違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ブラウスとワイシャツとカットソー、違いは何?

ファッションの違い

ブラウスとワイシャツとカットソーの違いをわかりやすく解説!

服の種類って、本当にたくさんありますよね。

新しいスタイルの服も出てきたり、時代とともに呼び名が変わったりすることもあって、

「これとあれ、どう違うんだろう?」

って思うことも、多いのではないでしょうか。

 

そんな多様なファッションアイテムの中で、今回取り上げるのは、

  • ブラウス
  • ワイシャツ
  • カットソー

です。

 

どれもオーソドックスなアイテムですね。

でも、『違いは?』と訊かれると、案外よくわからないこともあったりするものです。

 

ということで、ここで

『ブラウス』と『ワイシャツ』と『カットソー』の違いをチェックしておきましょう!

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

『ブラウス』『ワイシャツ』『カットソー』とは?

ブラウスとワイシャツとカットソーについて

まず、

  • ブラウス
  • ワイシャツ
  • カットソー

が、それぞれどんなものなのか、確認しておきましょう。

『ブラウス』ってどんなもの?

『ブラウス』とは、『1枚で着られる薄手のトップス』のことです。

基本的には女性向けの服に使われる名称ですが、男性向けのブラウスもあります。

男性向けのものも、シンプルな物からフリルなどの付いた華やかなものまで、いろいろ出ています。

 

ブラウスのデザインや形はバリエーションが多く、

  • プルオーバー(頭からかぶって着る)
  • 前開きでボタンなどが付いたもの
  • 後ろ開きでボタンなどが付いたもの
  • ノースリーブ
  • 半袖
  • 七分袖
  • 長袖

と、本当に様々。

『この形でないとブラウスではない』というような定義はなく、かなり広い範囲を網羅するアイテムと言えます。

 

また、形としては、全体的にゆったりしたデザインです。

『ブラウス』の語源も『ゆったりした』という意味です。

 

そしてブラウスに使われる素材は、綿やシルクなどの自然素材から、合成繊維まで、これも様々です。

ただ、全体的にワイシャツより柔らかい素材を使っていることが多いです。

『ワイシャツ』ってどんなシャツ?

『ワイシャツ』は、だいたいにおいてスーツの中に着たりするシャツのことで

  • 硬めの芯地を使った台襟(襟の土台となる部分)が付いている
  • 前開き
  • ボタンが付いている
  • 基本的には右前(レディースのワイシャツには、左前のものも多い)

という特徴を持っています。

『ワイシャツ』とは、元々『White Shirt』のこと。

これが『ワイシャツ』となり、今では『Yシャツ』と書くこともあります。

なので、『襟の所がYの字に見えるからワイシャツになった』というわけではありません。

 

ワイシャツは、男性が上着への汚れ移りを防ぐために着た肌着が起源で、その後、部屋着から普段着へ、そして仕事着へと変化してきました。

今でも、仕事の時にはワイシャツを着る人が多いですよね。

 

素材としては、やはりしっかりとした綿の素材が多いですが、混紡のものも出ています。

また、形状記憶や形状安定タイプのワイシャツなど、アイロンがけが要らない便利な物もあります。

 

ちなみに、『カッターシャツ』というのもありますが、これは昔はスポーツ用のシャツでした。

でも現在では、ワイシャツのことを『カッターシャツ』と呼んでいます。

  • 東日本では『ワイシャツ』
  • 西日本では『カッターシャツ』

と呼ぶことが多くなります。

『カットソー』って何?

『カットソー』というのは、一般的には

薄手のニット生地を裁断して縫い、袖を付けたプルオーバーのトップスの総称です。

ただ、実際には、

『ちょっとおしゃれなニットシャツ』というくらいの意味合い

で『カットソー』という呼び名を使うことも多いです。

つまり定義としては、けっこう曖昧な言葉でもあるのです。

ですから、カットソーも、種類やデザイン、形が実に豊富なアイテムです。

 

カットソーは、基本的に『ニット生地』を使います。

『ニット』というと、毛糸で編んだ服を思い浮かべる人も多いでしょう。

でもこれは、『編んで作った生地』のことです。

ですから、必ずしも毛糸ではありませんし、冬向けの服ばかりでもありません。

 

また、実際に売られている『カットソー』は、

  • ニット生地を使ったもの
  • 織物生地を使ったもの

の両方があります。

 

それから、『カットソー』について、もう1つ押さえておきたいのは、

『カットソーは服の製法の名前でもある』

ということ。

ニット生地を切って縫ったものであれば、『カットソー』と言えます。

なので、『カットソーのズボン』や『カットソーのスカート』もあります。

 

そして、カットソーの語源は『cut&sewn(切って縫われた)』という言葉。

語源というか、そのまんまという感じですね。

ちなみに『シャツブラウス』とは?

『シャツブラウス』という、ちょっとややこしい名前のファッションアイテムもあります。

 

これは、

男性向けのワイシャツに似せて作られた、女性向けのブラウス

のことです。

 

ですから、見た目はワイシャツのようなものですが、ワイシャツより女性向けのデザインで、柔らかい素材で作られています。

また、ブラウスは、襟があるものもないものもありますが、シャツブラウスには

  • 襟が付いている
  • カフスもある

というものが多いです。

 

ファッションアイテムって、変化しますものね。

『チュニックワンピース』もそうですが、形の近いアイテムを合わせたようなアイテムが出て来ることも、ファッションでは珍しくないのです。

関連記事
チュニックとワンピースの違いをわかりやすく解説!特徴と見分け方を紹介

今や定番のファッションアイテムとして、すっかり定着した、『チュニック』。 着回しもできますし、ちょっと気になる体形もカバーしてくれる、とても便利なアイテムの1つです。   ところで、『チュニ ...

続きを見る

 

『ブラウス』と『ワイシャツ』と『カットソー』の違いとは?

『ブラウス』と『ワイシャツ』と『カットソー』、どう違う?

『ブラウス』と『ワイシャツ』と『カットソー』の違いを表でチェック!

ここからは、ブラウス、ワイシャツ、カットソーの違いについて見ていきましょう。

まずは、表でざっとチェックします。

 

ブラウス ワイシャツ カットソー
だいたいの定義 主に女性向けの、1枚で着られる薄手のトップス 主に男性向けの、スーツの下に着る中着 ニット生地を切って縫った服
元々は男性向けか女性向けか 女性向け 男性向け 男性向け・女性向け両方
服のタイプ
  • 前開き
  • 後ろ開き
  • プルオーバー
前開き
  • 前開き
  • 後ろ開き
  • プルオーバー
使う生地 織物生地 織物生地 ニット生地
ボタン 付いているものも、付いていないものもある 付いている 付いているものも、付いていないものもある
襟があるものと、ないものがある 硬い芯地の台襟の付いた襟がある 襟があるものと、ないものがある
カフス カフス付きもカフスなしもある カフスがある カフス付きもカフスなしもある
起源 古代ローマ時代に着られていた『チュニカ』がトップスに変化したもの 男性の肌着だが、元をたどると古代ローマの『チュニカ』と考えられる 不明

 

この表では『ブラウスは女性向け、ワイシャツは男性向け』と書きましたが、これは『元々は』ということです。

今は男性向けのブラウス、女性向けのワイシャツもあります。

ブラウス、ワイシャツ、カットソーの違いを詳しく見てみると

では、ブラウス、ワイシャツ、カットソーの違いについて、さらに詳しくお話しします。

 

なお、ここで紹介するのは、あくまでも『基本的な違い』と思っておいてください。

というのも、ファッションアイテムは、日々変化しているので、

  • 男性向けだったアイテムから、女性向けのアイテムが生まれる
  • 生地や素材の種類が変化したり増えたりする
  • 今までの定義に当てはまらないデザインのアイテムが登場する

といったことも、よくあるからです。

 

おおまかな定義の違い

『ブラウス』『ワイシャツ』『カットソー』の定義は、それぞれ

ブラウス

⇒女性向けの、1枚で着られる薄手のトップスのこと

ワイシャツ

⇒男性向けの、スーツの下に着るシャツ

カットソー

⇒ニット生地を切って縫った服のこと

です。

 

ここでもう1つチェックしておきたいのが、

ブラウスとワイシャツは『服の種類の名前』だが、カットソーは『服の作り方』の名前でもある

ということ。

『カットソー』という言葉を『服の作り方』を指す意味で使うなら、

  • ニット生地を切って縫って作ったトップス
  • ニット生地を切って縫って作ったボトム

この両方が『カットソー』と言えます。

 

それを考えると、

  • ブラウスとワイシャツは、トップスである
  • カットソーは、トップスもボトムもある

という違いもあると言えます。

 

『元々が男女どちら向けの服か』の違い

ブラウス、ワイシャツ、カットソーは、元々は

  • ブラウスは女性向け
  • ワイシャツは男性向け
  • カットソーは、女性向けのもの、男性向けのもの、両方ある

という違いがありました。

 

ただ、先にもお話ししましたが、今は『この服は男性向けしかない』ということが、以前より減っています。

ですから、

  • 男性向けのブラウス
  • 女性向けのワイシャツ
  • も、今は当たり前のように売られています。

 

でもやはり、

  • 男性向けのブラウスは優雅な印象に
  • 女性向けのワイシャツは、きりっとした印象に

というデザインのものが多いようです。

 

ファッションアイテムも、以前より性別の壁が低くなって来ていますものね。

それぞれの人が自分らしいファッションを選びやすくなってきているのは、とてもステキなことだと思います。

 

服のタイプの違い

ここで言う『服のタイプ』というのは、

  • 前開きで、前でボタンなどを留めて着る
  • 後ろ開きで、後ろでボタンなどを留める
  • 前開きでも後ろ開きでもなく、頭からかぶって着る(プルオーバー)

というようなタイプ分けのことです。

 

このタイプ分けでブラウス、ワイシャツ、カットソーを比べてみると

ブラウス

⇒前開き、後ろ開き、プルオーバーがある

ワイシャツ

⇒前開き

カットソー

⇒前開き、後ろ開き、プルオーバーがある

 

となります。

ワイシャツだけが、前開き限定なんですね。

 

使う生地の違い

生地については、一概には言えないのですが、オーソドックスなものだと

ブラウス

⇒織物生地

ワイシャツ

⇒織物生地

カットソー

⇒ニット生地

という違いがあります。

 

ただ、服の生地も年々多様化していますよね。

ですから、実際には

  • ニット生地のブラウス
  • 織物生地を使ったカットソー

もあります。

 

ボタンや襟、カフスの違い

これも基本的なスタイルのもので比べると、

ブラウス

⇒ボタンや襟、カフスが付いているものと付いていないものがある

ワイシャツ

⇒ボタンや襟、カフスが付いている

カットソー

⇒ボタンや襟、カフスが付いているものと付いていないものがある

 

つまり、

  • ワイシャツには、必ずボタンや襟やカフスが付いている(付いているものを『ワイシャツ』という)
  • ブラウスとカットソーについては、デザイン次第

ということですね。

 

起源の違い

最後に、起源について見てみましょう。

 

ブラウスもワイシャツも、大元を辿ると古代ローマ時代に着られていた『チュニカ』が起源と考えられます。

 

チュニカは、一般の人のものは膝丈くらい、貴族はそれよりも丈の長い物を着ていました。

それが、丈が短くなってトップスになっていったものがさらに長い時間をかけて変化し、ブラウスやワイシャツになったと言われています。

 

カットソーはどうかというと、こちらははっきりとした起源は分かっていません。

ただ、カットソーの1つであるTシャツについては、

『第一次大戦時代に、ヨーロッパ兵が着ていた肌着をアメリカ兵が真似て作ったのがTシャツの起源』

という説があります。

 

また、これは筆者の推測ですが、『チュニカ』は、いろいろな服に変化していますよね。

ですから、カットソーの中には、チュニカから発展したものもありそうです。

ファッションアイテムは入り混じる

ファッションアイテムは、新しいバリエーションがどんどん出てきます。

ブラウス、ワイシャツ、カットソーに関わるものを検索してみたら

  • 『カットソーのブラウス』
  • 『シャツブラウス』
  • 『織物生地のカットソー』
  • 『ニット生地のブラウス』

など、『ブラウス』『カットソー』といった分類を超えたものも、出回っていることがわかりました。

 

今後も新しいブラウスやカットソーなどのバリエーションが出て来るでしょう。

今までと全く違うアイテムと混ざったようなものも、登場するかもしれませんね。

 

なお、今回調べた、ブラウス、ワイシャツ、カットソーでいろいろ検索して見つけられなかったものは

  • ニットのワイシャツ
  • カットソーのワイシャツ

です。

(『ニットシャツ』というものはありましたが、ワイシャツとは違うものでした。)

ワイシャツは、形や素材、デザインがしっかり決まっているのでしょうね。

 

筆者の推測ですが、『ワイシャツは仕事(きちんとした場面)で着るもの』というところから、素材やデザインが限定されているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

『ブラウス』と『ワイシャツ』と『カットソー』は、それぞれ

ブラウス

⇒主に女性向けの、1枚できられる薄手のトップスで、プルオーバーや前開きなど、いろいろなタイプがある

ワイシャツ

⇒主に男性向けの、スーツの中に着たりするシャツで、前開きボンタン付き、硬い芯地の襟があるもの

カットソー

⇒主にニット生地を使った、プルオーバーのトップス

というものです。

 

ボタンや襟の有無、使う生地などいろいろな違いがありますが、

  • ブラウスとカットソーは、非常に多種多様なデザインがある
  • ワイシャツのデザインは、ある程度固定されている

というところが、ワイシャツと他の2つとの大きな違いと言えるでしょう。

 

ブラウスもワイシャツもカットソーも、とてもおなじみで使いやすいファッションアイテムですよね。

バリエーションも幅広いですし、今後も新しいスタイルのアイテムが出て来るでしょう。

ぜひ楽く選んで、コーディネートに生かしてください!

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.