違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

討論・議論・ディスカッション・ディベート 違い

その他の違い

討論・議論・ディスカッション・ディベートの違いをわかりやすく解説

人生の中で、人と人が話すことを、

『ディスカッション』

と呼ぶことがあります。

 

他にも、

『討論・議論・ディベート』

など、話し合いにも様々な種類があるのです。

これらは、何かを決める際、

『自分以外の意見を知る方法』

として、よく活用されています。

 

ですが、これらの言葉は、

『正しく認識されていない』

こともあり、間違った話し合いをしていることもあるのです。

 

そこで、今回は、

『討論・議論・ディスカッション・ディベートの違い』

について解説します。

話し合いをする機会が多い人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

討論・議論・ディスカッション・ディベートの違いとは?

討論・議論・ディスカッション・ディベートは、

『意見を出し合う』

という意味では、同じものとなります。

 

ですが、意見を出すと言っても、

『どのような意見の出し合い方をするのか』

が違うと、それぞれの意味も違ってくるのです。

討論は『意見を戦わせること』

まず、討論について解説します。

討論とは、簡単に言うと、

『意見を出し合って戦うこと』

となります。

 

ディベートに似ているのですが、討論の場合は、

『特にルールを設けず、思う存分意見のぶつけ合いをする』

ことを意味しています。

 

討論は、

『自分の意見を押し通したい』

と考える時に、よく行われるものです。

例えば、

『給食の配分量を増やしてほしい!』

と思っている人は、

『給食の配分量が増えることのメリット』

について、相手に説明して、納得させようとします。

 

ですが、意見をぶつけられる方は、

『給食の配分量は、今のままで良い』

という考えを、同じくメリットを挙げて、相手に納得させることになります。

こうした意見の応酬により、最終的に、

『白黒はっきりとさせる』

ことが、討論となるのです。

 

討論が起きると、相手とは意見が平行線になるため、

『決着がついたとしても、不満が残る場合が多い』

ので、再度、別の討論が勃発しやすい特徴があります。

議論は『お互いの価値観を知ること』

次に、議論について解説します。

議論は、簡単に言うと、

『お互いの価値観を知ること』

となります。

 

人は、それぞれ、

『様々な価値観』

を持っている生き物です。

その為、自分の意見に賛成する人もいれば、

『全く違う価値観を持ち、相容れない』

という人もいます。

 

ですが、社会で生きていく上で、

『人との共同作業』

は避けて通れません。

そんなとき、よく行われるのが、お互いの価値観を知るための、

『議論』

なのです。

 

議論を行う際は、

『自分の意見と相手の意見を、全部出し切る』

ことが求められます。

そうして出揃った意見を見て、

『今後の方針を決めていく』

ことになるのです。

 

つまり、議論の先に、

『討論やディスカッションなどがある』

ということですね。

ディスカッションは『意見をすり合わせ、解決策を探ること』

次に、ディスカッションについて解説します。

ディスカッションは、簡単に言うと、

『意見を出し合い、解決策を講じる』

ことになります。

 

よく、企業などで行われていますが、

『意見を出して、ある一定の目的を達成させる』

ことこそ、ディスカッションの真骨頂と言えるでしょう。

 

先程紹介した討論が、意見を戦わせるものなら、ディスカッションは、

『意見を統合して、目的達成までの道しるべを作る』

ことになり、本質が全く違ってきます。

 

もちろん、ディスカッションを行う上で、

『意見が対立する』

こともあり、これは、討論と言えるかもしれません。

また、意見を出し尽くすという点も、先程解説した、

『議論』

と同じ意味合いを持つことになります。

 

つまり、ディスカッションとは、

『討論や議論も含めた話し合い』

ということになるのです。

ですが、最終的な目標は、

『目標達成のための方針を決めること』

になるため、やはり、意味合いは違うものとなるのです。

ディベートは『ゲーム形式で意見を戦わせること』

最後に、ディベートについて解説します。

ディベートは、簡単に言うと、

『ゲーム形式の討論』

になります。

 

これまでの話し合いは、あくまで、

『現時点で直面している問題』

に関するものでした。

ですが、ディベートに関しては、

『架空の問題も交えた、意見の戦い』

を指しています。

 

例を挙げると、

『目玉焼きにかけるものは、ソースかケチャップか』

について、お互いに意見を出し合うというものがあります。

この場合、ディベートを行う人は、

『いかに自分の意見が正しいか』

を、相手に説明しなければなりません。

 

目玉焼きにソースをかけると、

『味わいが濃くなり、食欲が増進する』

という意見があるとします。

これに対して、相手は、

『ケッチャップをかけると、味と色合いが良くなる』

といった反対意見を出すのです。

 

こうした意見を出し合い、最終的に、

『どちらが正しいのかを、第3者に決めてもらう』

ことで、勝敗を決めるのです。

 

このように、ある一定の議題を決めて、

『第3者の判断を受けて、勝敗を決するゲーム』

が、ディベートとなります。

 

必要に応じたものをチョイスすること

討論・議論・ディスカッション・ディベート チョイスする

討論・議論・ディスカッション・ディベートの違いを解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『それぞれの言葉に、違った意味合いがある』

ことが分かります。

 

こうした意味合いを知っているかどうかで、

『意見交換の効率が、格段に違ってくる』

のです。

ですが、中には、

『曖昧にしか、言葉の意味を知らない』

という人もいます。

意味をはき違えると、無駄な時間を過ごすことになる

討論・議論・ディスカッション・ディベートは、

『正しい意味を知って活用すれば、とても有意義なものとなる』

のですが、そうでない場合は、かなり悲惨な結果になります。

 

例えば、目標達成のために行うディスカッションで、

『討論だけを行う』

とします。

討論は、先程も解説したように、

『意見を戦わせること』

です。

 

ディスカッションで意見を戦わせて、最終的に共通目標を出せれば良いのですが、中には、

『相手の意見を全く受け入れず、反論だけを繰り返す』

ことがあります。

 

特に、上下関係がはっきりしている企業のディスカッションなどでは、

『若手の意見は、全て却下する』

なんてこともあります。

もちろん、若手の社員も、

『反対意見を述べる』

のですが、その意見を、上司は封じ込めようとします。

 

こうした討論が繰り返されると、

『方針がまとまらず、ディスカッションの意味がなくなる』

ことがあるのです。

逆に、意見を全く言わずに、

『時間だけが過ぎていく』

といった場合もあり、これも、ディスカッションの意味がないと言えます。

 

さらに、ディベートを行いたいと考えたとしても、

『議題・実際に行う人などを、しっかりと決めていない』

場合、ディベート中の意見が対立しないと言ったことも起こるのです。

これは、

『ゲームにおける対立関係が出来ていない』

ため、ゲーム自体が成立していないことを意味しています。

これでは、議論にすらならないでしょう。

 

このように、それぞれの言葉の意味を理解せず、漠然と考えていると、

『全く意味のない時間を過ごしてしまう』

ことに繋がる可能性があることを、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『討論・議論・ディスカッション・ディベートは、意味が異なることを知っておく』

ということが言えます。

 

人と意見を交換する上で、今回出てきたような言葉を使う場合、

『最終的に、どう終わるのか』

をはっきりさせておく必要があります。

そうしなければ、それぞれの意味が混同して、

『何を話していたのか分からなくなる』

可能性が高いのです。

 

逆に、話し合いの趣旨をはっきりしておけば、

『何を目的として、お互いの意見を交換しているのか』

が、とても分かりやすくなります。

ポイントは、

『相手と意見を出し合う際、目的を見失わない』

こととなるので、しっかりと違いを覚えておいてくださいね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.