違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

洗髪

その他の違い

リンスとコンディショナーの違いとは?正しい使い分け方を解説!

シャンプー後に使われる『リンス』や『コンディショナー』。

多くの人が使っていますよね。

ただ、この二つは非常によく似ています。

あなたは、その違いが分かりますか?

 

はなこ
シャンプーの後に、『リンス』や『コンディショナー』を使うでしょ。

あれって、いったい何が違うのかな?

僕は『リンス』しか使ったことないから、違いはよく知らないよ。
たろう
はなこ
私は『コンディショナー』の方をよく使っているわよ。

前は、『リンス』の方を使っていたんだけど、お気に入りをお店で見かけなくなったのよね。

どちらもシャンプー後に使うんだから、違いなんかないんじゃないかな。
たろう
はなこ
いいえ、きっとあるはずよ。

じゃあ、違いについて少し調べてみましょうか。

 

今回は、『リンス』と『コンディショナー』の違いについて解説し、正しい使い分け方を見てみましょう。

スポンサーリンク

『リンス』と『コンディショナー』の違い

『リンス』と『コンディショナー』はどんなものなのか、まずは見てみましょう。

 

『リンス』とは?

洗髪後の状態(アルカリ性)を中和するために使われる液体

のことです。

『リンス』は、英語では『rinse』と書いて、『すすぐ』という意味を持ちます。

その昔、シャンプーは石鹸に近いアルカリ性の成分であり、洗髪後にアルカリ成分が付着して、キューティクルが開いてしまう原因となりました。

これを防ぐため、アルカリ成分を中和するように酸性の水溶液(クエン酸など)ですすいだのが『リンス』の始まりです。

現在のシャンプーもアルカリ性の製品はあるため、本来の用途としての『リンス』も存在します。

しかし、

最近では、油分や界面活性剤で髪をコーティングし、髪を保護する目的でも『リンス』が使われるようになりました。

 

『コンディショナー』とは?

洗髪後に髪になじませ、髪の表面をコーティングするための浴用化粧品

のことです。

コンディショナーは、英語で『conditioner』と書き、『調整剤』という意味を持ちます。

洗髪後に、髪になじませることで、コンディショナーの成分が髪をコーティングし、髪を滑らかにしたり、つやを出すなどの効果があります。

 

『リンス』と『コンディショナー』の違い

『リンス』と『コンディショナー』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『リンス』と『コンディショナー』の違い

  • 『リンス』は本来、洗髪後の状態を中和することが目的であり、『コンディショナー』は髪を保護することが目的である。
  • すすぎやすくすることを目的としたのが『リンス』で、傷みを防ぐことを目的としたのが『コンディショナー』。

 

実は、現在では『リンス』と『コンディショナー』は、どちらも同じ意味で使われます。

本来、『リンス』は、シャンプー後のアルカリの状態を中和するのが目的の液体です。

しかし、現在ではそういった処置に加えて、髪の傷みを防ぐ目的を持ったものも『リンス』と呼ぶように変わったのですね。

あえて区別するなら、

  • 酸性の成分を持ち、すすぎやすくすることを目的としたのが『リンス』
  • 傷みを防ぐことを目的としたのが『コンディショナー』

になります。

 

最近では『リンス』という言葉はあまり使われなくなり、『コンディショナー』と呼ぶほうが多くなりました。

『リンス』と名前の付いた製品もまだありますが、両者の違いは今ではほとんどありません。

『リンス』や『コンディショナー』を開発・販売するメーカーも、自由に両方の言葉を使っていますね。

 

はなこ
中和するのが『リンス』の目的だったなんて知らなかったわ。
現在では、『リンス』と『コンディショナー』は同じ意味になったんだね。
たろう

 

『リンス』と『コンディショナー』の使い分け方

シャンプーとコンディショナー

シャンプーとコンディショナー

『リンス』と『コンディショナー』は、どのように使い分ければいいのでしょうか?

前に書いた通り、現在では『リンス』と『コンディショナー』には違いがありません。

どちらも、髪を保護することが主な目的になっています。

『リンス』や『コンディショナー』を使うことで、髪の指通りをよくし、キューティクルの傷みを防ぐ効果があります。

ですから、結論としてはどちらを使っても効果は同じだということになりますね。

 

『リンス』や『コンディショナー』の他に、シャンプー後に使われるものに『トリートメント』がありますね。

実は、『リンス』や『コンディショナー』と『トリートメント』には明確な違いがあります。

『リンス』や『コンディショナー』は、髪の表面に成分が付着して髪を保護するのが目的です。

それに対して

『トリートメント』は、髪に浸透して補修するのが目的です。

そのため、成分にも違いがあり、『リンス』や『コンディショナー』には油分や界面活性剤が入っているのに対し、『トリートメント』には髪の成分になるアミノ酸やセラミドなどが含まれています。

 

しかし、両者の境界は曖昧なところもあります。

『リンス』や『コンディショナー』に『トリートメント』の成分が入っていたり、またその逆のこともあります。

利用している『リンス』や『コンディショナー』、『トリートメント』の成分を一度よく確認してみるようにしましょう。

もしかしたら、

『自分が思っていた目的とは異なる成分が入っていた』

なんてこともあるかも知れませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『リンス』とは本来、洗髪後の状態(アルカリ性)を中和するために使われる液体のことである。
  • 『コンディショナー』とは、洗髪後に髪になじませ、髪の表面をコーティングするための浴用化粧品のことである。
  • 現在では、『リンス』と『コンディショナー』は、ほとんど同じ意味で使われる。
  • あえて区別するなら、すすぎやすくすることを目的としたのが『リンス』であり、傷みを防ぐことを目的としたのが『コンディショナー』になる。
  • 『リンス』や『コンディショナー』とは異なり、『トリートメント』は髪に浸透して補修するのが目的である。

『リンス』や『コンディショナー』を適当に選んでいる人は多いのではないでしょうか。

きちんと成分や用途を確認して使うようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.