違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

卵

食べ物の違い

卵と玉子の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方をチェック

あなたは、『たまご』をどのように書きますか?

『卵』ですか?

それとも『玉子』ですか?

『卵』と『玉子』には、どんな違いがあるのでしょうか?

 

はなこ
『たまご』っていう漢字、どういう風に書く?
僕は『卵』って書くけど。
たろう
はなこ
『玉子』って書くこともできるじゃない。

あれって、何か違うのかな?

うーん。

僕にはその違いはわからないな。

たろう
はなこ
じゃあ、少し調べてみましょうか。

 

今回は、『卵』と『玉子』の違いについて解説し、正しい使い分け方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『卵』と『玉子』の違い

『卵』と『玉子』には、それぞれ成り立ちがあります。

『卵』という字を見ると、

2つの殻の中に点が入っている

ように見えますよね。

これは元々、

魚やカエルなどに見られる連なった『たまご』を表した象形文字

であり、これから孵化する子を宿した殻という意味があります。

『たまご』は、古くは『殻の子(かひのこ)』と呼ばれ、その字にも『卵』という字が当てられていました。

 

『殻の子』は、平安時代には『かいこ』『かいご』などと読まれていました。

しかし、『蚕』との区別がつかず、紛らわしいことから、室町時代には『玉の子』と呼ばれるようになりました。

これは、鳥のたまごが、丸い形をしていることが由来です。

やがて鳥のたまごのことを『玉子』と呼ぶようになります。

 

『卵』と『玉子』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『卵』と『玉子』の違い

  • 生物学上では『卵』と書き、調理されたものや食材には『玉子』と書く。
  • 魚類など、鳥以外の『たまご』には、調理されていても『玉子』ではなく『卵』と書く。
  • 比喩的に用いる『たまご』に対しては『卵』を用いる。

 

使用する場面での違い

生物学的に『たまご』を表す場合は『卵』という言葉を使います。

医学や生物学など、論文にも『たまご』という言葉は登場しますよね。

そういったものには『玉子』とは書かず、『卵』と書きます。

 

それに対して、

料理に使う『たまご』は『玉子』と書きます。

よく使う鶏の『たまご』を使った料理を説明する本などでは、『玉子』と書くわけですね。

 

たまごの種類による違い

料理に使われる『たまご』は、鶏の『たまご』だけとは限りません。

よく食べられる『数の子』や『いくら』、高価な『キャビア』などは魚の『たまご』ですね。

魚など、鳥以外の『たまご』に対しては、料理に使う食材であったとしても、『玉子』ではなく『卵』を使います。

『玉子』という言葉を使うのは、鳥の『たまご』に限られる

ということになります。

 

比喩での使い方

よく、『医者のたまご』という言葉を使いますよね。

これは、医者としてはまだ未熟で、これから孵化をするように一人前になっていくという意味があります。

これから孵化をするわけですから、調理に使う『たまご』ではありませんね。

こういった、比喩に使う場合は『卵』という言葉が使われます。

 

はなこ
なんとなく分かったわ。

料理に使う鳥の『たまご』は『玉子』、それ以外は全て『卵』でいいのね。

料理以外では、鳥の『たまご』であっても『卵』と書くのが正しいんだね。
たろう

 

『卵』と『玉子』の使い分け方

卵かけご飯

卵かけご飯

『卵』と『玉子』の違いが分かれば、その使い分け方は簡単ですね。

 

『玉子』という言葉を使うのは、調理に使う鳥の『たまご』や、その料理に対してのみに限られます。

料理に使う『たまご』でも、魚の『たまご』に対しては『卵』という言葉を使いましょう。

 

使う機会はほとんどありませんが、理科や生物などの授業で登場する『たまご』は、それが鳥の『たまご』であっても『卵』と呼ぶほうが正しいですね。

 

しかし、例外もあります。

例えば、『たまご焼き』や『ゆでたまご』という言葉、『玉子焼き』『ゆで玉子』が正しい使い方ということになりますが、『卵焼き』『ゆで卵』と書く場合もあります。

また、『たまご』を生で食べることはよくありますよね。

例えば、『たまごかけごはん』というと、ごはんに『生たまご』を掛けた状態を表します。

この場合の『たまご』には、『卵』という文字が使われます。

また、調理した『たまご』をごはんにのせた丼ものに、『たまご丼』があります。

このときは、『卵丼』ではなく『玉子丼』と呼びますね。

つまり、

食材としての『たまご』であっても、生の状態なら『卵』、調理した状態なら『玉子』と呼ぶのが一般的です。

このように、厳密に使い分けがされているわけではないので、注意が必要です。

 

ところで、『卵』を英語では一般的に『egg』と言いますよね。

しかし、魚の卵に対しては『egg』と呼ばず、『berry』という言葉が使われます。

『berry』とは、本来は果実という意味があります。

魚の『卵』が果実のように見えるから『berry』などと呼ばれるわけですね。

海外でも、鳥の『たまご』と魚の『たまご』は区別して使われているということです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 生物学上では『卵』と書き、調理されたものや食材には『玉子』と書く。
  • 魚類など、鳥以外の『たまご』には、調理されていても『玉子』ではなく『卵』と書く。
  • 比喩的に用いる『たまご』に対しては『卵』を用いる。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.