違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ブリ

食べ物の違い

ヒラマサとブリの違いをわかりやすく解説!正しい見分け方をチェック

『ブリ』といえば、おなじみの食材ですよね。

刺身はもちろん、『ブリの照り焼き』や『ブリ大根』など、さまざまな調理法があります。

この『ブリ』に、よく似た魚に『ヒラマサ』という種類がいます。

こちらも刺し身にしたり、煮付けたりといろいろな食べ方がありますね。

あなたは、『ヒラマサ』と『ブリ』の違いが分かりますか?

 

はなこ
この間、『ヒラマサ』っていう魚をもらったの。
へえ、どんな料理にしたの?
たろう
はなこ
刺身にして食べたけど、味は『ブリ』によく似ていたわね。
『ヒラマサ』と『ブリ』は、姿もよく似ているからね。
たろう
はなこ
そうなの?

じゃあ、『ヒラマサ』と『ブリ』って、いったいどこが違うのかな?

 

今回は、『ヒラマサ』と『ブリ』の違いについて解説し、その正しい見分け方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『ヒラマサ』と『ブリ』の違い

まずは、『ヒラマサ』と『ブリ』それぞれについて詳しく見てみましょう。

 

『ヒラマサ』とは?

スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種

です。

ヒラマサ

ヒラマサ

大きくなると1m前後になり、

アジ科の中では最大種

になります。

背は青緑色で腹は銀白色、体の側面に黄色い帯があるのが特徴です。

日本では、北海道南部より南の近海に広く分布しており、旬の時期は夏頃です。

 

『ブリ』とは?

スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種

です。

『ヒラマサ』と同じ科に属していることから、両者は非常に近い種であることが分かりますね。

ブリ

ブリ

出世魚として有名で、関東では

『モジャコ』⇒『ワカシ』⇒『イナダ』⇒『ワラサ』⇒『ブリ』

の順で大きくなります。

全長は1mほど。

背は暗青色、腹は銀白色になり、体の側面に黄色い帯があるのが特徴です。

日本の近海に広く分布しており、旬は冬の時期、『寒ブリ』として有名ですね。

 

こうしてみると、『ヒラマサ』と『ブリ』は非常によく似ていることがわかります。

それでは、両者の違いには何があるのでしょうか?

 

『ヒラマサ』と『ブリ』の違い

『ヒラマサ』と『ブリ』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『ヒラマサ』と『ブリ』の違い

  • 『ヒラマサ』は出世魚ではなく、『ブリ』は出世魚である
  • 『ヒラマサ』は、『ブリ』に比べるとシャープな体型をしている。
  • 『ヒラマサ』と『ブリ』では、胸ビレの位置が少し異なる。
  • 『ヒラマサ』は、口の角が少し丸く、『ブリ』は、口の角が角張っている
  • 『ヒラマサ』は、腹ビレが『ブリ』よりも長い
  • 『ヒラマサ』は、脂が『ブリ』よりも少なく、弾力のある歯ごたえ。

まず、大きな違いは、『ヒラマサ』が出世魚ではなく、『ブリ』が出世魚であるという点です。

『ブリ』は、成長して大きくなるに従って名前が変化しますが、『ヒラマサ』は名前が変化することはありません。

また、味にも違いがあります。

『ヒラマサ』を刺し身で食べると、『ブリ』よりも脂が少なく、弾力のある歯ごたえを感じます。

『ヒラマサ』は、『ブリ』に比べると収穫量は少ないため、高級魚として扱われます。

ですから、寿司屋や料亭などでしか食べることができない魚でもあります。

 

はなこ
違いは分かったけど、どうやって見分ければいいのかしらね。
次に、見分け方について見てみようか。
たろう

 

『ヒラマサ』と『ブリ』の見分け方

『ヒラマサ』と『ブリ』は、どのように見分ければいいでしょうか?

見分けるには、いくつかのポイントがあります。

順番に見てみましょう。

体型の違い

『ヒラマサ』は、『ブリ』に比べるとシャープな体型をしています。

しかし、これだけでパッと見分けられるかというと、素人には難しいかも知れませんね。

 

胸ビレの位置

これが、最も分かりやすい見分け方ですね。

『ヒラマサ』は、胸ビレが体の黄色い線に重なっています。

ヒラマサの胸ビレ

ヒラマサの胸ビレ

それに対して、『ブリ』の場合、胸ビレは黄色い線から離れています。

ブリの胸ビレ

ブリの胸ビレ

これなら、簡単に見分けられますね。

 

口の部分

『ヒラマサ』は、口の角が少し丸くなっています。

ヒラマサの口

ヒラマサの口

それに対して、『ブリ』の口の角は角張っています。

ブリの口

ブリの口

これも、見分けるポイントになりますね。

 

腹ビレの長さ

『ヒラマサ』は、腹ビレが胸ビレよりも長いという特徴があります。

ヒラマサの腹ビレ

ヒラマサの腹ビレ

それに対して、

『ブリ』は腹ビレと胸ビレがほぼ同じ長さです。

ブリの腹ビレ

ブリの腹ビレ

これも、見分けるのに役立ちますね。

 

はなこ
これなら、魚をまるごともらっても、きちんと見分けがつくわね。
でも、切り身にされているとやっぱり見分けはつきにくいんじゃないかな。
たろう

 

刺身にした場合、『ヒラマサ』は血合いが少なく色も淡いピンク色をしています。

それに対して『ブリ』は血合いが大きく、色も濃い赤色なので、割と見分けやすいでしょう。

もっとも、刺身として出されるなら、『ヒラマサ』か『ブリ』か、ちゃんと教えてくれますよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ヒラマサ』は、出世魚ではなく、『ブリ』は出世魚である
  • 『ヒラマサ』は、『ブリ』に比べるとシャープな体型をしている。
  • 『ヒラマサ』と『ブリ』では、胸ビレの位置が少し異なる。
  • 『ヒラマサ』は、口の角が少し丸く、『ブリ』は、口の角が角張っている
  • 『ヒラマサ』は、腹ビレが『ブリ』よりも長い
  • 『ヒラマサ』は、脂が『ブリ』よりも少なく、弾力のある歯ごたえ。

『ヒラマサ』を食べる機会があるのなら、非常にラッキーですよ。

寿司屋などに行った時は、一度聞いてみるといいかも知れませんね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.