違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

明石焼き

食べ物の違い

明石焼きとたこ焼きの違いをわかりやすく解説!作り方や具材を比較

兵庫県明石市といえば、『明石焼き』が有名ですよね。

近くに立ち寄ったら、一度は本場の『明石焼き』を食べてみたい人も多いでしょう。

明石に近い大阪では『たこ焼き』が有名です。

この2つ、どちらも中にタコが入っている点では同じですね。

では、いったい何が違うのでしょうか?

 

はなこ
この間、明石に遊びに行ったの。

初めて『明石焼き』を食べたけど、美味しかったわ。

『たこ焼き』とは違うの?
たろう
はなこ
『たこ焼き』よりもフワフワだったわね。

それに、ソースじゃなくて出汁を付けて食べるの。

それじゃあ、全く別のものなのかな?
たろう
はなこ
そうね。

それじゃあ、2つの違いについて、もう少し調べてみましょうか。

 

今回は、『明石焼き』と『たこ焼き』の違いを解説し、それぞれの作り方や具材を比較してみましょう。

スポンサーリンク

『明石焼き』と『たこ焼き』の違い

まずは、『明石焼き』と『たこ焼き』それぞれについて、解説していきます。

 

『明石焼き』とは?

卵に小麦粉を混ぜて、タコを入れて焼いた、兵庫県明石市の郷土料理

です。

『玉子焼』とも呼ばれ、卵を多く使うので黄色くなるのが特徴です。

具は、基本的にタコのみであり、出汁に浸して食べます。

フワフワの食感が、人気の秘密ですね。

 

『たこ焼き』とは?

小麦粉の生地にタコや薬味を入れて、丸い形に焼いた大阪発祥の料理

です。

『たこ焼き』の創始者は、

大阪市西成区にある『会津屋』の初代、遠藤留吉

というのが通説です。

タコを入れて焼く『明石焼き』をヒントに、小麦粉を出汁で溶いてタコを入れて焼いたのが『たこ焼き』の始まりでした。

そのため、当時の『たこ焼き』は何も付けずに食べるのが普通でした。

 

『明石焼き』と『たこ焼き』の違い

『明石焼き』と『たこ焼き』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『明石焼き』と『たこ焼き』の違い

  • 『明石焼き』は明石発祥、『たこ焼き』は大阪発祥
  • 『明石焼き』はを、『たこ焼き』は小麦粉を多く使う。
  • 『明石焼き』は平べったい形であり、『たこ焼き』は丸い形である。
  • 『明石焼き』の方が、『たこ焼き』よりも柔らかい
  • 『明石焼き』は出汁に浸して食べるが、『たこ焼き』はソースや醤油を掛けて食べる。
  • 『明石焼き』の具は基本的にタコのみだが、『たこ焼き』にはネギや紅しょうがなどを入れる。

 

発祥地

発祥地については、前にも書いたとおりですね。

『明石焼き』は兵庫県明石市が発祥で、『たこ焼き』は大阪が発祥です。

『たこ焼き』は、『明石焼き』をヒントにしていることから、

歴史的には『明石焼き』のほうが古い

ということになりますね。

 

材料の違い

『明石焼き』は卵の分量が多いのに対し、『たこ焼き』は小麦粉の分量が多くなります。

具としてはどちらもタコを使います。

しかし、

『たこ焼き』は他にも、ネギや紅しょうがなどを加える点

が違います。

また、

『明石焼き』は出汁に浸して食べるのに対し、『たこ焼き』はソースや醤油を掛けて食べます。

『たこ焼き』の場合、出汁が最初から混ぜられている場合もあり、何も付けずに食べる店もまだ残っています。

 

形の違い

『明石焼き』は、非常に柔らかいのが特徴です。

そのため、

丸く作っても自分の重みで平たい形

になります。

『たこ焼き』は、『明石焼き』よりも固めなので、

丸い球の形をしていますね。

 

はなこ
『たこ焼き』は、『明石焼き』をヒントに作られたのね。
大阪が発祥だから、今でも大阪名物といえば『たこ焼き』が思い浮かぶんだね。
たろう

 

『明石焼き』『たこ焼き』の具材と作り方

たこ焼き

たこ焼き

『明石焼き』と『たこ焼き』の具材と作り方について見てみましょう。

 

『明石焼き』の具材と作り方

具材は次の通りです。

薄力粉 100g

卵 3個

タコ 100gほど

だし汁 400cc(2カップ)

塩 ひとつまみ

青ネギ 適量

 

作り方

  1. タコは下茹でして一口サイズに切ります。
  2. 青ネギを小口切りにします。
  3. 薄力粉をふるいに掛けます(ふるいがない場合は、ホイッパーでダマにならないように混ぜましょう)。
  4. 薄力粉にだし汁を少しずつ加えてよく混ぜます。
  5. 溶いた卵を加え、さらに混ぜます。
  6. できた生地を、冷蔵庫で30分ほど休ませます(時間がなければ省いてもいいです)。
  7. 焼き型に、薄く油を敷いて火にかけ、十分に熱したら8分目くらいまで生地を流し込みます。
  8. タコを一つずつ入れます。
  9. 型の縁ギリギリまで、さらに生地を流し込みます。
  10. 表面が膨らんできたら、裏返してさらに焼きます。
  11. 表面が、鮮やかな黄色になったら完成です。

焼き型は、『たこ焼き』で使うプレートで十分でしょう。

プレートがなければ焼くことはできませんので、用意するようにして下さい。

 

型を一度十分に熱したら、あとは弱火にしてから生地を流し込むようにしましょう。

強火で焼くと、フワフワの柔らかい『明石焼き』にならないので注意が必要です。

表面が膨らんできたら、乾いてしまう前の半熟のうちにひっくり返しましょう。

 

だし汁は、めんつゆや白だし、顆粒だしの素を使うといいでしょう。

ネギはだし汁の中に入れます。

 

『たこ焼き』の具材と作り方

具材は次の通りです。

薄力粉 100g

だし汁 400cc(2カップ)

水 400cc(2カップ)

顆粒だしの素 小さじ1

卵 1個

タコ 100g

万能ねぎ 1/4束

紅しょうが 40g

 

作り方

  1. タコは下茹でして一口大に、ネギは小口切りにします。
  2. 薄力粉をふるいに掛けます(ふるいがない場合は、ホイッパーでダマにならないように混ぜましょう)。
  3. だし汁、水、溶いた卵、顆粒だしの素を薄力粉に加えて混ぜます。
  4. 焼き型に油を敷いて火にかけ、十分に熱したら生地を流し込みます。
  5. 生地に少し火が通ったら、具のタコ・ネギ・紅しょうがを加えます。
  6. 生地の縁に火が通り、剥がれるくらいになったら、ひっくり返します。
  7. 十分に火が通ったら完成です。

焼き方は明石焼きのときと同様で、プレートを十分に熱したら弱火にしましょう。

具をいろいろと変えてみると、また違った味の『たこ焼き』ができますね。

 

はなこ
『たこ焼き』は、具をいろいろと変えてみると面白そうね。
キムチやチーズ、明太子が入った『たこ焼き』もあるみたいだね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『明石焼き』は明石発祥、『たこ焼き』は大阪発祥
  • 『明石焼き』はを、『たこ焼き』は小麦粉を多く使う。
  • 『明石焼き』は平べったい形であり、『たこ焼き』は丸い形である。
  • 『明石焼き』の方が、『たこ焼き』よりも柔らかい
  • 『明石焼き』は出汁に浸して食べるが、『たこ焼き』はソースや醤油を掛けて食べる。
  • 『明石焼き』の具は基本的にタコのみだが、『たこ焼き』にはネギや紅しょうがなどを入れる。

『明石焼き』も『たこ焼き』も、店だけではなく家で作ることができます。

チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.