違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

うどん

食べ物の違い

『白だし』と『めんつゆ』の違いをわかりやすく解説!代用は可能?

料理にかかせない『白だし』や『めんつゆ』。

あなたも、よく利用しているのではないでしょうか。

この2つ、色は違いますが、味はよく似ていますよね。

あなたは、『白だし』と『めんつゆ』の違いを理解しているでしょうか?

 

はなこ
あら、『白だし』がもうないわ。

どうしよう、煮物を作ろうと思っていたのに。

それなら『めんつゆ』でも代用できるよ。

味は結構似ているからね。

たろう
はなこ
でも、『白だし』と『めんつゆ』では色がぜんぜん違うわよ。
作り方はどちらも、ほとんど変わらないんだ。
たろう
はなこ
そうなの?

じゃあ、いったい何が違うんだろう?

 

今回は、『白だし』と『めんつゆ』の違いについて解説し、本当に代用は可能なのか、見てみましょう。

スポンサーリンク

『白だし』と『めんつゆ』の違い

まずは、『白だし』と『めんつゆ』について見てみましょう。

 

『白だし』とは?

『白だし』は、昆布・シイタケ・鰹節などからとった出し汁に、みりんや塩で味付けし、白醤油や薄口醤油をまぜた調味料です。

黄金色の澄んだ液体で、色が薄いので料理に色が付くことがなく、だし巻き卵や茶碗蒸しなどでよく使われますね。

家庭で作ることもできますが、たいていはお店で購入するのではないでしょうか。

液体タイプが主流ですが、最近は粉末タイプの『白だし』も売られています。

『めんつゆ』とは?

『めんつゆ』は、昆布・シイタケ・鰹節などからとった出し汁に、みりんや塩で味付けし、濃口醤油をまぜた調味料です。

色のついた濃口醤油を使うので、色が濃いのが特徴ですね。

『めんつゆ』も家庭で作ることができますが、やはり市販のものを使うことが多いでしょう。

『白だし』と『めんつゆ』の違い

『白だし』と『めんつゆ』は、実は工程がほとんど同じです。

では、何が違うのでしょうか?

『白だし』と『めんつゆ』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『白だし』と『めんつゆ』の違い

  • 『白だし』は白醤油や薄口醤油を、『めんつゆ』は濃口醤油を混ぜる。
  • 『白だし』は黄金色の澄んだ色、『めんつゆ』は黒い色である。
  • 『めんつゆ』のほうが、『白だし』よりも甘めの味付けである。

 

『白だし』は白醤油や薄口醤油を混ぜて作られます。

しかし、

『めんつゆ』は濃口醤油を混ぜて作られます。

そのため、

『白だし』は黄金色の澄んだ色

なのに対し、

『めんつゆ』は黒い色

になります。

 

もちろん、味にも違いがあります。

『めんつゆ』は、『白だし』よりも、みりんや砂糖の量が多く、甘めの味付けになっています。

 

『めんつゆ』は、うどんやそばなどの麺類に使うため、万能調味料である『白だし』とは違い、水で薄めるだけでいいようになっています。

なので、最初から甘めの味付けになっているのですね。

『白だし』の場合、使う料理によって後で甘味を足して使うことになります。

 

はなこ
『白だし』と『めんつゆ』って、製法はあまり変わらないのね。
それなら、代用も可能なんじゃないのかな?
たろう

 

『白だし』と『めんつゆ』は代用可能?

煮物

煮物

『白だし』の代わりに『めんつゆ』を使うことは可能でしょうか?

また、逆に『めんつゆ』の代わりに『白だし』を使うことはできるのでしょうか?

 

『白だし』の代わりに『めんつゆ』で代用可能?

『白だし』がない場合、『めんつゆ』は代用可能な調味料の代表と言えるでしょう。

『白だし』と『めんつゆ』は、使う醤油の種類が異なるだけで、ベースとなる出し汁には大きな違いがありません。

 

しかし、気をつけなければならない点がいくつかあります。

『めんつゆ』には色が付いているので、量が多いと料理にも色が付いてしまいます。

特に気をつけなければならないのが、だし巻き卵や茶碗蒸し。

これらの料理に『めんつゆ』を使うと、色が汚くなりおいしそうに見えなくなります。

ですから、『めんつゆ』は少量使い、薄口醤油などで薄めて使うといいでしょう。

また、

『白だし』に比べると、『めんつゆ』は甘めの味付けになっています。

そのため、塩や顆粒だしなどを使って味を調節する必要があるでしょう。

 

『めんつゆ』の代わりに『白だし』で代用可能?

『白だし』を使って『めんつゆ』を作ることは簡単です。

白だし 20ml

水 80ml

砂糖 大さじ1

醤油 小さじ1

これらの材料を混ぜ合わせれば、簡単に『めんつゆ』の代用になります。

砂糖の代わりに、みりんを使うのもいいですね。

また、甘めの味付けにしたい場合は、砂糖やみりんを多めに入れるようにしましょう。

はなこ
『白だし』を使って『めんつゆ』を作るのは簡単そうね。

でも、今回は『めんつゆ』を『白だし』の代わりにしたいから、調整が難しそうだわ。

でも、煮物なら調整がしやすいんじゃないかな?

砂糖やみりんで甘さを調整する手間も省けるかもしれないよ。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『白だし』は、昆布・シイタケ・鰹節などからとった出し汁に、みりんや塩で味付けし、白醤油や薄口醤油をまぜた調味料である。
  • 『めんつゆ』は、昆布・シイタケ・鰹節などからとった出し汁に、みりんや塩で味付けし、濃口醤油をまぜた調味料である。
  • 『白だし』は、黄金色の澄んだ色、『めんつゆ』は黒い色である。
  • 『めんつゆ』のほうが、『白だし』よりも甘めの味付けである。

『白だし』も『めんつゆ』も、ない場合は家庭で作ることができます。

顆粒だしの素を利用すれば、具材から出し汁をとる手間も省けますよ。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.