違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

虫眼鏡

その他の違い

老眼鏡と拡大鏡(ルーペ)の違いをわかりやすく解説!正しい選び方は?

本や新聞など、小さい字が見えにくくて困る人は、特に年配の人には多いですよね。

そんな時、あなたなら『老眼鏡』を使いますか、それとも『拡大鏡(ルーペ)』を使いますか?

 

はなこ
最近、小さい字が見えづらくて困っているの。
それなら、『老眼鏡』を買ったほうがいいんじゃないの?
たろう
はなこ
失礼ね!

まだ、そんな年じゃないわよ。

『拡大鏡』で十分でしょ?

きちんと目を検査してから購入を考えたほうがいいよ。

『老眼鏡』と『拡大鏡』は違うものだからね。

たろう
はなこ
じゃあ、『老眼鏡』と『拡大鏡』は、いったい何がちがうの?

 

今回は、『老眼鏡』と『拡大鏡』の違いを解説し、正しい選び方について見てみましょう。

スポンサーリンク

『老眼鏡』と『拡大鏡(ルーペ)』の違い

『老眼鏡』と『拡大鏡』の違いを知るためには、まず『老眼鏡』がどんな時に使われるのかを知る必要があります。

 

『老視』とは?

人の目は、加齢とともに水晶体と呼ばれる目の部分の弾性が失われ、ピントを調節する能力が弱まっていきます。

すると、近くのものに焦点を合わせることが遅くなったり、ひどくなると、できなくなっていきます。

そういった状態を『老視』といいます。

『老眼』という言葉のほうが、なじみがあるかも知れませんが、正式には『老視』という言葉が正しいです。

 

『老視』になると、近くにあるものにピントを合わせることが困難になり、離さないと字が読めない状態になります。

年を取った人が、よく手を遠ざけて字を読もうとするときがありますよね。

あれは、手元にある文字が読めないので、自然とそういう行動をとってしまうのです。

 

『老眼鏡』とは?

『老視』によるピントのズレを矯正するために使われる眼鏡

のことです。

凸レンズでできていて、水晶体の調節力が弱い人ほど凸レンズの度数も強くする必要があります。

『拡大鏡(ルーペ)』とは?

物体を拡大して観察するための光学機器

のことです。

『拡大鏡』も、『老眼鏡』と同じく凸レンズでできています。

小さくて裸眼では見えにくいものを詳細に観察することが主な目的になります。

『老眼鏡』と『拡大鏡(ルーペ)』の違い

『老眼鏡』と『拡大鏡』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『老眼鏡』と『拡大鏡』の違い

  • 『老眼鏡』は、『老視』を矯正するために使い、『拡大鏡』は、ものを拡大して見るために使う。
  • 『老眼鏡』は、各個人に合わせてレンズを調節するが、『拡大鏡』は固定の倍率で生産される。

最も大きな違いは、利用する目的です。

『老眼鏡』は、『老視』を矯正するために使います。

小さなものを拡大して見せるのではなく、『老視』の人が、近くのものにピントを合わせるために使うのが『老眼鏡』です。

 

それに対して、

『拡大鏡』は単にものを拡大して見るために使います。

ですから、『老視』の人が『拡大鏡』を使っても、ピントが合っていなければ意味がありません。

 

一般的に、『老眼鏡』は各個人に合わせてピントがきちんと合うようにレンズを調節します。

しかし、

『拡大鏡』は倍率だけが決まっていて、すでに出来上がった製品を購入します。

 

『老眼鏡』と『拡大鏡』の正しい選び方

眼鏡が合わない女性

眼鏡が合わない女性

『老眼鏡』と『拡大鏡』の正しい選び方について見てみましょう。

まず、

近くのものに対してピントが合わなくて困っているのなら、『老眼鏡』を選びましょう。

そのとき、眼科でも眼鏡屋でもいいので、きちんと検査を受けるようにしましょう。

『老視』であることが分かれば、それに合った『老眼鏡』を作ってもらうことができます。

 

それに対して、

細かいものを拡大して見たいという場合は『拡大鏡』を選びましょう。

例えば、細かい作業をするのに、小さすぎてよく分からないときには『拡大鏡』の出番です。

このとき、重要なのが倍率です。

『拡大鏡』は、ものを何倍に大きく見せることができるかという倍率が決まっています。

大きく拡大したい場合は倍率の高いものを、それほど大きく拡大する必要がなければ倍率の低いものを選ぶ必要があります。

適当に決めると、思ったより大きく見えなかったり、逆に大きすぎて見づらいということが起きてしまいます。

 

場合によっては、両方の用途が必要になる場合もあるでしょう。

『老眼鏡』も『拡大鏡』も、凸レンズを使ってできています。

『老眼鏡』の度数を強くすれば、ピントが合う距離は近くなり、手元のものが大きく見えることになります。

必要に応じて、眼鏡屋さんに相談するようにしましょう。

また、『老眼鏡』と『拡大鏡』を併用する方法もあります。

最近は、『老眼鏡』の上から『拡大鏡』を掛けることのできる製品もあるので、スタッフに相談するといいでしょう。

 

眼鏡屋さんには必ず専門のスタッフが常駐しています。

自分で安易に決めてしまわずに、自分の必要としているものをきちんと説明して、よく相談するようにしましょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『老眼鏡』は、『老視』を矯正するために使い、『拡大鏡』は、ものを拡大して見るために使う。
  • 『老眼鏡』は、各個人に合わせてレンズを調節するが、『拡大鏡』は固定の倍率で生産される。
  • 近くのものに対してピントが合わなくて困っているのなら『老眼鏡』、細かいものを拡大して見たいという場合は『拡大鏡』を選ぶ。

『老眼鏡』も『拡大鏡』も、多様なニーズに合わせた、たくさんの製品があります。

自分の希望をスタッフに伝えれば、ピッタリの眼鏡が必ず見つかりますよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.