違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

マウス

その他の違い

【ロジクールマウス】SW-M570とM570tの違いをわかりやすく解説!

あなたが使っているマウスは、どこのメーカーの製品ですか?

ロジクールのマウスを使っている人は、わりと多いのではないでしょうか。

ロジクールの製品では、トラックボールも人気があります。

様々なタイプが売られていますが、トラックボールタイプの手頃な値段で人気が高いのが『SW-M570』と『M570t』の2つ。

あなたは、この2つの製品の違いを知っていますか?

 

はなこ
マウスを使っていると、手首に負荷が掛かるのか、腕が痛くなってくるのよね。
それはよくないね。

トラックボールを使ってみたら?

たろう
はなこ
トラックボールって何?
マウスと違って、ボールを指で転がすタイプの製品だよ。

手首の移動がなくなるから、操作が楽になると思うけどな。

たろう
はなこ
ロジクールの製品がいいんだけど、どんなのがあるの?
『SW-M570』と『M570t』なんかがお手頃かな。
たろう
はなこ
ふーん。

その2つの違いってなんなの?

 

今回は、ロジクールの製品である『SW-M570』と『M570t』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『SW-M570』と『M570t』のスペック

まずは、『SW-M570』と『M570t』のスペックについて見てみましょう。

『SW-M570』と『M570t』のスペック

SW-M570M570t
ケーブルワイヤレスワイヤレス
ボタン数55
解像度540dpi540dpi
インターフェースUSBUSB
本体重量142g142g
サイズ横 145mm

奥行き 95mm

高さ 45mm

横 145mm

奥行き 95mm

高さ 45mm

使用電池単三形乾電池 x 1単3乾電池 x 1
電池寿命最大18ヶ月最大18ヶ月

スペックを見たところ、両者は全く同じですね。

 

解像度は、マウスを移動させた時に、カーソルが動く距離を表します。

解像度が高いほど、マウスを動かしたときのカーソルの移動量は、大きくなります。

540dpiという数値は、マウスとしては低い解像度ですが、トラックボールでの操作には適しているのでしょう。

ちなみに、上位機種の『MX ERGO』では解像度が変更できますが、初期値は380dpiと、かなり低い値に設定されています。

 

『SW-M570』と『M570t』へ話を戻して、その他のスペックについても見てみましょう。

『SW-M570』と『M570t』はどちらもワイヤレスのため、ケーブルはなく、レシーバーをUSBに挿して使います。

ロジクールではおなじみの方式ですね。

使用電池は、単三形乾電池一本。

最大18ヶ月は、使用できるので、電池寿命はかなり長いです。

重量は142gと、軽いほうですが、トラックボールなので、あまり影響はありませんね。

 

外観についてはどうでしょうか?

『SW-M570』の外観は以下の通りです。

SW-M570

SW-M570

 

『M570t』の外観は次のようになります。

M570t

M570t

2つは、全くいっしょの外観ですね。

 

『SW-M570』と『M570t』の違い

スペックや外観の全く同じである『SW-M570』と『M570t』。

いったい、何が異なるのでしょうか?

『SW-M570』と『M570t』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『SW-M570』と『M570t』の違い

  • 『SW-M570』はすでに販売を終了しており、現在は在庫処分品が販売されている。
  • 『SW-M570』の保証期間は1年、『M570t』の保証期間は3年である。

『SW-M570』の発売年は2010年です。

そして、『M570t』は2013年から発売を開始しています。

つまり、『M570t』は『SW-M570』の後で発売を開始していることになります。

実は、『M570t』は『SW-M570』の後継で、製品スペックとしては全く同じです。

 

『SW-M570』の販売は、すでに終了しており、この型番での製品は、在庫処分品を残すのみとなっています。

ロジクールのオンラインショップでは現在、『M570t』は購入できますが、『SW-M570』は購入できません。

では、なぜ同じ製品に対して型番だけを変えて販売しているのでしょうか?

実は、『SW-M570』の保証期間は1年なのに対し、『M570t』の保証期間は3年と、大幅に長くなっています。

つまり、

『SW-M570』と『M570t』の違いは、保証期間だけということですね。

 

はなこ
『SW-M570』と『M570t』では、スペックは全く同じなのね。
スペックが同じなら、保証期間が長い『M570t』のほうが得だよね。

値段についてはどうなんだろう?

たろう

 

『SW-M570』と『M570t』買うならどちら?

『SW-M570』は、まだ在庫が残っているため購入することができます。

それでは、どちらを購入したほうがいいのでしょうか?

『SW-M570』も『M570t』もオープン価格ですが、ロジクールのオンラインショップでは『M570t』が5,500円で購入できます。

その他のショップではいくらで購入できるでしょうか?

Amazonでの販売価格を比較してみましょう(2020年2月現在)。

SW-M570 4,980円

M570t 5,315円

『M570t』の値段は、ロジクールのオンラインショップでの販売価格より、ほんの少し安くなった程度です。

また、『M570t』よりも『SW-M570』の方が、300円ちょっと安く購入できます。

しかし、

保証期間は『M570t』の3年に対して『SW-M570』は1年と短いです。

特に、頻繁にマウスを使う人は、故障するリスクは高くなります。

保証期間が3年というのは、かなり良い条件なのではないでしょうか。

ですから、購入するのなら『M570t』をおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『SW-M570』と『M570t』に、製品スペックの違いはない
  • 『SW-M570』は、すでに販売を終了しており、現在は在庫処分品が販売されている。
  • 『SW-M570』の保証期間は1年、『M570t』の保証期間は3年である。
  • 『SW-M570』は、『M570t』よりも300円ほど安く購入できる(Amazonでの価格)。

トラックボールは、

『操作に慣れればマウスに戻ることができなくなる』

と言われています。

一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.