違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

強制決済で頭を抱える男性

その他の違い

修正と訂正の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方をチェック

『修正』と『訂正』という言葉、ビジネスの中ではよく登場しますよね。

「この資料、ここを『修正』して下さい。」

「先ほどの説明に誤りがあったので『訂正』します。」

などと使われます。

この2つの言葉、意味が非常によく似ていますよね。

両者の違いについて、正しく知っていますか?

 

はなこ
この資料、間違ったところに印を付けたから、『修正』しておいてくれる?
分かりました。

じゃあ、午前中には『訂正』しておきますね。

たろう
はなこ
そう言えば、『修正』と『訂正』って、意味がほとんど同じよね。
確かにそうですね。

違いについて聞かれても、答えられないです。

たろう
はなこ
じゃあ、これも記事にしましょう。

今日中に、『修正』と『訂正』の違いについてまとめてくれる?

 

今回は、『修正』と『訂正』の違いについて解説し、正しい使い分け方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『修正』と『訂正』の違い

まずは、『修正』と『訂正』の意味について見てみましょう。

 

『修正』とは?

よくない点を改めること

を意味します。

文章や発言、考え、方向などにあった、誤り、不適当、不十分な点を改めるのが『修正』です。

 

『訂正』とは?

誤りを正しくなおすこと

を意味します。

文章や発言にある誤りを正しくなおすのが『訂正』です。

 

『修正』と『訂正』の違い

『修正』と『訂正』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『修正』と『訂正』の違い

  • 『修正』の対象には、必ずしも誤りが含まれるわけではないが、『訂正』の対象には必ず誤りがある
  • 『修正』は相手に対して使い、『訂正』は自分に対して使うのがよい。
  • 『修正』は場所や方向に対しても使えるが、『訂正』は使えない。

 

誤りの有無

『修正』は、よくない点を改めることなので、対象に誤りが含まれない場合もあります。

誤りでなくても、内容が不適切であったり不十分だった場合に『修正』という言葉を使います。

それに対して、

『訂正』する対象には必ず誤りがあります。

『修正』のほうが、『訂正』よりも対象が広いと考えることができますね。

 

使う場面の違い

『修正』は、自分がする場合と相手がする場合のどちらでも使うことができます。

(私が)ここを『修正』します。

ここを『修正』して下さい。

のどちらも意味としては間違いではありません。

『訂正』についても同様です。

(私が)ここを『訂正』します。

ここを『訂正』して下さい。

という具合にどちらも使うことは可能です。

 

しかし、

(私が)ここを『修正』します。

よりも

(私が)ここを『訂正』します。

のほうが、

自分の誤りを素直に認めている印象

を与え、謝罪の意味が含まれる表現になります。

逆に、

ここを『訂正』して下さい。

では、

「誤っているからなおしなさい」というニュアンスが感じられ、上から目線の印象

を与えてしまうため、

ここを『修正』して下さい。

のほうが適した使い方になります。

 

利用できる範囲

『修正』は、『訂正』に比べて利用できる範囲が広いという違いがあります。

例えば、

「人工衛星の軌道が『修正』された。」

とは言いますが、

「人工衛星の軌道が『訂正』された。」

とは言いませんね。

このように、

『修正』は文章や発言、考えの他に、場所や方向などにも使うことができます。

 

はなこ
『修正』は相手に対して、『訂正』は自分に対して、が基本ということね。
じゃあ、いくつかの例文で使い分け方をチェックしてみようか。
たろう

 

『修正』と『訂正』の正しい使い分け方

○✕問題

○✕問題

それでは、次の文章の()に『修正』と『訂正』のどちらを入れたほうが適切かを考えてみましょう。

 

この文章を(  )するよう、彼に伝えてくれますか?

この場合、依頼先は第三者になりますね。

自分ではなく他人に指示するわけですから、『修正』の方が柔らかい表現になります。

『訂正』でも間違いではありませんが、少し強い口調に感じられますね。

 

パンフレットに誤りがありましたので、(  )してお詫び申し上げます。

お客さんに、パンフレットの不備を知らせる場面ですね。

誤りをなおしたわけですから、『訂正』のほうがふさわしいですね。

それに『修正』よりも『訂正』の方が、謝罪の気持ちが伝わります。

 

論点がずれてきたので、いったん(  )しましょう。

会議などで、議題から離れていったときの言葉ですね。

議題の方向からずれたために、

その方向をなおすという意味になりますから、

この場合は『修正』が正しいですね。

 

ここに(  )印を押して下さい。

書類に誤りがあったとき、その誤りを正すとともに、印鑑を押す場合がありますね。

これは『修正』印でしょうか、それとも『訂正』印でしょうか?

 

誤りに対してなおした場合の印ですから、この場合は『訂正』印が正しいです。

『修正』印という言葉もないわけではありませんが、圧倒的に『訂正』印のほうが多く使われます。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『修正』は、よくない点を改めることである。
  • 『訂正』は、誤りを正しくなおすことである。
  • 『修正』の対象には、必ずしも誤りが含まれるわけではないが、『訂正』の対象には必ず誤りがある
  • 『修正』は、相手に対して使い、『訂正』は、自分に対して使うのがよい。
  • 『修正』は、場所や方向に対しても使えるが、『訂正』は使えない。

『修正』と『訂正』、これで正しく使い分けることができますね。

これらの言葉を使う時は慎重に選ぶようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.