違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

『おざなり』と『なおざり』の意味の違いと覚え方をわかりやすく解説

『似たような意味の言葉』って、たくさんありますよね。

でも、世の中に似た言葉は多しといえど

『おざなり』と『なおざり』ほど紛らわしい言葉は、あまりないのではないでしょうか。

 

この2つの言葉、

「両方とも、『いい加減』っていう意味でしょう?」

と思っているあなた、正解です。

 

正解なのですが、

実は、どちらも『いい加減』という意味ではあっても、中身はまったく違うのです。

 

ということで今回は、

  • 『おざなり』と『なおざり』の意味
  • 『おざなり』と『なおざり』の違いと覚え方

についてお伝えします。

 

間違って使うとだいぶ違う意味になってしまうので、この機会にぜひ覚えて、正しく使えるようにしてくださいね!

スポンサーリンク

『おざなり』と『なおざり』の意味は?

『お座なり』と『なおざり』の意味は?

まず、

  • おざなり
  • なおざり

この2つの言葉の意味を、確認しておきましょう。

『おざなり』の意味

『おざなり』の意味は、『ものごとを、その場しのぎでいい加減にやること』です。

 

この言葉は、江戸時代の舞妓や芸妓、『幇間(『ほうかん』、いわゆる太鼓持ちのこと)』の間で使われていた、隠語と言われています。

 

舞妓さんや芸妓さんは、お座敷でお客さんを楽しませるのが仕事ですよね。

幇間も、お客さんの機嫌を取ったり場を盛り上げたりする役目があります。

 

でも、このお座敷での仕事も、中にはいい加減にやる人もいました。

表面的に対応したり、お客さんのランクによって、仕事ぶりや仕事の質を変えてしまったりするのです。

そしてこのような仕事ぶりを、『御座なり』と言うようになりました。

 

このことから、『その場しのぎでいい加減にやること』を『おざなり』と言うようになった、という説が有力です。

『なおざり』の意味

『なおざり』とは、『やるべきことをせず、放置する』という意味です。

漢字では『等閑』と書きます。

 

この言葉は、

『なお』⇒『そのまま』という意味の言葉

『ざり』⇒『去り』もしくは『~せざり(しない)』という意味の言葉

という、2つの言葉がくっついたものだという説が有力です。

 

『なお』と『ざり』をくっつけると

  • そのまま去る
  • そのままにして(何かを)しない

という意味になりますね。

現在でも、その意味の言葉となっています。

 

ちなみに、

『なおざりな対応をする』というような使い方は間違いで、『対応をなおざりにする』というのが、正しい使い方です。

 

『おざなり』と『なおざり』の違いと覚え方は?

『おざなり』と『なおざり』の違いって?

ここからは、『お座なり』と『なおざり』の違いと、その覚え方についてお話しします。

『おざなり』と『なおざり』の違い

では、『おざなり』と『なおざり』の違いを比べてみましょう。

 

それぞれの意味は、先ほどお話した通りなので、もう違いは分かったかと思います。

『おざなり』…いい加減にやること

『なおざり』…やることを放置して、やらないこと

でしたね。

 

つまり、

  • 『おざなり』は、いい加減であっても、やってはいる
  • 『なおざり』は、やってすらいないレベルのいい加減さ

という違いがあるのです。

 

『おざなり』のほうが、いい加減ではあってもやっているだけまだマシ、ということですね。

『おざなり』と『なおざり』の使い分け方

意味の違いが分かれば、『お座なり』と『なおざり』の使い分け方もわかりますよね。

  • いい加減であっても何かしていれば『おざなり』
  • 何もせず放置しているのは『なおざり』

です。

 

例文で比べてみましょう。

例1:〇〇課長は部下のフォローをおざなりにしている。

例2:〇〇課長は部下のフォローをなおざりにしている。

例1の方は、『〇〇課長は、部下のフォローがいい加減だ』という意味です。

一方、例2は、『〇〇課長は、部下のフォローをしないで放置している』という意味です。

 

うっかりして

『△△さんは、いつもなおざりに仕事をしていて困る』

と言ってしまうこともあるかもしれませんが、これは、間違った使い方です。

△△さんは、いい加減であっても仕事をしてはいるのですから、この場合は『おざなり』ですよね。

『おざなり』と『なおざり』の覚え方

意味はわかっても、『おざなり』と『なおざり』って、言葉もとても似ていますもんね。

「どっちがどっちだっけ?」

って、わからなくなってしまうこともあるでしょう。

 

ということで、覚え方を2つ、紹介します!

 

覚え方その1 漢字にして覚える

1つ目は、『漢字にして覚える』という方法。

ひらがなだから、余計ややこしくなってしまっているところがありますからね。

 

『おざなり』は、漢字では『御座なり』。

この文字を見れば、『おざなり』の由来である

『その座なりにやる=いい加減にやる』

を思い出しやすいのではないでしょうか。

 

『なおざり』は本来『等閑』と書きます。

でも、今は覚えるためなので、『なお去り』という風に、『ざり』の部分を漢字にします。

そうすれば、『そのままにして去る』と連想しやすいでしょう。

 

覚え方その2 後ろ2文字のイメージで覚える

これも先ほどの、漢字で覚えるのと似ていますが、後ろの2文字を見てみれば

おざなり

『なり』⇒『それ”なり”にやる(しかし、いい加減である)』

なおざり

『さり』⇒『(何もせずに)去る』

となりますね。

 

どちらでも、覚えやすい方で覚えてください。

もちろん、あなたのオリジナルの覚え方を考えてみるのも良いですよ!

『おざなり』と『なおざり』の違いをまとめてチェック

最後に、『おざなり』と『なおざり』の違いを、表でまとめて見てみましょう。

 

おざなり なおざり
漢字で書くと 御座なり 等閑
意味 いい加減にやること 何もせず放っておくこと
行動するかどうか いい加減ではあるものの、行動はする 行動しない
由来(有力な説) 江戸時代の太鼓持ちが、その座に合わせて仕事具合を変えることを言う隠語から 平安時代の言葉『なお(そのまま)』+『去り』もしくは『せざり』から
類義語
  • ぞんざい
  • (悪い意味の)適当、いい加減
  • 粗略
  • ずさん
  • ないがしろ(人や物を、まるで無いかのように扱う・無視する)
  • 放置
  • 無視
覚え方 『お座なり』→『その座なりにやる』→『(一応やるがいい加減)にやる』 『なおざり』→『なお去り』→放っておいて去る→やることをやらない
おざ『なり』→それ『なり』→それなりにやるがいい加減 なお『ざり』→なお『去り』→そのままにして去ってしまう
例文 『あの企業は周辺住民への説明をおざなりにしている。』(説明がいい加減である) 『あの企業は周辺住民への説明をなおざりにしている。』(説明をしない)

 

どうでしょう?

同じ4文字を使った似たような言葉でも、だいぶ違いがありますね。

スポンサーリンク

まとめ

『おざなり』も『なおざり』も、『いい加減』という意味の言葉ではありますが、

おざなり

⇒一応やるが、いい加減である

なおざり

⇒やらないで放置してしまういい加減っぷり

という違いがあります。

 

同じ『いい加減』ではあっても、やるのとやらないのでは、かなり違いますね。

 

言葉って、よく調べてみると

『似たような意味でも、実はけっこう意味合いが違う』

っていうことがあります。

似たような言葉を多少間違えて使っても、多くの場合は『間違っちゃった』で済むでしょう。

ただ、『おざなり』と『なおざり』を間違えてしまうと、

「少しはやっているのに、放置しているかのように言われてしまった」

というような、誤解も生みかねません。

トラブルを防ぐためにも、言葉の意味や違いを調べることを“おざなり”や”なおざり”にせず、きちんとわかって使い分けたいものですね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.