違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

原生林

その他の違い

森と林の違いをわかりやすく解説!語源と使い分け方をチェック

木が3つで『森』、木が2つで『林』という言葉になります。

どちらも、木がたくさん密集して生えている場所のことを意味しますよね。

では、『森』と『林』の違いは、いったい何なのでしょうか?

 

はなこ
『森』と『林』って、どちらも木がたくさん生えているところよね。

どうやって使い分ければいいのかな?

『森』の方が木が多いから、たくさん生えていれば『森』になるんじゃないかな?
たろう
はなこ
でも、『密林』は木がたくさんあるけど『林』が使われているじゃない。
そう言われると、違いはわからないな。
たろう
はなこ
じゃあ、少し調べてみましょうか。

 

今回は、『森』と『林』の違いについて解説し、語源や使い分け方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『森』と『林』の語源

まずは、『森』と『林』の語源について見てみましょう。

 

『森』の語源

『森』の語源は『盛り』であり、

木がたくさん密集してこんもりと盛り上がった様子

を表しています。

 

神社を囲むようにして作られた『森』を『鎮守の森』と呼びます。

たしかに、そこだけ木で盛り上がっているように見えますよね。

また、『山』を覆う木の様子も、こんもりと盛り上がっていますよね。

そのため昔の人々は、

『山』と『森』を同一視

していました。

『山』には神が宿る

と言い伝えられることから、『森』には神聖な場所という意味も含まれていたのです。

 

『林』の語源

『林』の語源は『生やし』であり、

木を『生やし』た場所のこと

を表しています。

つまり、人手で木を植えて『生やし』た場所のことを『林』と考えられますね。

しかし、『原生林』や『密林』は自然に木が生えた場所を表します。

ですから、一概に人工のものを『林』と呼ぶとは言えない部分もあります。

 

『森』と『林』の違い

『森』と『林』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『森』と『林』の違い

  • 自然にできた木の密集地を『森』、人工的に作られた木の密集地を『林』という。
  • 様々な種類の木がある場所を『森』、同じ種類の木がある場所を『林』という。
  • 広い場所に木が密集していたら『森』、狭い場所に木が密集していたら『林』という。
  • 人の生活圏から離れた場所にあるなら『森』、人の生活圏に近い場所にあるなら『林』という。
  • 熟語に多く使われるのは『林』の方である。

 

農林水産省の定義

農林水産省の定義では、

  • 自然に形成された木の密集地を『森』
  • 人工的に作られた木の密集地を『林』

としています。

『森』は人の手の入らない、古くからあった場所、『林』は人が植林をして作られた新しい場所という解釈もできますね。

しかし、人工的に作られた木の密集地を『○○の森』と呼んだりしますよね。

また、『密林』や『原生林』は自然に形成された場所なので、一般的な使われ方が農林水産省の定義と完全に一致するわけではありません。

 

木の種類

様々な種類の木があれば『森』、同じ種類の木しかなければ『林』と使い分ける場合があります。

確かに、『スギ林』や『ブナの原生林』など、同じ種類の木が生えている場所に『林』という言葉が使われていますね。

しかし、これにも例外があり、『雑木林』は種々雑多な木が生えている場所を意味します。

 

広さの違い

広い場所に木が密集していたら『森』、狭い場所なら『林』

という使い分け方がされる場合があります。

しかし、『密林』のように大規模な木の密集地にも『林』が使われますから、完全ではありませんね。

 

場所の違い

人々が暮らす場所から遠く離れていたら『森』、人々の暮らしに密接に関わっている場所は『林』

という使い分けがされる場合があります。

『森』は神聖な場所を表しているということから、遠く離れていて普段は近寄れない場所を『森』というのも納得ができますね。

 

熟語での使われ方

『森』を使った熟語は、意外と見つかりません。

森羅万象

森厳

木が生えている場所という意味で使われている熟語はありませんね。

 

しかし、『林』を使った熟語はたくさんあります。

密林

雑木林

原生林

植林

熱帯雨林

竹林

林立

酒池肉林

『林』を使った熟語には、木が密集している場所を表す言葉が多いですね。

このことから、

『林』が単に木が密集している場所を表す言葉

ということが分かります。

『森』の場合、それに神聖な場所であるという意味が含まれるため、『森』と組み合わせて木の密集地を表す熟語はありません。

 

はなこ
『森』というと、神聖な場所を表しているのね。
人があまり近寄らない場所が『森』ということになるのかな。
たろう

 

『森』と『林』の使い分け方

森

『森』と『林』は、どのように使い分ければいいでしょうか?

まず、

山の奥深くに木が生えている場所は『森』がいいでしょう。

自然に形成され、人があまり立ち寄らず、広範囲に木が密生しているからです。

 

家の近くにある小規模な木の密集地なら『林』ですね。

生活に密接に関わっていて、人が頻繁に立ち入り、範囲も小規模であるからです。

 

山に生えている木の密集地は『森』と呼んだほうがいいでしょう。

それが『森』本来の意味に近い使われ方になりますね。

しかし、

山の中でも一種類の木しか生えていない場所については『○○林』と呼ぶほうがいいですね。

そういう場所は、たいてい人手によって手入れがされた場所になるからです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 自然にできた木の密集地を『森』、人工的に作られた木の密集地を『林』という。
  • 様々な種類の木がある場所を『森』、同じ種類の木がある場所を『林』という。
  • 広い場所に木が密集していたら『森』、狭い場所に木が密集していたら『林』という。
  • 人の生活圏から離れた場所にあるなら『森』、人の生活圏に近い場所にあるなら『林』という。
  • 熟語に多く使われるのは『林』である。

『森』も『林』も、人をリラックスさせる効果があると言われています。

あなたも、疲れた時は『森』や『林』を散歩してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.