違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

竹の足場

その他の違い

建設と建築の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方をチェック

建物を作っている現場のことを『建設現場』といいますね。

ところが、建った後の建物は『建築物』と呼ばれます。

『建設』と『建築』、どちらも似た言葉ですが、いったい何が違うのでしょうか?

 

はなこ
『建設』と『建築』って、似た言葉よね。
急にどうしたの?
たろう
はなこ
この2つの言葉の違いがよく分からなくてね。
どちらも建物を建てることだと思うんだけど・・・

確かに、何が違うのかよく分からないね。

たろう
はなこ
じゃあ、ちょっと調べてみましょうか。

 

今回は、『建設』と『建築』の違いについて解説し、正しい使い分け方をチェックしていきます。

スポンサーリンク

『建設』と『建築』の違い

『建設』と『建築』の違いを理解するために、まずはそれぞれの意味について見てみましょう。

 

『建設』とは?

『建築』『土木』または『林業』や『造園』の工事などや、『海洋分野』『プラント』『電気設備』『通信分野』等、基盤構築を総称したもの

となります。

建物を建てるだけでなく、道路を作ったり、農地を開拓したり、工場、電力、通信等に対しても『建設』という言葉が使われます。

英語では『construction』であり、明治時代にこの言葉を翻訳した際、中国由来の言葉から作られた和製熟語であると伝えられています。

 

『建築』とは?

建造物を計画・設計・施工さらに使用するに至るまでの過程全体

を表します。

建造物とは、特に人間が活動するためのスペースを内部に持った構造物のことを指しています。

英語では『architecture』であり、明治初期には『造家』という訳語が当てられていました。

『建築』という言葉が初めて登場したのは1894年、建築家の伊東忠太が書いた論文の中でした。

 

『建設』と『建築』の違い

『建設』と『建築』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『建設』と『建築』の違い

  • 『建設』は、主に『建築』と『土木』に分けられる。
  • 『建設』には、積極的・能動的なニュアンスの言葉として用いられることがある。
  • 『建築』には、建てられた建物やその技術・技法の意味も含まれる。

 

区分けの違い

『建設』は、主に

  • 建築
  • 土木

の2つに分けられます。

つまり、

『建築』は『建設』という大きな括りの中に含まれる

ことになりますね。

『建築』は、人が活動するためのスペースを内部に持った建物、例えば家屋やビル・マンションなどを建てることを意味します。

それに対して、『土木』は道路や鉄道、公園などを整備する作業を指します。

それらをまとめて『建設』になるわけです。

 

別の表現

『建設』には、積極的・能動的なニュアンスの言葉として用いられる場合があります。

例えば、『建設的な意見』という言葉は、前向きな意見のことを指しています。

『建築的な』という言葉はないので注意しましょう。

また、

『建築』には、その建物や技術・技法の意味も含まれます。

ですから、『建築物』や『建築技法』という言葉はありますが、『建設物』や『建設技法』という言葉はありません。

 

はなこ
『建築』は、『建設』の中に含まれるということなのね。
あとは、使い分け方がわかればバッチリだね。
たろう

 

『建設』と『建築』の使い分け方

東京スカイツリー

東京スカイツリー

『建設』と『建築』の使い分け方について、例文を使って見てみましょう。

 

法隆寺は、世界最古の木造建築物です。

この場合、建てられた建造物を指すので、『建設』ではなく『建築』を使います。

 

建設現場内は、一般の人は立入禁止です。

大規模な工事が必要な現場は、『建設現場』という言葉を使います。

しかし、『建築現場』という言葉を使う場合もありますね。

家屋を建てる現場に対しては『建築現場』という言葉を使うことが多いです。

家屋の場合、人が住む空間を作ることを意味するためですね。

 

木組みとは、釘などを使わずに木同士をつなぎ合わせる建築技法のことである。

技術・技法について示す場合は『建築』のほうを使います。

『建設技法』という言葉はないので注意しましょう。

 

皆さんには、ぜひとも建設的な意見を求めます。

『前向きな』という意味で用いるときは、『建設的な』となりますね。

『建築的な』という言葉はありません。

 

現在、この場所ではダムを建設中です。

ダムに対しては『建設』という言葉を使います。

ダムは、人が活動するスペースではないからです。

工場やプラント、通信設備などに対しても、『建築』ではなく『建設』という言葉が使われます。

判断がしづらいのが、トンネルや橋、空港、公園、農地などです。

これらは、人が活動する場所と捉えることもできますね。

しかし、使われるのは『建築』ではなく『建設』になります。

これは、『建築』だけでなく『土木』も含まれるからと考えれば納得できるでしょう。

 

はなこ
使い分けは、なかなか難しいわね。
結局、作る対象によって使い分けるしかないのかな?
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『建設』とは、主に『建築』『土木』などの基盤構築を総称したものである。
  • 『建築』とは、建造物を計画・設計・施工さらに使用するに至るまでの過程全体である。
  • 『建築』は、『建設』の中に含まれる
  • 『建設』には、積極的・能動的なニュアンスの言葉として用いられることがある。
  • 『建築』には、建てられた建物やその技術・技法の意味も含まれる。

『建設』も『建築』も、日本の基盤を支える大事な仕事です。

興味があれば、建設・建築業界の企業を見学してみるのも面白いでしょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.