違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

寿司

食べ物の違い

いくらと筋子(すじこ)の違いをわかりやすく解説!味や見分け方を紹介

あなたは、お寿司の中で何が最も好きですか?

『いくら』と答える人は意外と多いのではないでしょうか。

『いくら』に似た食材に『筋子(すじこ)』があります。

よく、塩漬けや醤油漬けにして食べられますね。

あなたは、『いくら』と『筋子』の違いがわかりますか?

 

はなこ
この間、親戚の人から『筋子』をもらったの。
へえ。

塩漬けや醤油漬けにするとおいしいよ。

たろう
はなこ
あれって、『いくら』とは違うの?
確か、同じじゃないのかな?

でも、『筋子』はかたまりになっているね。

たろう
はなこ
『いくら』と『筋子』の違いをもっと詳しく知りたいわね。

 

今回は、『いくら』と『筋子』の違いについて解説し、味や見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

『いくら』と『筋子(すじこ)』の違い

『いくら』と『筋子』は、どんな食材なのでしょうか?

『いくら』も『筋子』も、鮭や鱒(ます)の卵です。

どちらも魚卵であることは同じなのですね。

 

『いくら』とは?

鮭や鱒の魚卵で、卵巣から成熟卵を取り出したもの

を意味します。

たいていは生のまま、塩や醤油に漬けて食べることが多いですね。

『いくら』は、ロシア語で『小さくてつぶつぶしたもの』『魚卵』を表します。

ロシア人が鮭や鱒の魚卵を『いくら』と呼んでいたことから、日本にもこの呼び名が広まりました。

 

『筋子(すじこ)』とは?

鮭や鱒の魚卵で、卵巣に入ったままの未成熟卵

を意味します。

卵巣に入ったままなので、卵巣膜で覆われてつながった状態になっています。

一般的には塩漬けされているものが多く、その他に醤油漬けのものもあります。

手を加えられていない生の状態の『筋子』は『生筋子』ですが、東北では『腹子』とも呼ばれています。

 

『いくら』と『筋子』の違い

『いくら』と『筋子』の主な違いをまとめると、次の通りです。

『いくら』と『筋子』の違い

  • 『いくら』は卵巣膜から取り出された状態、『筋子』は卵巣膜に入ったままの状態である。
  • 『いくら』は成熟卵であり、『筋子』は未成熟卵である。
  • 『いくら』は醤油漬けが多く、『筋子』は塩漬けが多い。

 

状態の違い

『いくら』は、卵巣膜から取り出された状態です。

そのため、卵がひと粒ずつ分かれています。

それに対して、

『筋子』は卵巣膜に入ったままの状態です。

ですから、それぞれの粒がつながっています。

 

つまり、『筋子』の卵巣膜を破って中の卵を取り出せば、『いくら』になるわけですね。

 

取り出す時期の違い

『いくら』と『筋子』では、取り出す時期が異なります。

『いくら』は、卵が十分に成熟した頃に取り出します。

それに対して、

『筋子』は、卵が成熟する前に取り出してしまいます。

この違いが、食感の違いとして現われます。

 

食べ方の違い

『いくら』は、主に醤油漬けにして食べられます。

それに対して、

『筋子』は、主に塩漬けにして食べられます。

もちろん、『いくら』の塩漬けや『筋子』の醤油漬けもありますが、数は少ないです。

これは、味の違いとして現われますね。

 

はなこ
『いくら』と『筋子』は、どちらも鮭や鱒の卵なのね。
取り出し方の違いだけで名前が変わるわけか。
たろう

 

『いくら』と『筋子』の味

『いくら』と『筋子』は、味が異なるのでしょうか?

実は、『いくら』も『筋子』も、

生のままの状態では味がありません。

『いくら』や『筋子』は、あのプチッとした食感と、中から出てくる旨味が人気の理由ですよね。

あの旨味は、塩や醤油に漬けているから味わえるのです。

ですから、塩に漬ければ塩の風味、醤油に漬ければ醤油の風味になります。

 

つまり、

『いくら』と『筋子』に味の違いはなく、塩漬けか醤油漬けかで味が決まる

ということですね。

 

『いくら』は醤油漬け、『筋子』は塩漬けが比率としては高いです。

ですから、一般に『いくら』は醤油の、『筋子』は塩の風味が味わえます。

 

また、食感には違いがあります。

『いくら』は成熟卵なので、プリプリした食感が楽しめます。

それに対して、

『筋子』は未成熟卵なので、柔らかな食感になりますね。

 

食べ方にも違いがあります。

『いくら』の食べ方としては、一般的に軍艦巻きや散らし寿司の具として使われることが多いですね。

また、ごはんに載せて『いくら丼』として食べることもあります。

大量の『いくら』をごはんに載せて食べるのは、なんとも豪快で贅沢ですよね。

それに対して、『筋子』はなんと言っても、おにぎりの具として食べるのがおいしいですね。

 

『いくら』と『筋子』の見分け方

『いくら』と『筋子』は、簡単に見分けることができます。

いくら

いくら

『いくら』は、魚卵一つ一つがバラバラになっています。

粒が大きいのも『筋子』とは異なる点ですね。

 

筋子

筋子

『筋子』は、魚卵が卵巣膜で覆われているので、塊になって売られています。

未成熟卵なので、『いくら』に比べると若干粒が小さいのも見分けるポイントになります。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『いくら』は、卵巣膜から取り出された状態、『筋子』は、卵巣膜に入ったままの状態である。
  • 『いくら』は、成熟卵であり、『筋子』は、未成熟卵である。
  • 『いくら』は、醤油漬けが多く、『筋子』は、塩漬けが多い。
  • 『いくら』と『筋子』に味の違いはなく、塩漬けか醤油漬けかで味が決まる。
  • 『いくら』は成熟卵なので、プリプリした食感、『筋子』は未成熟卵なので、柔らかな食感

『いくら』も『筋子』も、いろいろな使い方があります。

あなたは、どんな食べ方が一番好きですか?

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.