違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

喫茶店

その他の違い

喫茶店(純喫茶)とカフェの違いをわかりやすく解説!使い分け方を紹介

外出中に、ちょっとコーヒーでも飲んで休憩しようと思った時、立ち寄るのは『喫茶店(純喫茶)』や『カフェ』という人が多いのではないでしょうか。

この『喫茶店』と『カフェ』、あなたは違いが分かりますか?

 

はなこ
近くに新しい『カフェ』ができたの。

すごくオシャレなお店よ。

ふーん。

僕は、そういった店よりも、レトロな雰囲気の『喫茶店』の方が好きだな。

たろう
はなこ
『喫茶店』にだって、今風のオシャレな店はあるでしょ?
そうかな?

そもそも、『喫茶店』と『カフェ』って、違いが何なのか、よくわからないな。

たろう
はなこ
それなら、ちょっと調べてみない?

 

今回は、『喫茶店(純喫茶)』と『カフェ』の違いについて解説し、使い分け方を紹介します。

スポンサーリンク

『喫茶店(純喫茶)』と『カフェ』の違い

『喫茶店』といえば、レトロな感じの古い店を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

それに対して『カフェ』というと、今風のオシャレで明るいイメージを思い浮かべますよね。

『喫茶店』と『カフェ』は、そんな雰囲気だけの違いなのでしょうか?

 

実は、『喫茶店』と『カフェ』では、明確な違いが一つあります。

『喫茶店』も『カフェ』も、ドリンクや料理などをお客さんに提供するお店ですよね。

こういった、食事を提供する店を勝手に開くことはできなくて、必ず保健所に営業許可申請を出さなくてはなりません。

きちんと営業許可を得られた場合だけ、店を開くことができるということですね。

この営業許可には2つの種類があります。

『喫茶店(純喫茶)』を開くためには、『喫茶店営業許可』を取得する必要があります。

それに対して、

『カフェ』を開くためには、『飲食店営業許可』を取得しなければなりません。

つまり、取得する営業許可が違うということですね。

 

取得するのが難しいのは『飲食店営業許可』の方です。

ですから、

『喫茶店』を開くほうが『カフェ』を開くより簡単

ということですね。

しかし、『喫茶店営業許可』の場合、いくつかの制約があります。

『喫茶店営業許可』の制約

酒類の提供はできない。

単純な加熱以外の調理全般ができない。

まず、『喫茶店』でお酒を提供することはできません。

また、許可されている調理は加熱くらいであり、トーストやケーキ、お菓子といったものしか提供できません。

それ以上に調理が必要な料理を提供することはできないわけです。

 

ここで一つ、疑問に思うかも知れません。

『喫茶店』によっては、スパゲッティーやカレーライス、ハンバーグ定食など、いろいろな料理を提供しているという場合もありますよね。

これは、法令に違反しているのでしょうか?

そうとは限りません。(たいていの場合、大丈夫なはずです)

実は、

営業許可の種類が何であれ、『喫茶店』と名乗っても、『カフェ』と名乗っても問題はありません。

ですから、『カフェ』なのに簡単な料理しかない店であれば『喫茶店営業許可』しか取っていないのでしょう。

逆に、『喫茶店』なのにいろいろな料理を提供している店なら、『飲食店営業許可』を取っているわけですね。

つまり、実際に『喫茶店』と『カフェ』のどちらなのかは、店の外観や名前だけでは判別できないことになります。

 

はなこ
『喫茶店』と『カフェ』では、取得している『営業許可』で区別されるのね。
でも、店の名前はどちらを使っても問題ないんだよね。

入ってみないと、『喫茶店』と『カフェ』のどちらなのかは分からないわけか。

たろう

 

『喫茶店(純喫茶)』と『カフェ』の使い分け方

コーヒー

コーヒー

『喫茶店』と『カフェ』という言葉は、どのように使い分ければいいでしょうか?

前にも書いたように、『喫茶店』と『カフェ』のどちらを名乗るかは、お店側の自由です。

なので、お店の名前に『喫茶店』や『カフェ』と付いていれば、その名前に従えば問題ありません。

「どちらなのか確認したいから、営業許可証を見せて下さい。」

なんてことは聞けませんからね。

 

お店の名前に『喫茶店』や『カフェ』の名称が付いていない場合、提供される料理で判断すればいいでしょう。

調理の必要な料理が提供されているなら『カフェ』、提供されていないなら『喫茶店』ですね。

また、お酒がメニューにある場合も『カフェ』になります。

 

単に雰囲気だけで決める方法もあるでしょう。

昔ながらの雰囲気のお店なら『喫茶店』、今風の明るい雰囲気のお店なら『カフェ』ですね。

 

『喫茶』という言葉は、鎌倉時代から使われ、中国から伝わったお茶を飲むことを意味していました。

時代が変わり、お茶だけでなく、コーヒーやジュースなどを飲むことも『喫茶』という文字が使われ、『喫茶店』となったわけです。

非常に古くからの言葉ですから、やはりレトロな雰囲気のお店にこそ『喫茶店』という言葉が似合います。

『カフェ』という言葉はフランス語やイタリア語が由来で、『コーヒー』を表す言葉です。

ヨーロッパでは、コーヒーを提供する店にも『カフェ』という言葉が使われ、それが日本に伝わったわけですね。

ですから、『喫茶店』も『カフェ』も、コーヒーを提供する店という意味では同じわけです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『喫茶店(純喫茶)』を開くためには、『喫茶店営業許可』を取得する必要がある。
  • 『カフェ』を開くためには、『飲食店営業許可』を取得しなければならない。
  • 『喫茶店営業許可』の場合、酒類が提供できず、簡単な調理しか許可されていないという制約がある。
  • 営業許可の種類が何であれ、『喫茶店』と名乗っても、『カフェ』と名乗っても問題はない。

『喫茶店』といえば、モーニング・サービスが豪華な地方もありますね。

あなたには、行きつけの『喫茶店』や『カフェ』はありますか?

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.