違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

モニター

その他の違い

液晶モニターのTNとIPSの違いをわかりやすく解説!特徴や選び方を紹介

今では、テレビと言えば『液晶モニター』が主流となりました。

テレビを見るときも、ゲーム機やパソコンを使うときも、お世話になっている人は多いのではないでしょうか。

この『液晶モニター』には、『TN』『IPS』と呼ばれる種類があります。

名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、それぞれの特徴は知っていますか?

 

はなこ
『液晶モニター』を買おうと思うんだけど、パネルの種類に『TN』と『IPS』があるのよね。

どっちの方がいいのかな?

なんだいそれは?

『TN』とか『IPS』なんて、聞いたことがないよ。

たろう
はなこ
私も、名前しか知らないのよね。

やっぱり、調べてみるしかないのかな。

 

今回は、『液晶モニター』の『TN』と『IPS』について違いを解説し、その特徴や選び方を紹介します。

スポンサーリンク

【液晶モニター】『TN』と『IPS』の違い

『TN』と『IPS』について解説する前に、まずは『TFT液晶』について簡単に紹介しましょう。

 

『TFT液晶』とは?

『Thin-Film-Transistor液晶』の略語で、直訳すると『薄膜トランジスタ液晶』になります。

『液晶』は、

固体と液体の中間にある状態の物質

です。

『液晶モニター』の画面全体には、液晶が塗布されていて、何もしない状態では、

分子がガラス面と平行に並んだ状態

になっています。

しかし、『液晶』に電圧がかかると、その部分の液晶分子は向きを変えます。

この、

液晶分子の向き

によって、光の強弱が制御されるわけです。

電圧を掛けるために使われるのが『薄膜トランジスタ』です。

『薄膜トランジスタ』は、大雑把に言えば電気のON/OFFを制御するスイッチみたいなものです。

液晶画面には、一つの画素に対して、3つのサブ画素があり、それぞれが赤・青・緑に対応します。

それぞれのサブ画素の電圧をコントロールして、光の強弱を付け、画面に様々な色の画像を表示しているわけですね。

 

そして、『TN』と『IPS』の違いは、『液晶』分子の配列の仕方にあります。

『TN』とは?

『Twisted Nemati』の略語で、液晶分子はガラス面に平行で、バックライト側から少しずつねじれていく形で配置されています。

電圧がかかっていない時、液晶分子はガラス面に平行なままです。

そのため、

バックライトの光の波は液晶分子によって90°回転し、偏光板から光が通過します。

これがいわゆる『白色』の状態になります。

電圧がかかると、液晶分子はガラス面に垂直になります。

すると、

光の波は回転しなくなり、偏光板によって光が遮断されます。

これが『黒色』の状態になるわけですね。

 

『IPS』とは?

『In Plane Switching』の略語で、液晶分子がガラス面に平行なのは『TN』と同じですが、向きは全て揃って配置されています。

『IPS』の場合、液晶分子はガラス面に垂直になるのではなく、ガラス面とは平行なまま向きを90°回転させます。

電圧がかかっていない時、光の波は偏光板に遮られ、光は通過しません。

ですから、『TN』とは異なり、電圧がOFFのときは『黒色』になります。

電圧がかかると、液晶分子が90°回転することで光の波は偏光板を通るようになり、光が通過します。

このとき、『白色』の状態になるわけです。

 

『TN』と『IPS』の違い

『TN』と『IPS』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『TN』と『IPS』の違い

  • 『TN』は『IPS』よりも安価に製造できる。
  • 『IPS』は『TN』よりも色の再現性がよい。
  • 『TN』は応答速度が速い。
  • 『IPS』は視野角が広い。

 

次に、それぞれの特色について見てみましょう。

 

『TN』と『IPS』の特色

『TN』と『IPS』の特色としてはどんなものがあるでしょうか?

 

製造コスト

『TN』は、『液晶モニター』の製造法の中でも非常に長い歴史を持ちます。

そのためノウハウも多く、比較的安価に製造できるという特徴があります。

『IPS』は、『TN』に比べると製造コストは高めになります。

よって、

販売価格も、『IPS』に比べると『TN』のほうが安くなりますね。

 

色の再現性

発色のよさは『IPS』に軍配が上がります。

『TN』は、『IPS』と比較すると、どうしても見劣りしますね。

できるだけきれいな画面で見たいという場合には、『IPS』がおすすめになります。

 

応答速度

応答速度とは、画面が切り替わる速さのことです。

画面は、非常に速いスピードで再描画されています。

この描画のスピードが速いほど、マウスのカーソルやキー操作の素早い動きに追従できることを意味します。

応答速度は、『TN』のほうが速いです。

 

視野角

視野角とは、画面を斜め方向から見ることができる範囲のことです。

視野角が広いほど、『液晶モニター』が自分の斜め横にあったときでも、画面を見ることができます。

特に、マルチモニタで作業する場合、視野角が重要になります。

視野角は、『IPS』のほうが広いですね。

 

『TN』と『IPS』の特徴を表にまとめると、次のようになります。

『TN』と『IPS』の特徴

TNIPS
製造コスト
色の再現性
応答速度
視野角

 

『TN』と『IPS』の選び方

マルチモニタ

マルチモニタ

『TN』と『IPS』、どちらを選べばいいのでしょうか?

 

『TN』方式は、速い応答速度を活かして、FPSや格闘ゲームなどをする場合に向いているでしょう。

画面の応答速度は、ゲームの勝敗に大きく影響します。

画像や動画の作成、写真の加工などには、色の再現性のよい『IPS』のほうが良いでしょう。

また、

マルチモニタで作業する場合、視野角の広い『IPS』がおすすめですね。

 

しかし、『IPS』は値段が高い点がネックです。

そこで2台とも『IPS』にするのではなく、

メインモニタに『TN』を使い、サブモニタとして『IPS』を使う

と、バランスよく配置できるでしょう。

 

どの『液晶モニター』が合うかは、用途によって大きく異なります。

まずは自分の用途を考えた上で、モニターを選ぶようにしましょう。

 

はなこ
私は、写真の加工なんかもしたいから、『IPS』にするわ。
ゲームをするのでないなら、それが妥当だろうね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『TN』と『IPS』の特色は次の通り。
TNIPS
製造コスト
色の再現性
応答速度
視野角
  • ゲームをするなら『TN』の方がおすすめ。
  • 画像・動画加工などに使うなら『IPS』の方がおすすめ。

『液晶モニター』も随分と安く購入できるようになりました。

この記事を参考に、ぜひ自分に合った製品を購入してくださいね。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.