違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ENGLISH

英語の違い

【英語】jobとworkの違いをわかりやすく解説!使い分け方の例文紹介

英語の『job』と『work』。

どちらも『仕事』を表す単語ですね。

しかし、同じ『仕事』でも、『job』と『work』では微妙に意味が異なります。

いったい、どんな違いがあるのでしょうか?

 

はなこ
『仕事』って意味の英単語に『job』と『work』があるでしょ。

あの2つの違いがよくわからないのよね。

相手に職業を尋ねる時は『job』を使うんじゃなかったかな?
たろう
はなこ
そうなの?

じゃあ、『work』ではどうしていけないの?

そう聞かれると、僕も説明できないよ。
たろう
はなこ
じゃあ、何が違うのか、ちょっと調べてみましょうか。

 

今回は、英語の『job』と『work』の違いを解説し、その使い分け方を、例文を使って紹介します。

スポンサーリンク

【英語】『job』と『work』の違い

『job』も『work』も、同じ『仕事』を表す単語でしたね。

しかし、実はそれぞれ次に示すニュアンスになります。

 

『job』とは?

仕事内容、一つの作業、ポジションなどを表し、主に職業や職種を特定する時に使われます。

例えば、

What is your job?

といえば、

『あなたの職業はなんですか?』

と質問したことになるので、

I am an enginner.(私はエンジニアです。)

などと答えればいいですね。

 

名詞として使うことが多いですが、動詞として使うこともできます。

I jobed him.

と書いて、

『私は彼を雇いました。』

という意味になります。

 

『work』とは?

仕事や働くこと全体を表す単語で、『job』よりも広義の意味を持ちます。

『job』は、仕事の対価として金銭を受け取ることが前提ですが、『work』の場合はそうであるとは限りません。

例えば、共同作業や何らかの活動に対しても『work』が用いられます。

I have a lot of work to do today.

という例文はよくある慣用句で、

『私は今日、やらなければならないことがたくさんある。』

という意味になりますが、ここでの『work』は『職業』というよりは『作業』というニュアンスのほうが強いですね。

先ほど『job』で示した例文を『work』に置き換えると、

What is your work?

となりますが、こういった尋ね方はあまりしません。

 

『job』と『work』の違い

『job』と『work』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『job』と『work』の違い

  • 『job』は動詞で『雇う』という意味、『work』は動詞で『働く』という意味。
  • 『job』は可算名詞で、『work』は不可算名詞
  • 『work』には『作品』という意味がある。

 

動詞での意味の違い

『job』は、動詞では『働く』という意味になりません。

なので、

I work in Tokyo.(私は東京で働いています。)

とは言いますが、

I job in Tokyo.

とは言いません。

 

可算名詞と不可算名詞

『job』は可算名詞です。

ですから、『job』の前には『一つの』を表す『a』を付けることができますし、複数形にすることもできます。

He has two jobs.(彼には2つの職業がある。)

これは正しい使い方ですが、同じ意味として

He has two works.

というのは正しくありません。

 

『作品』という意味

『work』には『作品』という意味があります。

そして、『作品』は数えられるので、可算名詞になります。

He has two works.

は、

『彼には2つの作品がある。』

という意味であれば正しいことになります。

 

はなこ
なんとなく、違いが分かってきたわね。
あとは、例文を使ってチェックしてみようか。
たろう

 

『job』と『work』の使い分け方の例文を紹介

仕事

仕事

次の()の中には、『job』と『work』のどちらが入るでしょうか?

 

My (  ) is painter.(私の仕事は画家です。)

この場合、職業という意味になりますから、『job』が正しいですね。

 

I hate my (  ).(私は、自分の仕事が嫌いです。)

この場合も、職業という意味に近いですから、『job』が正解です。

 

You have (  ) that day.(あなたはその日、仕事があります。)

ここでは、作業というニュアンスに近いので、『work』の方が正解です。

 

I had a lot of (  ) to do yesterday.(昨日は、たくさんのやるべきことがありました。)

これは、前にも登場した慣用句ですね。

正解は『work』です。

 

I (  ) hard to get a (  ).(私は、仕事を得るために頑張っています。)

今度は2箇所に空欄があります。

『to get a (  )』の方は、『仕事を得るために』という意味になります。

職業を得るということですから、『job』が正解です。

そのために『頑張っている』、つまりいろいろと動いているという意味になり、前側の()には『work』が入ります。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『job』とは、仕事内容、一つの作業、ポジションなどを表し、主に職業や職種を特定する時に使われる。
  • 『work』は、仕事や働くこと全体を表す単語で、『job』よりも広義の意味を持つ。
  • 『job』は動詞で『雇う』という意味、『work』は動詞で『働く』という意味。
  • 『job』は可算名詞で、『work』は不可算名詞
  • 『work』には『作品』という意味がある。

『仕事』という単語は、他にも『career』や『business』など、様々な単語があります。

一度、それぞれの意味を整理してみるといいですよ。

関連記事

-英語の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.