違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

容疑者と被疑者の違いをわかりやすく解説!被告人と被告も違う!

世の中では、絶えず何かしら事件が起きてしまいますよね。

そんな事件報道の時に、よく

『容疑者』『被疑者』『被告人』『被告』

という言葉が出て来ます。

また、テレビなどでは、逮捕された人を『〇〇被告』などと言ったりもします。

 

どれも『犯罪をした疑いのある人』という意味のはずですが、なぜこんなにいろいろな言葉があるのでしょうか?

どんな時に、どの言葉を使うかは、決まっているのでしょうか。

 

ということで今回は

  • 容疑者
  • 被疑者
  • 被告人
  • 被告

という言葉について、違いや使い分けをお伝えします。

 

同じようでいて、実はけっこう違いがあるので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

『容疑者』と『被疑者』の違いとは?

『容疑者』と『被疑者』って同じ?違う?

まず、『容疑者』と『被疑者』という言葉について、お話しします。

『容疑者』と『被疑者』にはどんな違いがある?

『容疑者』と『被疑者』はどちらも

『警察に犯罪をしたと疑いを掛けられている人』という点では同じ意味です。

 

でも、いくつか違いがあります。

まず、表でざっと見て見ましょう。

 

容疑者被疑者
意味警察から犯罪をしたと疑いを掛けられ、逮捕された人のこと

『出入国管理及び難民認定法』に違反したという疑いを掛けられた外国人のこと

犯罪の疑いが強まって捜査対象になった人

犯罪の疑いで逮捕された人

犯罪の疑いで警察や検察に取り調べを受けている人

どんな立場の人が使うか主にマスコミや一般の人

(入管法違反に関しては、警察や検察、司法の場などでも使う)

警察や検察、刑事手続きや司法の場など
どの段階から使うか警察に逮捕されてから犯罪をしたという疑いが固まった時点から

 

このように、細かいところで違いがあるのです。

では、これらの違いについて詳しくお話していきましょう。

『容疑者』と『被疑者』の意味はどう違う?

『容疑者』と『被疑者』の意味が違うところは、

容疑者

⇒主に『逮捕された人』という意味で使われる

被疑者

⇒捜査対象になったり取り調べを受けたりしている人に対して使う

ということです。

 

『容疑者』と『被疑者』の意味は、それぞれ複数あります。

 

『容疑者』は

  • 警察から『犯罪をした』と疑いを掛けられて、逮捕された人
  • 『出入国管理及び難民認定法』に違反したという疑いを掛けられた外国人

を指す言葉です。

 

ニュースで『容疑者』という言葉を聞く時は、最初の『警察に犯罪の疑いで逮捕された人』という意味で使われています。

 

『被疑者』には3つの意味があり、

  • 犯罪の疑いが強まって捜査対象になった人
  • 犯罪の疑いで逮捕された人
  • 犯罪の疑いで警察や検察に取り調べを受けている人

 

つまり、『容疑者』よりも『被疑者』のほうが、範囲が広い言葉なのです。

使われる場面の違い

『容疑者』と『被疑者』は、使われる場面でも違いがあります。

容疑者

⇒マスコミの報道でよく使われる(入管法違反などの場合は、警察などでも使う)

被疑者

⇒警察や検察などの機関、刑事手続きや法的な場面などで使う

 

『容疑者』はマスコミでよく使っていますが、本来は『被疑者』で良いはずです。

でも、テレビで『〇〇被疑者が…』と言うことは、ほとんどありません。

 

なぜマスコミなどが『被疑者』ではなく『容疑者』と言うかというと、

音声で聞いた人が『被疑者』と『被害者』を聞き間違えるのを防ぐためです。

『ひぎしゃ』と『ひがいしゃ』って、音が似ていますからね。

 

でも、警察や検察などでは、『被疑者』という言葉を使います。

どの段階から使うかの違い

マスコミが使う『容疑者』と、警察や検察などで使う『被疑者』では、どの段階から使うかも違います。

マスコミの言う『容疑者』

⇒逮捕されてから起訴されるまで

警察や検察の言う『被疑者』

⇒犯罪をした疑いが固まって、捜査対象になった時点から起訴されるまで

 

マスコミでは、事件があっても逮捕されるまでは、容疑者の名前などは報道しないですよね。

おそらく、

逮捕される前に報道すると、それだけで周りから犯人扱いされてしまいかねない

からなのでしょう。

『〇〇容疑者』という呼び方も、逮捕されるまでは使いません。

 

一方、警察や検察では、

『あの人が犯罪をした可能性が強い』という段階から『被疑者』

と呼ぶようになります。

 

そして『容疑者』も『被疑者』も、起訴されるまでの呼び方です。

起訴されて以降は、『被告人』『被告』という言い方になります。

 

『被告人』『被告』の違いとは?

『被告人』と『被告』って違うの?

ここからは、『被告人』『被告』の違いについてお話ししましょう。

『被告人』と『被告』はどう違う?

『被告人』と『被告』は、言葉としては『人』が付くか付かないかだけの違いですよね。

意味も似ていて、どちらも、

『起訴された人』という意味であるという点では、同じです。

 

でもなんと、この2つにも違いがあります。

 

どう違うかというと、

被告人

⇒刑事訴訟で起訴された人のこと

被告

⇒民事訴訟・行政事件訴訟で訴えられた人のこと

 

つまり、『刑事事件か、民事や行政事か』というところで『人』が付くか付かないかが変わるんですね。

マスコミで『被告』と呼ぶのはなぜか

「でも、刑事事件でも、テレビでは『〇〇被告』とか『被告は…』とかって言ってたよ?」

と思ったあなた、鋭い!!

 

テレビなどのマスコミでは、刑事事件であっても『被告』という言葉を使うことが多いです。

 

なぜ『被告人』ではなく、あえて『被告』と言うかというと、

『被告人』と言うと、『非国民』と聞き間違えられてしまいかねないから

とのこと。

『被疑者』と『被害者』の聞き間違えを防ぐのと同じ理由ですね。

『犯人』という言葉について

『被告人』や『被告』と似ているような感じがする『犯人』という言葉についても、ここでチェックしておきましょう。

 

『犯人』とは『犯罪をした人』、正確に言うと、『犯罪をしたと確定した人』です。

 

「そのくらいわかるよ!」

っていう声が聞こえてきそうですね。

でも、この『犯人』という言葉の意味をしっかりわかっておくことは大事なんですよ。

 

なぜ大事かというと、

『容疑者』や『被疑者』、『被告(人)』と『犯人』を混同してしまうと、無罪の人まで犯罪者扱いしてしまいかねないからです。

 

その人が犯罪をしたかどうかが確定するのは、裁判で判決が出た時。

それまでは『容疑者』や『被疑者』、『被告(人)』であっても、『犯人』ではありません。

 

ところが実際は、『被疑者』『容疑者』になった時点で『犯人』扱いされてしまうことも多いですよね。

特に大きな事件だと、犯人だと決まったかのような報道がされてしまうこともあります。

 

でももし、その人が『犯人』ではなかったら?

『容疑者や被告=犯人』という誤解があったり、犯人扱いするような報道をうのみにしたりすると、その人に社会的な不利益を与えてしまいます。

場合によっては、何の罪も犯していないのに疑われた人の、人生まで変えてしまいかねません。

 

ですから、

『裁判が終わるまでは、犯人と確定したわけではない』

ということを、マスコミも私達も、忘れてはいけないのです。

 

日本の司法は、判決が出るまでは『無罪の推定』が原則。

ポイント

『無罪の推定』とは、

罪が確定するまでは、無罪であることを前提に人権を保証する考え

のことです。

報道の仕方も受け取り方も、『無罪の推定』の原則に立ったものにしていく必要がありますね。

 

なお、『犯人』という言葉は警察でも使うことがあります。

事件が起きて、まだ誰が犯罪をした可能性があるのかが不明な時です。

ただしそれは、あくまでも内輪で使う言葉なので、公的な使い方ではありません。

 

『容疑者』『被疑者』『被告人』『被告』はどう使い分けてる?

それぞれの言葉はどう使い分けてるの?

さて、ここまで

  • 容疑者
  • 被疑者
  • 被告人
  • 被告

と、いろいろな言葉が出て来ましたね。

 

最後にこれらの言葉について、整理しておきましょう。

『犯人』という言葉も含めて、お話しします。

『容疑者』『被疑者』『被告人』『被告』『犯人』の意味を確認

まず、それぞれの言葉について、表で見てみます。

 

なおここでは、

ピンク

⇒マスコミがよく使う言葉

⇒警察や検察、刑事手続き、法的な場面で使う言葉

と色分けしてあります。

 

意味
容疑者犯罪をした疑いを掛けられて、警察に逮捕された人入管法違反の疑いを掛けられた外国人
被疑者警察から、犯罪の疑いを掛けられて捜査の対象になった人や、取り調べをされている人のこと
被告人刑事事件で検察に起訴された人
被告検察に起訴された人民事事件や行政事件で検察に起訴された人
犯人特定の人が犯罪をした疑いが固まる前の段階での、『犯罪をした誰か』のこと(内輪で使う言葉)裁判で判決が出て、犯罪をしたことが確定した人

どの段階でどの言葉を使うか

どういう場面で、どの段階でどの言葉を使うかも、ちょっとややこしいですよね。

これは図で見てみましょう。

矢印の上が、警察や法的な場面、刑事手続きなどで使う言葉、下が報道や一般の人が使う言葉です。

事件が起きてから判決が出るまでの言葉の使い分け

事件が起きてから判決が出るまでの言葉の使い分け

 

と、このようになっています。

 

この図では、マスコミなどが『容疑者』という言葉を使うのは、容疑者が逮捕された時点からとなっていますね。

でも事件について報道する時に、名前などは出さずに

「この事件の犯人は、どのような人物だろうか?」

というような言い方をすることはあります。

スポンサーリンク

まとめ

『容疑者』と『被疑者』は、どちらも『犯罪をした疑いのある人』のこと。

 

でも、

  • 警察などは『被疑者』という言い方をする
  • マスコミは『容疑者』という言い方をすることが多い

という違いがあります。

 

また、『被告人』と『被告』も、『事件で起訴された人』という意味ですが

被告人

⇒刑事手続きなどで使う法的な言葉で、刑事事件で起訴された人に使う呼称

被告

⇒法的な言葉としては、民事や行政事件で起訴された人に使う呼称だが、マスコミが使う場合は、刑事事件で起訴された人に使う呼称

という違いがあります。

 

そして、

  • 『容疑者』と『被疑者』は、起訴される前までの呼び方
  • 『被告人』と『被告』は、裁判が終わるまでの呼び方
  • 有罪が確定するまでは『犯人』ではない

ということも、押さえておきましょう。

 

こういう言葉って、似た言葉でも微妙に意味が違っていたりして、ややこしいですよね。

でも違いが判ると、ニュースもより正確に理解することができます。

ぜひ覚えておいてくださいね!

関連記事
懲役と禁固の違いをわかりやすく解説!意味や刑罰の重さをチェック

罪を犯すと、裁判で刑罰が決められますよね。 刑罰にも、いろいろな種類がありますが、中でも多いのが 懲役刑 禁固(禁錮)刑 です。   どちらも、ニュースや新聞で見聞きする言葉ですが、 『懲役 ...

続きを見る

関連記事
無期懲役と終身刑の違いをわかりやすく解説!刑罰の長さをチェック

時々、大きな罪を犯した人に対して 『無期懲役が言い渡された』 というニュースを聞くことがありますよね。 『無期懲役』は、日本の刑法では2番目に重い刑罰です。   ところで、『終身刑』という言 ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.