違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

スイーツ

食べ物の違い

生クリームとホイップクリームの違いをわかりやすく解説!代用できる?

ケーキ作りに欠かせない材料に『クリーム』がありますよね。

『クリーム』には、『生クリーム』や『ホイップクリーム』などの種類があります。

あなたには、『生クリーム』と『ホイップクリーム』の違いが分かるでしょうか?

 

はなこ
今度、家でケーキを作ろうと思ってね。

材料を買いに行ったんだけど、『生クリーム』って『ホイップクリーム』より高いのよね。

『生クリーム』の方が濃厚だからね。

で、どっちを買ったの?

たろう
はなこ
何が違うのか、確認してから買うことにしたわ。

だから、ちょっと調べて見ましょうよ。

 

今回は、『生クリーム』と『ホイップクリーム』の違いについて解説し、代用ができるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

『生クリーム』と『ホイップクリーム』の違い

『生クリーム』も『ホイップクリーム』も、見た目は白い液体で、同じ材料のように見えます。

通常は、砂糖を入れて撹拌し、泡立ててケーキなどに使ったり、オムレツやカルボナーラなどの料理に加えたりしますよね。

ちなみに、撹拌して泡立てたクリームのことを『ホイップクリーム』という場合がありますが、ここでは商品として売られているものを指しているので、混同しないでくださいね。

『生クリーム』と『ホイップクリーム』の違いを知るためには、『クリーム』の定義について理解する必要があります。

 

『クリーム』の定義

日本では、食品衛生法にもとづく『乳及び乳製品の成分規格等に関する省令』という法律の中で、『クリーム』が次のように定義されています。

乳脂肪分18%以上で、添加物などを一切加えていないもの

乳脂肪分を含んでいるので、『クリーム』は乳製品であるということですね。

もし、この条件に該当しない場合、『クリーム』と商品に表記することはできません。

そして、

『ホイップクリーム』は、まさに乳脂肪分を含まない商品です。

それが『ホイップクリーム』と名乗るのはおかしいと思うかもしれませんね。

 

しかし、実際に商品に記載されている名前を見ると、『ホイップクリーム』ではなく『ホイップ』と書いてあることに気づくでしょう。

実は、商品名としては『ホイップ』という言葉が使われるのです。

ですが、『クリーム』として使うことができるので、『ホイップクリーム』と呼ばれるようになったわけですね。

 

以上を踏まえて、『生クリーム』と『ホイップクリーム』とは何か、整理しておきましょう。

 

『生クリーム』とは?

生乳、牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分を18%以上にしたもの

のことです。

脂肪分18%~30%のものは『ライトクリーム』と呼ばれ、コーヒーなどのミルクに、脂肪分30%~48%のものは『ヘビークリーム』と呼ばれ、ホイップ用に使われます。

この『クリーム』をさらに激しく撹拌すると、脂肪分が分離して『バター』になります。

また、牛乳と混ぜて凍らせることで、『アイスクリーム』になるわけですね。

 

『ホイップクリーム』とは?

植物性油脂に添加物を混ぜて作られる『クリーム』の代替品

のことです。

乳脂肪ではなく植物性脂肪が使われるため、定義上は『クリーム』ではなく、その代替品になります。

 

なお、『生クリーム』と『ホイップクリーム』の境界はあいまいです。

純乳脂に安定剤や乳化剤などの添加物を混ぜたものや、乳脂肪分の一部を植物性脂肪に置き換えたもの(コンパウンドクリーム)も販売されています。

価格は、純乳脂で添加物の一切入っていないものが最も高く、添加物が入ったり、植物性脂肪が混在した製品は安めになります。

 

『生クリーム』と『ホイップクリーム』の違い

『生クリーム』と『ホイップクリーム』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『生クリーム』と『ホイップクリーム』の違い

  • 『生クリーム』は、乳脂肪分が含まれているが、『ホイップクリーム』には乳脂肪分が含まれていない
  • 『生クリーム』は、濃厚でコクのある味わい、『ホイップクリーム』はさっぱりとした味わいが特徴である。
  • 一般に、『生クリーム』のほうが『ホイップクリーム』よりも高価である
  • 『生クリーム』の賞味期限は、だいたい10日程度、『ホイップクリーム』の賞味期限は1ヶ月以上
  • コレステロール値は、『生クリーム』のほうが『ホイップクリーム』よりも高い
  • 『生クリーム』を泡立てるとしっかりと角が立つ程度の硬さがあるが、『ホイップクリーム』はそれほどの硬さにならない

 

味の違い

『生クリーム』は乳脂肪分を含んでいるため、濃厚でコクのある味わいです。

それに対して

『ホイップクリーム』はさっぱりとした味わいが特徴です。

好みの問題になりますが、あまりくどい『クリーム』は苦手という人には、『ホイップクリーム』の方が合うかもしれません。

 

値段の違い

値段は、『生クリーム』のほうが『ホイップクリーム』よりも高くなります。

例えば、森永乳業の200ml入り製品で比較すると、

生クリーム 370円(税別)

ホイップクリーム 235円(税別)

となります。

この『生クリーム』は、添加剤が入っているため比較的安い製品です。

純乳脂になると、さらに値段は高くなりますね。

 

賞味期限の違い

『生クリーム』は、あまり日持ちせず、賞味期限は10日前後です。

添加剤が入っていれば、賞味期限がもう少し長くなります。

『ホイップクリーム』の場合、1ヶ月以上は日持ちします。

 

コレステロール値の違い

『生クリーム』と『ホイップクリーム』のカロリーを比較すると、次のようになります。

カロリーの違い(100gあたり)

生クリーム 433kcal

ホイップクリーム 402kcal

それほど差はありませんね。

 

しかし、コレステロール値には大きな差があります。

コレステロール値の違い(100gあたり)

生クリーム 120mg

ホイップクリーム 4mg

『生クリーム』の場合、乳脂肪分を含んでいるためコレステロール値が非常に高いです。

コレステロール値が気になる人は要注意ですね。

 

泡立てたときの違い

泡立てた場合、『生クリーム』のほうが泡立ちは硬くなります。

また、

『生クリーム』は、泡立てると少し黄色がかった色

になりますね。

ケーキなどに塗ると、その違いがはっきり分かります。

 

『生クリーム』と『ホイップクリーム』は代用できる?

クリームを泡立てる女性

『生クリーム』と『ホイップクリーム』は、お互いに代用可能なのでしょうか?

結論から言うと、代用は可能です。

『生クリーム』と『ホイップクリーム』は、材料が違うものの、どちらも『クリーム』として使用することができます。

どちらを使っても、ちゃんと泡立ちますし、料理に加えることも可能です。

 

『生クリーム』は、濃厚でコクのある味わいが特徴です。

乳製品の持つコクを楽しみたいのなら『生クリーム』を使うべきでしょう。

 

しかし、『ホイップクリーム』はさっぱりとした味わいが特徴です。

あまりくどいのは苦手という人には『ホイップクリーム』がいいでしょう。

それに、『ホイップクリーム』のほうがコレステロール値が低く、しかも安上がりですからね。

 

はなこ
『ホイップクリーム』の方がヘルシーなように見えるわね。

値段も安いし、『ホイップクリーム』の方を買うことにしたわ。

そうだね。

コレステロール値があんなに違うものだとは思わなかったな。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『クリーム』の定義は、乳脂肪分18%以上で、添加物などを一切加えていないものである。
  • 『生クリーム』は、乳脂肪分が含まれているが、『ホイップクリーム』には乳脂肪分が含まれていない
  • 『生クリーム』は、濃厚でコクのある味わい、『ホイップクリーム』はさっぱりとした味わいが特徴である。
  • 一般に、『生クリーム』のほうが『ホイップクリーム』よりも高価である
  • 『生クリーム』の賞味期限は、だいたい10日程度、『ホイップクリーム』の賞味期限は1ヶ月以上
  • コレステロール値は、『生クリーム』のほうが『ホイップクリーム』よりも高い
  • 『生クリーム』を泡立てるとしっかりと角が立つ程度の硬さがあるが、『ホイップクリーム』はそれほどの硬さにならない

『生クリーム』も『ホイップクリーム』も、それぞれ長所と短所があります。

それぞれの特徴を理解して、うまく使い分けるようにしましょうね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.