違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ざるそば

食べ物の違い

ざるそばともりそばの違いをわかりやすく解説!由来と見分け方を紹介

日本の代表的な麺と言ったら、『そば』や『うどん』を挙げる人は多いのではないでしょうか。

その『そば』にも、いろいろな食べ方があります。

『かけそば』や『ざるそば』、『もりそば』などは定番のメニューですね。

『ざるそば』と『もりそば』、どちらも冷たい『そば』をつゆに浸して食べます。

では、『ざるそば』と『もりそば』の違いは何なのでしょうか?

 

はなこ
冷たい『そば』のことを『ざるそば』とか『もりそば』って言うじゃない?

あれって、何か違いがあるのかな?

海苔がかかっていたら『ざるそば』で、そうでないなら『もりそば』なんじゃないのかな?
たろう
はなこ
それだけの違いなのかな?

もう少し、詳しく調べてみましょうか。

 

今回は、『ざるそば』と『もりそば』の違いを解説し、その由来や見分け方について紹介します。

スポンサーリンク

『ざるそば』と『もりそば』の由来

そもそも、『ざるそば』や『もりそば』は、いつ誕生したのでしょうか?

『そば』は、少なくとも古墳時代にはすでに栽培され、食べられていました。

しかし、当時は『そば』の実をそのまま食べたり、砕いてお湯でこねた『そばがき』にして食べていました。

麺状にして食べる『そば切り』になったのは、江戸時代より少し前の頃からです。

 

『ざるそば』の由来

江戸時代の初期、東京の深川にあった『伊勢屋』という店が、

他の店との差別化を図るため

に、竹ざるに『そば』を盛って出すようになりました。

それまでは、『そば』は、せいろや皿に盛って出すのが一般的でした。

竹ざるに盛るので『ざるそば』

と命名されたわけです。

『もりそば』の由来

『そば切り』は、つゆに浸して食べるのが一般的でした。

しかし、この食べ方が面倒になった人たちが、

『そば』に直接つゆをかけて

食べるようになりました。

この食べ方は『ぶっかけそば』と呼ばれ、それが略されて『かけそば』が誕生したのです。

この『かけそば』と区別するために、せいろや皿に盛って出す『そば』のことを『もりそば』と呼ぶようになりました。

 

『ざるそば』と『もりそば』の違い

『ざるそば』と『もりそば』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『ざるそば』と『もりそば』の違い

  • 『ざるそば』は竹ざるに盛って出され、『もりそば』はせいろや皿に盛って出される。
  • 『ざるそば』には海苔がかけられているが、『もりそば』には海苔がない
  • 一般的に、『ざるそば』の方が『もりそば』よりも高級である

 

器の違い

前にも書いたように、『ざるそば』は、竹ざるに『そば』を盛って出されたのが始まりです。

そのため、

今でも『ざるそば』はざるで、『もりそば』はせいろや皿で提供されることが多いです。

ざるに盛ることで見栄えがよくなり、しかも水切れがよくなることから、当時は評判になったようですね。

 

海苔の有無

一般的に、『ざるそば』には海苔がかかっているものが、『もりそば』には海苔のないものが多いです。

全てに当てはまるわけではありませんが、実際にそのように区別している『そば屋』もたくさんあります。

『ざるそば』に海苔をかけ始めたのは明治時代以降のことになります。

 

ランクの違い

海苔の有無にも関係しますが、

『ざるそば』と『もりそば』を明確に区別し始めたのは明治時代以降のこと

と伝えられています。

『ざるそば』にだけ海苔をトッピングする他にも、異なるつゆを用いたり、『ざるそば』のほうに上質のそば粉を用いたりと、

『ざるそば』のほうが高級な食べ物

とされていたことがわかります。

今でも、このように区別している『そば屋』は多くありますよ。

 

はなこ
きちんとした定義はなさそうね。
もともとの由来から、なんとなく区別されてきたということかな?
たろう

 

『ざるそば』と『もりそば』の見分け方

もりそば

もりそば

『ざるそば』と『もりそば』は、どのように見分ければいいでしょうか?

見分けるポイントは、次の2つになります。

海苔の有無

器の違い

 

海苔の有無

『ざるそば』には海苔がかけられ、『もりそば』には海苔がかかっていないことが多いです。

ですから、

海苔の有無で『ざるそば』と『もりそば』を見分けることができます。

しかし、全ての『そば屋』がこのように区別しているわけではありません。

『ざるそば』に海苔がなかったり、逆に『もりそば』に海苔があったりする場合もあります。

特に明確に規定されているわけではありません。

あくまでも店の判断に依存しているため、完璧に見分けられるわけではありません。

 

器の違い

『ざるそば』はざるに盛られ、『もりそば』はせいろや皿などに盛られます。

『ざるそば』というくらいですから、どの店も普通なら、ざるで提供するでしょう。

ですから、海苔の有無よりも確実に見分けることができますね。

もちろん、これも明確な規定があるわけではないので、『もりそば』を頼んだのにざるで提供される場合もあります。

 

はなこ
結局、店の判断で名前が決まるようね。
でも、大半のお店はこの見分け方で大丈夫なんじゃないかな?
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ざるそば』は、他との差別化を図るために、竹ざるに盛って『そば』を提供したのが始まり。
  • 『もりそば』は、『かけそば』と区別するために呼ばれるようになった。
  • 『ざるそば』は、竹ざるに盛って出され、『もりそば』はせいろや皿に盛って出される。
  • 『ざるそば』には、海苔がかけられているが、『もりそば』には海苔がない
  • 一般的に、『ざるそば』のほうが『もりそば』よりも高級である

『ざるそば』と『もりそば』の違いについて、その由来とともに紹介しました。

『そば屋』に行った時は、本当に『ざるそば』と『もりそば』で違うのか、調べてみると面白いかもしれませんね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.