違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

LANケーブル

ITの違い

【ネットワークの仕組み】WANとLANの違いをわかりやすく解説!

『LAN』という言葉、一度は聞いたことがありますよね。

それでは、『WAN』という言葉は聞いたことがありますか?

インターネットに接続する時に、もしかしたら見たことがあるかも知れません。

どちらも、ネットワークを表す言葉ですが、あなたは2つの違いが分かりますか?

 

はなこ
『WAN』だとか『LAN』って言葉があるじゃない。

あれって、いったいどんな意味なの?

どちらもネットワーク用語だね。

でも、意味については僕もよく知らないんだ。

たろう
はなこ
じゃあ、それぞれの意味を調べてみましょうか。

 

今回は、『WAN』と『LAN』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

【ネットワークの仕組み】『WAN』と『LAN』の意味

HUB

HUB

まずは、『WAN』と『LAN』の意味について見てみましょう。

 

『WAN』とは?

『Wide Area Network』の略で、地理的に離れた地点間を結ぶ通信ネットワーク

のことです。

例えば、東京にあるパソコンから、大阪にあるサーバへアクセスしたい場合、『WAN』を使っていることになりますね。

現在では、インターネットを使って、世界中にあるコンピューターと通信することができるようになりました。

このネットワーク通信を実現させるには、『WAN』が必要不可欠となります。

 

『LAN』とは?

『Local Area Network』の略で、限られた範囲内にあるコンピューター・通信機器などを結ぶ通信ネットワーク

のことです。

『Local』には、

『局部的な』『部分的な』

という意味があります。

つまり、ある一定の範囲で使用されるネットワークのことを『LAN』というわけです。

 

それぞれの意味を見ると、『WAN』は『LAN』に比べて広範囲に広がるネットワークだと考えられますね。

では、単に距離の違いだけで区別されるのでしょうか?

次に、『WAN』と『LAN』の違いを見てみましょう。

 

『WAN』と『LAN』の違い

『WAN』と『LAN』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『WAN』と『LAN』の違い

  • 『WAN』とは、『LAN』どうしをつないだネットワークを表す。
  • 『LAN』は誰でも自由に構築することができるが、『WAN』を構築することは一般的にはできない
  • 『LAN』内のコンピューターから見ると、『WAN』はルーターの外側にあるネットワークになる。

 

『WAN』と『LAN』の関係

『WAN』を一言で表すと、『LAN』のネットワークです。

『LAN』の中には、たくさんのコンピューターや通信機器があり、お互いにデータをやり取りしています。

しかし、『LAN』を構築しただけでは、その外側にあるインターネットを利用することはできません。

『LAN』は、家の中や、会社の事務所内という限られた範囲でしか通信ができないわけです。

そこで、『WAN』が登場することになります。

『ルーター』という通信機器を使い、『LAN』を『WAN』側に接続します。

すると、『LAN』の中にあるコンピューターや通信機器が、『WAN』につながった他の『LAN』にあるコンピューターや通信機器とやり取りできるようになります。

『LAN』が、コンピューターや通信機器をつなぐのに対し、『WAN』は『LAN』をつなぐと考えれば理解しやすいでしょう。

 

『WAN』と『LAN』の構築方法

『LAN』は、必要な通信機器をそろえれば、誰もが構築することができます。

家庭内なら、パソコンとスマホ、あとはゲーム機をネットワーク接続するくらいでしょう。

それでも、一つの『LAN』が形成されていることになります。

あまり『LAN』を構築している意識はないかも知れませんね。

会社などで構築される『LAN』は、もっと規模が大きくなりますが、ある程度は自由に構築できます。

 

しかし、『WAN』は誰もが構築できるわけではありません。

『WAN』を構築するためには、莫大な費用や時間がかかります。

それを個人で行うことは不可能です。

『WAN』は、通常『ISP(Internet Service Provider)』が持っています。

『ISP』は、電話回線や専用線を使って、『WAN』を構築します。

日本の場合、『NTT東日本』『NTT西日本』や、ケーブルテレビ(CATV)などが運営しています。

『ISP』と契約を結び、専用のルーターを、購入したり借用してケーブルでつなげば、『WAN』への接続は完了です。

 

はなこ
コンピューターや通信機器をつなぐのが『LAN』で、それをさらにつなぐのが『WAN』ってこと?
そうみたいだね。

『WAN』があるから、世界中のコンピューターと通信することができるわけだね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『WAN』とは、『Wide Area Network』の略で、地理的に離れた地点間を結ぶ通信ネットワークである。
  • 『LAN』とは、『Local Area Network』の略で、限られた範囲内にあるコンピューター・通信機器などを結ぶ通信ネットワークである。
  • 『WAN』とは、『LAN』どうしをつないだネットワークを表す。
  • 『LAN』は誰でも自由に構築することができるが、『WAN』を構築することは一般的にはできない
  • 『LAN』内のコンピューターから見ると、『WAN』はルーターの外側にあるネットワークになる。

『WAN』も『LAN』も、インターネットを使うためには非常に重要な仕組みです。

ぜひ、どんなものなのか理解するようにしてくださいね。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.