違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

イルカとクジラとシャチの違い

その他の違い

イルカとクジラとシャチの違いを分かりやすく解説!大きさなどを比較

  • 水族館で人気者の『イルカ』
  • 世界最大の動物である『クジラ』
  • 海のギャングと呼ばれる『シャチ』

以上は、見た目がよく似ている生き物ですが、それぞれの違いを知っていますか?

イルカ、クジラ、シャチを別々の生き物として見分けることができても、具体的な違いについて知っている人はなかなかいません。

そこで今回は、

イルカ、クジラ、シャチの違い

について解説していきます。

スポンサーリンク

イルカとクジラとシャチの生物学上の違い

生物学上の分類を簡単に説明すると、

イルカとシャチは、クジラの仲間

です。

具体的に見ていきましょう。

 

クジラは生物学上の分類で『クジラ目』に分類されています。

その『クジラ目』に属する生物は、さらに二つに分類されています。

そのひとつが

『ヒゲクジラ亜目』

です。

その名のとおり、ヒゲの生えたクジラのことで、有名なシロナガスクジラなどがいます。

もうひとつは

『ハクジラ亜目』

です。

こちらもその名のとおり鋭い歯が特徴的です。

そして、

イルカとシャチは、この『ハクジラ亜目』に分類されています。

そのため、イルカもシャチも『クジラの仲間』というわけです。

 

イルカとクジラとシャチの大きさの違い

続いては、見た目にもわかりやすい、イルカとクジラとシャチの大きさの違いについて、みていきましょう。

イルカの大きさ

イルカ

鋭い歯を見せるイルカ

イルカについては、水族館のイルカショーなどで見たことがあるのではないでしょうか。

水族館などでよく見られるイルカのほとんどは『バンドウイルカ』という種類のイルカです。

このバンドウイルカの体長はおおよそ

2~4メートル

ですので、私たちよりもかなり大きいんですね。

クジラの大きさ

ザトウクジラ

海中を遊泳するザトウクジラ

クジラには、いろんな種類があります。

そのなかでもシロナガスクジラは体長が

30メートル以上

になることもあり、世界で最も大きい動物として知られています。

反対に最も小さい種類のゴンドウクジラは

体長2~5メートル

で、イルカと同じくらいの大きさですね。

 

シャチの大きさ

シャチの体長は性別によって少し違い、

メスが5~6メートル、

オスが6~7メートル

です。

イルカより大きく、一般的なクジラよりは小さいですね。

 

大きさのまとめ

このように、基本的には

クジラ>シャチ>イルカ

という大きさの違いがあります。

しかし、特にクジラは種類によって、大きさがかなり変わってくることを覚えておきましょう。

 

イルカとクジラとシャチの食生活の違い

次は、イルカ、クジラ、シャチが食べているものに注目して見ていきましょう。

その体の大きさと食生活は関係があるのでしょうか。

イルカの食生活

イルカにも様々な種類がいますが、

基本的には肉食で、

主に魚、イカ、タコ

などを食べて暮らしています。

また水分は、食べた魚がもっている水分や、脂肪が燃焼したときの代謝水と呼ばれる水から補給しています。

クジラの食生活

クジラは種類によって少し違ってきます。

ハクジラ亜目のクジラは、

カツオやマグロ

といった大きな魚を食べています。

一方ヒゲクジラ亜目の多くは、

サンマやイワシ

などの比較的小さな魚を食べています。

しかし、最も大きなシロナガスクジラの主食は

オキアミなどのプランクトン

です。

大きな体なのに、とっても小さなものを食べているなんて意外ですよね。

シャチの食生活

シャチは『海のギャング』と呼ばれるイメージどおり、

とても肉食な生き物

です。

アザラシやアシカ、サメなどのほかに、なんとイルカやクジラまでも捕らえて食べてしまいます。

また、シャチは天敵がいないことから、

海の食物連鎖の頂点

とされています。

 

イルカとクジラとシャチの生態系の違い

最後は、それぞれの生態系について見ていきましょう。

クジラ、イルカ、シャチは、いずれも知能が高く、仲間同士でコミュニケーションをとったり遊んだりしています。

イルカの生態系

イルカは水族館のイルカショーで知られるように、とても学習能力が高い生き物です。

仲間とは、

『音』でコミュニケーション

をとっていて、自分を表現する音を使います。

この自分を表現する音は、人間でいう『名前』のようなものです。

ほかのイルカに、自分の存在をアピールすることに使われています。

 

また、群れで生活しているイルカはその群れのなかで

『いじめ』

のようなことが起こることがあります。

弱いイルカに、集団で噛みついたりして命の危機にまで追いやることがあるのです。

とても可愛らしいイメージからは、考えられないですよね。

 

その一方で、浜辺に打ち上げられ海に戻れなくなった仲間を助けようとして、何十頭ものイルカが集団で打ち上げられてしまうなど、

普段は、とても仲間思い

の生き物なんですよ。

親から、はぐれてしまったクジラの子供を、3年にわたって育てていた様子が記録されるなど、イルカは他の生き物にも優しい一面があります。

クジラの生態系

クジラも、イルカと同じく『音』を出してコミュニケーションをとっています。

中でも、ザトウクジラなどの限られた種類のクジラは、

『クジラの歌』

とも呼ばれるメロディを発することがあります。

 

そして、このザトウクジラは、シャチが他の生き物を襲っていると、

その生き物をシャチから守る

という習性があると言われています。

実際に、シャチが狩りをしている場面にザトウクジラが現れ、シャチを追い払おうとしている場面が、何度も目撃されているのです。

現時点では、この行動にどのような理由があるのかはわかっていません。

今後の研究に注目したいものですね。

シャチの生態系

シャチは、

イルカよりも利口

な生き物です。

シャチの『音』には、生活する区域によって方言があるのです。

その違いで、仲間かどうかを認識しています。

 

性格は狂暴で復讐心が強く、

漁師などによって、仲間が傷つけられる行為を受けると、何日もその船に付きまとい、その漁師たちの漁を妨害し続けます。

しかし、

シャチは人間を襲ったりしません。

そのイメージからは意外ですが、実はシャチが人間を食べた記録は一つも無いのです。

スポンサーリンク

おわりに

それぞれの違いに加えて、意外なところも発見できたのではないでしょうか。

最後に、イルカ、クジラ、シャチはどれも

『半球睡眠』

という共通点があります。

これは敵に襲われないように片目で眠り、左右の脳を交互に休ませる方法です。

とても便利な方法ですが、残念ながら私たち人間にはできません。

イルカやシャチのようにはいきませんが、毎日しっかり体と頭を休めて、明日を迎えましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.