違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ENGLISH

英語の違い

【英語】notとnoの違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方とは?

英語の授業で、はじめの頃に習う単語の『not』と『no』。

どちらも否定を表しますよね。

あなたは、この2つの言葉の違いが説明できるでしょうか?

 

はなこ
英語の『not』と『no』って、どちらも否定の意味よね。
そうだね。

それがどうかしたの?

たろう
はなこ
いまいち、使い分け方がわからないのよ。
なんとなく使い分けているけど、たしかに、きちんと違いを説明することは僕もできないな。
たろう
はなこ
この際、違いについてきちんと調べてみましょうか。

 

今回は、英語の『not』と『no』の違いを解説し、正しい使い分け方を見てみましょう。

スポンサーリンク

【英語】『not』と『no』の違い

『not』と『no』は、どちらも否定の意味を持ちます。

I do not have any money.

I have no money.

上の例文は、どちらも

「私はお金を持っていません。」

という意味になり、『お金を持つ』という言葉を否定しているわけです。

しかし、『not』と『no』には、明確な違いがあります。

 

『not』と『no』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『not』と『no』の違い

  • 『not』は副詞であり、『no』は形容詞である。
  • 『not』は単体では使えないが、『no』は単体で使える
  • 『not』は全否定であり、『no』は部分否定である。

 

品詞の違い

最も大きな違いは、『not』が副詞であり、『no』が形容詞である点です。

ですから、

『not』は動詞・形容詞・副詞を修飾し、『no』は名詞を修飾します。

There are not any shops around here.

There are no shops around here.

上の例文は、どちらも

「このあたりには店はありません。」

という意味になりますね。

上側の『not』を使った例文では、『not』は動詞の『are』を修飾しています。

それに対して下側の『no』を使った例文では、『no』は名詞の『shops』を修飾しているわけです。

 

単体で使えるか?

『not』を単体で使うことはできません。

しかし、

『no』は単体でも意味を持ちます。

はなこ
Do you have any comments?(何かコメントはありますか?)

No.(いいえ。)
たろう

この場合の『no』は、一語だけで『いいえ』と否定する意味を持つわけですね。

 

全否定と部分否定

『not』は、直前の動詞を修飾し、文章全体に対して否定を表します。

I do not have any idea what you are talking about.

上の文章は、

「あなたが何を話しているか、全く分かりません。」

という意味になります。

この時は、文章全体の

「あなたが何を話しているか、心当たりがあります。」

という意味を否定する形になります。

 

I have no idea what you are talking about.

この文章も、先ほどと同じ意味を持ちます。

ですが、

『no』は『idea』という言葉を修飾しているので、

ニュアンスとしては

「あなたが何を話しているか、心当たりはゼロです。」

となります。

『no』は、数詞の一つと捉えることができます。

この場合、

『no』=『zero』

と考えられるわけですね。

 

この例のように、『I have no ~』の後に手で触れられないもの(patience(我慢)、desire(欲望)、luck(運)など)が続くと、『I do not have ~』と書くより否定の意味が強調されます。

口喧嘩の時に使うのは、『I do not have ~』よりも『I have no ~』の方が効果があるということですね。

 

はなこ
なんとなく、違いについては分かったわ。
でも、どうやって使い分ければいいのかな?
たろう

 

『not』と『no』の正しい使い分け方は?

何かを思う女性

何かを思う女性

次の問題の()に入る言葉は、『not』と『no』のどちらでしょうか?

There is()hospital near my house. (私の家の近くに病院はありません)

答えは『no』になります。

『no』は、それだけで『ゼロ』という数を表しています。

しかし、

『not』には数を表す意味は含まれていません。

『not』を使う場合、hospitalの前に『a』が必要になるのです。

There is no hospital near my house.

There is not a hospital near my house.

 

また、

『〇〇病院』はありますか?

と聞かれた時は、病院が指定されていますよね。

この場合、

『hospital』の前に『the』を付ける必要があります。

There is not the hospital near my house.(その病院は、私の家の近くにはありません)

しかし、

『no』の後に『the』を付けることはできません。

ですから、上の例の意味で相手に伝えたい場合は、『not』しか使うことはできないわけですね。

 

立て看板などでよく見かける書き方に、次のものがあります。

DO NOT ENTER

NO ENTRY

どちらも『立ち入り禁止』という意味です。

上側は、『ENTER(入る)』という動詞を否定するため『not』が使われています。

それに対して下側は、『ENTRY(入場)』という名詞を否定するため『no』が使われるわけですね。

こういった言葉は他にもあります。

DO NOT PARK(駐車禁止)

NO PARKING(駐車禁止)

NO CAMERAS(カメラの利用禁止)

 

『No 〇〇』という使い方は、立て看板だけでなく会話の中でもよく登場しますね。

No problem!(問題ないよ!)

No good!(よくないね!)

No speaking!(しゃべるな!)

これは慣用句として覚えておくと、いざという時に役に立ちますよ。

 

はなこ
使い分け方も、これでバッチリね。
実際に使う機会はあるかな?

せっかく勉強したんだから、実際に試してみたいよね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『not』は、副詞であり、『no』は形容詞である。
  • 『not』は、単体では使えないが、『no』は単体で使える
  • 『not』は、全否定であり、『no』は部分否定である。
  • 『no』は、それだけで数のゼロを表している。

いまの時代だと、英会話が必要になる場面があります。

『not』と『no』の使い分けができるようにしておきましょうね。

関連記事

-英語の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.