違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

みかん

食べ物の違い

みかんとオレンジの違いをわかりやすく解説!味や見分け方をチェック

冬に、こたつに入りながら食べる果物といえば、誰もが『みかん』を連想するのではないでしょうか。

日本を代表する果物の一つですよね。

ただ海外に目を向けると、『オレンジ』という果物があります。

この2つ、見た目はよく似ていますね。

あなたには、この2つの違いを説明することができますか?

 

はなこ
この間、『みかん』と『オレンジ』をたくさんもらっちゃった。
へえ、それはよかったね。
たろう
はなこ
この2つって、見た目はよく似ているわよね。

いったい何が違うのかしら。

『オレンジ』の方が大きいし、皮も分厚いから、種類は違うと思うけどね。
たろう
はなこ
一度、ちゃんとした違いを調べてみたいわね。

 

今回は、『みかん』と『オレンジ』の違いを解説し、味や見分け方についてチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『みかん』と『オレンジ』の違い

まずは、『みかん』と『オレンジ』についてチェックしてみましょう。

 

『みかん』とは?

『みかん』は、ミカン科の木から採れる果実を指します。

原産はインドで、それが中国へ伝わり、さらに日本へと入ってきました。

 

日本に伝えられ、食べられていた最初の『みかん』は『紀州みかん』という種類です。

しかし、

現在多く食べられているのは、『温州みかん』という種類です。

温州は、中国浙江省にある市の名前で、昔から柑橘類の名産地として有名でした。

『温州みかん』は、

果実の中に種がない

のが特徴で、武士の時代はそれが縁起が悪いとされ、ほとんど栽培されませんでした。

しかし江戸時代の後期から、その美味しさと種がないという利便性によって、多く栽培されるようになり、明治時代には『紀州みかん』より生産量が多くなりました。

 

『オレンジ』とは?

『オレンジ』も、ミカン科の木から採れる果実を指します。

原産は、みかんと同じくインドです。

ただ、『オレンジ』が伝わったのは主に欧米でした。

日本に伝わったのは明治時代の頃で、現在食べられている、ほとんどの『オレンジ』はアメリカのカリフォルニア産です。

オレンジには主に次の3種類があります。

普通オレンジ

ネーブルオレンジ

ブラッドオレンジ

日本で多く食べられているのは『普通オレンジ』の仲間である『バレンシアオレンジ』ですね。

『みかん』と『オレンジ』の違い

『みかん』も『オレンジ』も、同じミカン科の仲間ですが、いくつかの異なる特徴を持っています。

それぞれの主な違いをまとめると、次のようになります。

『みかん』と『オレンジ』の違い

  • 『みかん』は、皮が薄く、『オレンジ』は皮が厚い
  • 『みかん』よりも『オレンジ』のほうが実が大きい
  • 『みかん』よりも『オレンジ』のほうが香りが強く、味も濃厚である。
  • 『みかん』には、種のない品種が多い。
  • 『温州みかん』には、シネフィリンという成分が含まれている。

 

皮の違い

『みかん』の皮は薄く、手で簡単に剥くことができます。

それに対して

『オレンジ』は皮が厚く、剥くためにはナイフが必要になります。

『オレンジ』は、乾燥した地域での栽培に適した品種です。

皮が薄いと、乾燥した地域では実から水分が奪われてしまいます。

なので、『オレンジ』は皮が厚いのですね。

 

大きさの違い

『みかん』に比べ、『オレンジ』には実が大きい品種が多いです。

『みかん』は、手にすっぽりと収まるくらいの大きさですが、『オレンジ』はその倍の大きさがあります。

 

香りや味の強さ

『みかん』は甘酸っぱい味と爽やかな香りが特徴ですね。

しかし、

『オレンジ』が味は濃厚で、香りも強い品種が多いです。

その特徴を活かし、ジャムやソースに使われるのも『オレンジ』が多いですね。

 

種の有無

『みかん』には、種のない実がなる品種が多いです。

『温州みかん』は、その代表ですね。

『オレンジ』は、実の中に種が入っています。

 

シネフィリン

『温州みかん』には、『シネフィリン』という成分が含まれています。

『シネフィリン』は、喉によい成分で、風邪の予防などに効果があります。

はなこ
『みかん』も『オレンジ』も、同じミカン科に属するのね。
柑橘類の仲間ということだね。

でも、『みかん』の方が食べやすくて僕は好きだな。

たろう

 

『みかん』と『オレンジ』の味や見分け方

『みかん』も『オレンジ』も、甘酸っぱい味が特徴です。

しかし、『オレンジ』の方が味が濃厚で、香りも強いですね。

 

『みかん』も『オレンジ』も、採りたてが一番おいしいです。

収穫してから時間が経つと、酸味が失われていき、味がボケてしまいます。

ですから、スーパーなどで売られているものよりも、

農家から直接購入したほうが美味しい『みかん』や『オレンジ』

が手に入ります。

そうは言っても、農家から直接仕入れるなんて、なかなか難しいですけどね。

 

見分け方は非常に簡単です。

みかん

みかん

『温州みかん』の場合、完全な球ではなく、少し潰れた形をしているのが特徴です。

皮が薄いので、指で押さえると簡単にへこむくらい柔らかいのも見分けるポイントになりますね。

 

オレンジ

オレンジ

『オレンジ』は、ほぼ球の形に近いです。

皮が厚いため、『みかん』に比べて表面は固く、大きさも重さも『オレンジ』の方が上です。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『みかん』も『オレンジ』も、同じミカン科の果実である。
  • 『みかん』は、皮が薄く、『オレンジ』は、皮が厚い
  • 『みかん』よりも『オレンジ』のほうが実が大きい
  • 『みかん』よりも『オレンジ』のほうが香りが強く、味も濃厚である。
  • 『みかん』には、種のない品種が多い。
  • 『温州みかん』にはシネフィリンという成分が含まれている。

『みかん』も『オレンジ』も、ビタミンCをはじめとして栄養がたっぷり含まれています。

ぜひ、積極的に食べてくださいね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.