違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ケーキ

食べ物の違い

ベーキングパウダーと重曹の違いを解説!代用や使い分け方を紹介

ケーキや、焼き菓子などを作る時に欠かせないものに、『ベーキングパウダー』や『重曹』がありますね。

どちらも白い色をした粉末で、一見すると見分けがつきません。

いったい、何が違うのか分かりますか?

 

はなこ
ホットケーキを作りたいんだけど、材料は何が必要なのかな?
小麦粉に砂糖、卵と、あと『ベーキングパウダー』も必要だね。
たろう
はなこ
『重曹』なら家にあるけど。
それでも代用はできるよ。
たろう
はなこ
ふーん。

『ベーキングパウダー』と『重曹』って、いっしょのものなの?

 

今回は、『ベーキングパウダー』と『重曹』の違いについて解説し、代用法や使い分け方を紹介します。

スポンサーリンク

『ベーキングパウダー』と『重曹』の違い

まずは、『ベーキングパウダー』と『重曹』がどんなものか見てみましょう。

どちらも、お菓子作りには欠かせない材料です。

クッキーやケーキ、パンケーキにビスケットなど、様々なお菓子に使われています。

 

『ベーキングパウダー』とは?

『重曹』や助剤(酸性剤)、分散剤(遮断剤)を混ぜた、パンや焼き菓子に使われる膨張剤

のことです。

実は、『ベーキングパウダー』の主成分は『重曹』です。

『重曹』に、添加物として助剤(酸性剤)と分散剤(遮断剤)を混ぜたものが『ベーキングパウダー』になります。

 

助剤とは、水に混ぜた時に酸性になるようにするための材料のことです。

昔はミョウバン(硫酸アルミニウムカリウム)が使われていましたが、最近では有害なアルミニウムを含まないリン酸カルシウムがよく使われます。

 

分散剤は、粉のときに『重曹』と助剤が反応してしまわないように加えられる材料のことです。

主にデンプンや小麦粉が使われます。

 

『ベーキングパウダー』を水と混ぜると、酸性になることによって『重曹』が反応し、二酸化炭素を発生します。

この反応によって、材料が膨らむわけですね。

 

『重曹』とは?

炭酸水素ナトリウム(NaHCO3

のことです。

これだけでは、まるで理科の実験のように感じてしまいますね。

『重曹』は、酸性にしたり、加熱すると、反応して二酸化炭素を発生します。

この、二酸化炭素によって生地が膨らむという仕組みは、実は『ベーキングパウダー』と同じものです。

『ベーキングパウダー』は、最初から助剤によって酸性になるので、水に入れただけで膨らむのですね。

しかし、『重曹』の場合、単に水に入れただけでは何も起こりません。

加熱することではじめて膨らむわけです。

 

『ベーキングパウダー』と『重曹』の違い

『ベーキングパウダー』と『重曹』の主な違いをまとめると、次になります。

『ベーキングパウダー』と『重曹』の違い

ベーキングパウダー 重曹
成分 重曹・助剤・分散剤の混合物 純粋な炭酸水素ナトリウム
膨張の仕方 水に混ぜると膨張する 酸性の液体を混ぜるか、加熱すると膨張
食感 フンワリ・サックリ モッチリ
白色 少し黄色っぽい
無味 独特の苦味
用途 調理のみ 調理以外の使い方がある

 

『ベーキングパウダー』は、複数の材料が混ぜられた混合物であり、水に混ぜると膨張することは、前に書いたとおりです。

また、『重曹』が純粋な炭酸水素ナトリウムで、酸性にしたり、加熱することで膨張することも、すでに書きましたね。

 

その他の違いについて、詳しく見ていきましょう。

食感の違い

『ベーキングパウダー』は、食感がフンワリ・サックリとなります。

この特色を生かして、ケーキやマフィンなどの洋菓子に使うのが最適ですね。

それに対して

『重曹』では食感がモッチリです。

どら焼きやカルメ焼きなどの和菓子に使うのが最適です。

 

味の違い

『ベーキングパウダー』を水に混ぜると、『重曹』のアルカリ性と助剤の酸性が中和して、無味の状態になります。

しかし、

『重曹』を水に混ぜると、アルカリ性になるため独特の苦味が発生します。

この苦味は、レモンやヨーグルト、はちみつなどの酸性の材料を混ぜると中和されます。

また、苦味をそのまま残して風味を与える場合もあります。

 

調理以外の用途

『ベーキングパウダー』は、調理に使うことを前提にした材料です。

しかし、

『重曹』は、調理以外にもいろいろな使い方があります。

例えば、頑固な油汚れや焦げを落とすのに、『重曹』を使うことができます。

また、肉や魚の臭いを脱臭する効果があるので、脱臭剤として利用することもできます。

その他、消火器に入っている消火剤や、入浴剤の成分などにも『重曹』は使われています。

残念ながら、これらの用途で『ベーキングパウダー』を使うことはできません。

『ベーキングパウダー』は、あくまでも調理用であること

を忘れないでくださいね。

 

はなこ
『重曹』に他の材料を加えると『ベーキングパウダー』になるなんて、知らなかったわ。
それなら、お互いに代用できる気がするね。
たろう

 

『ベーキングパウダー』と『重曹』で代用は可能?

クッキー

クッキー

『ベーキングパウダー』と『重曹』は、お互いに代用できるのでしょうか?

調理に使う場合、代用は可能です。

 

しかし、気をつけなければならない点があります。

それは、分量です。

まず、

『ベーキングパウダー』の代わりに『重曹』を使う場合は、指定された量の半分にしましょう。

『ベーキングパウダー』の中に入っている『重曹』の量は、重さにして 1/5 程度です。

『ベーキングパウダー』で指定された量と同じだけ『重曹』を入れてしまうと、量が多すぎて苦味が出たり、色がつき過ぎたりします。

逆に、

『重曹』の代わりに『ベーキングパウダー』を使う場合は、指定された量の2倍にしましょう。

『重曹』は、同じ量の『ベーキングパウダー』の2倍は膨らみます。

ですから、『重曹』で指定された量の『ベーキングパウダー』では十分に膨らまないことになります。

 

このように代用は可能ですが、食感が若干変わることは覚えておいてくださいね。

『ベーキングパウダー』はフンワリ・サックリの食感、『重曹』はモッチリの食感になります。

 

『ベーキングパウダー』と『重曹』の使い分け方

『ベーキングパウダー』と『重曹』は、お互いに代用可能です。

ですが、どちらの方が向いているか、作るものによって変わります。

 

『ベーキングパウダー』に向いた食べ物は次のものがあります。

ケーキ

マフィン

ビスケット

バターケーキ

まんじゅう(皮の部分)

パン(イースト無し)

膨らむ性質を利用して、イースト菌を使わずにパンを作ることができます。

 

『重曹』に向いた食べ物には次のものがあります。

クッキー

パンケーキ

どら焼き

 

これはあくまでも一例で、クッキーに『ベーキングパウダー』を使ったり、マフィンに『重曹』を使うといったアレンジで、また違った食感が楽しめますよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

ベーキングパウダー 重曹
成分 重曹・助剤・分散剤の混合物 純粋な炭酸水素ナトリウム
膨張の仕方 水に混ぜると膨張する 酸性の液体を混ぜるか、加熱すると膨張
食感 フンワリ・サックリ モッチリ
白色 少し黄色っぽい
無味 独特の苦味
用途 調理のみ 調理以外の使い方がある
  • 『ベーキングパウダー』の代用として『重曹』を使う場合は、指定された量の半分にすること
  • 『重曹』の代用として『ベーキングパウダー』を使う場合は、指定された量の2倍にすること

『ベーキングパウダー』や『重曹』を使ったお菓子、いろいろな種類がありますよね。

あなたも、新しいお菓子作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.