『ペア』の概要

アイススケート

アイススケート

まずは、『アイスダンス』と『ペア』の概要について見てみましょう。

 

『アイスダンス』とは?

『フィギュアスケート』の世界選手権に登場したのは1952年。

『氷上の社交ダンス』

と呼ばれ、男女一組のペアが音楽に合わせて『ステップワーク』や『リフト』などを行い、点数を競います。

 

『ステップワーク』とは、いわゆるステップを踏んだりターンしたりといった動作のことです。

もちろん、ステップやターンが複雑で難易度が高いほど、点数は高くなります。

 

『リフト』は、主に男性が女性を持ち上げる動作のことです。

男性は女性を持ち上げるだけの腕力が必要となり、氷上でバランスをとる必要もあるので、非常に難易度の高い技ですね。

主に、2分50秒という時間で演技する『ショートダンス』と、4分という時間で演技する『フリーダンス』の2種類を行い、その合計得点で勝敗が決まります。

 

『ペア』とは?

『フィギュアスケート』の世界選手権に登場したのは1908年と、『アイスダンス』よりも長い歴史を持ちます。

『ペア』も男女一組で行い、『スロージャンプ』や『リフト』などにより点数を競います。

『スロージャンプ』は、その名の通り、回転しながらジャンプする技で、『シングル』でも登場しますね。

中には、失敗すると非常に危険な技もあり、『フィギュアスケート』の中でも、

最もアクロバティックでダイナミックな競技

と言われています。

主に、2分40秒という時間で演技する『ショートプログラム』と、4分という時間で演技する『フリー』の2種類が行われます。

 

はなこ
どちらも、男女一組のペアで行う点は同じね。
競技内容を見ても、いまいち違いがわからないね。
たろう

 

『アイスダンス』と『ペア』の違い

『アイスダンス』と『ペア』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『アイスダンス』と『ペア』の違い

  • 『ペア』には登場する『スロージャンプ』が『アイスダンス』にはない。
  • 『アイスダンス』では、『リフト』で高く持ち上げることはしない。
  • 『ペア』では、『リフト』した相手を投げる動作がある。
  • 『アイスダンス』では、『ツイズル』という技がある。
  • 『アイスダンス』ではボーカル曲が使えるが、『ペア』では使えなかった(しかし現在は使える)。

 

『スロージャンプ』の有無

『ペア』では、二人がシンクロして『スロージャンプ』を行ったり、片方を『リフト』してから投げてジャンプを行うといった技があります。

しかし、

『アイスダンス』の場合、『スロージャンプ』をすることは禁止されています。

ですから、

『スロージャンプ』が見られれば、その競技は『ペア』である

ということになりますね。

 

『リフト』の違い

『アイスダンス』も『ペア』も、『リフト』という技がありますが、両者には若干の違いがあります。

まず、

『アイスダンス』の場合は、自分の肩より高い位置に相手を『リフト』することは禁止されています。

女性を頭上高く持ち上げる技は『ペア』でしか見ることはできません。

また、

『ペア』の場合は、『リフト』する相手を投げるという大技があります。

例えば、男性が女性を頭上に投げてキャッチする『ツイストリフト』や、進行方向に投げて『スロージャンプ』を決める技などがあります。

これも『アイスダンス』にはありません。

『ペア』では、『リフト』を行う場合の負荷が『アイスダンス』よりも高いので、男性にはかなりの力が要求されますね。

 

『ツイズル』の有無

『ツイズル』とは、素早く回転しながら滑っていく技のことで、『シングル』でもよく見られます。

これを二人がシンクロしながら行うという見せ場があり、非常に難易度が高いため、会場が沸くのもこの技のときが多いです。

『ツイズル』は、『アイスダンス』で見ることのできる技です。

 

曲の違い

『アイスダンス』も『ペア』も、曲に合わせて演技する点では同じです。

『アイスダンス』では、1990年代後半からボーカル曲が使えましたが、『ペア』では使えませんでした。

しかし、2014年のソチ五輪の後、『ペア』でもボーカル曲が使えるようになりました。

ですから、今では曲で『アイスダンス』と『ペア』を見分けることはできなくなりました。

 

はなこ
『アイスダンス』は踊りだから派手な技はなく、『ペア』の方が大技が多いといった感じかしら。
そうだね。

でも、ボーカル曲が使えなかったというのも不思議な話だね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ペア』には登場する『スロージャンプ』が『アイスダンス』にはない。
  • 『アイスダンス』では、『リフト』で高く持ち上げることはしない。
  • 『ペア』では、『リフト』した相手を投げる動作がある。
  • 『アイスダンス』では、『ツイズル』という技がある。
  • 『アイスダンス』ではボーカル曲が使えるが、『ペア』では使えなかった(しかし現在は使える)。

『アイスダンス』と『ペア』の違いがわかると、それぞれの競技の見方もまた変わってきます。

次の冬季オリンピックが楽しみですね。

関連記事

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.