違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

通天閣

その他の違い

関西と近畿の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方とは?

『関西地方』というと、大阪を中心とした一帯をイメージしますよね。

では、『近畿地方』と言われると、どのあたりをイメージするでしょうか?

 

はなこ
この間、初めて『関西地方』に行ったわ。
へえ、今まで行ったことがなかったの?
たろう
はなこ
いつも、東のほうにしか行ったことがないのよね。

お好み焼きを食べたけど、すごく美味しかったわ。

そう言えば、『近畿地方』って言うでしょ?

『関西』と『近畿』の何が違うのか、よく分からないんだよね。

たろう
はなこ
どちらも同じ場所を表しているんじゃないのかな?

 

今回は、『関西』と『近畿』の違いを解説します。

それぞれの、正しい使い分けについても見てみましょう。

スポンサーリンク

『関西』と『近畿』の違い

まずは、『関西』と『近畿』の言葉のルーツを見てみましょう。

 

『関西』の語源

江戸時代、江戸を中心とする8カ国を『関東』と言いました。

『相模(さがみ)』『武蔵(むさし)』『安房(あわ)』『上総(かずさ)』『下総(しもうさ)』『常陸(ひたち)』『上野(こうずけ)』『下野(しもつけ)』

それに対して、

京都や大阪を中心とした地域を『関西』と呼ぶようになります。

 

古代日本には、3つの大きな関所があり、その中の一つに『山城国(今の京都府南部)』と『近江国(今の滋賀県)』の国境に位置する『逢坂関』がありました。

『逢坂関』より西の地域を『関西』

と呼び、それが今にも残っているわけです。

 

『近畿』の語源

『近畿』は『畿に近い場所』という意味があります。

『畿』とは古い言葉で『都』を意味します。

古代日本では、都に近い場所を『畿内』と呼んでいました。

それが『近畿』という言葉に変わったと伝えられています。

 

『関西』と『近畿』の違い

『関西』と『近畿』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『関西』と『近畿』の違い

  • 『関西』は、『関東』に対比して名付けられた名前。『近畿』は『都に近い場所』という意味で名付けられた。
  • 現代では、『関西』は『大阪府』『京都府』『兵庫県』『滋賀県』『奈良県』『和歌山県』の2府4県を指すが、『近畿』はこれに『三重県』が加わる
  • 一般的に、『関西』は『近畿』を含む広い地域を指す言葉である。
  • 『関東』と対比して人や文化に『関西』という言葉が使われる。

 

語源については、前に書いたとおりなので、その他の違いについて順番に見てみましょう。

 

現在の区分の違い

『関西』は、

『大阪府』『京都府』『兵庫県』『滋賀県』『奈良県』『和歌山県』の2府4県を入れた区域を表す

とされています。

それに対して、

『近畿』には『三重県』も含まれています。

 

ちなみに、『近畿日本鉄道(近鉄)』には『近畿』の文字が入っていて、たしかに『三重県』にも線路があります。

しかし、『関西鉄道』という会社が、明治時代に存在していて、こちらも『三重県』に線路がありました。

 

また、

『関西』は、『近畿』を含む広い範囲を表す言葉である

ともされています。

含まれる県の数としては『近畿』のほうが多いので、なんだか不思議な気がしますね。

 

文化や人の表し方の違い

『関西』という言葉は、文化や人について、『関東』と対比して使われることが多いです。

例えば、『関西』に住む人のことを『関西人』とよく言いますよね。

でも、『近畿人』なんて言葉はありません。

 

はなこ
地元の人は、『関西地方』とはいうけど『近畿地方』とは言わないみたいね。
一般的には、『関西』という言葉のほうが多く用いられているみたいだよ。
たろう

 

『関西』と『近畿』の正しい使い分け方は?

伊勢神宮

伊勢神宮

『関西』と『近畿』は、どのように使い分ければいいのでしょうか?

この2つの言葉は、法律などで定められているわけではないため、明確な基準やルールはありません。

しかし、一般的には次の使い分けをおすすめします。

通常は『関西』のほうを用いる。

行政機関などでは『近畿』という言葉をよく用いている。

『三重県』は、『東海』に含まれるという見方もある。

 

『関西』と『近畿』を比べると、一般的には『関西』のほうが多く用いられています。

特に地元の人は、『近畿地方』などという言葉を使うことはありません。

例えば

「出身はどこですか?」

と尋ねられた時、

「『関西』です。」

とは答えますが、

「『近畿』です。」

と答える人はまずいません。

 

では、『近畿』という言葉は全く使われないのか?というと、そういうわけでもありません。

行政機関では、『都』の近くという意味を持った『近畿』をよく使います。

ですから、そういう場所に勤めている人は、『近畿』という言葉を、意外によく使っているのではないでしょうか。

 

『三重県』は、『近畿地方』に入ります。

しかし、このことに違和感を覚える人もいるのではないでしょうか。

気象情報では、東海三県として『愛知』『岐阜』そして『三重』の3つが挙げられます。

つまり、気象庁では『三重県』は『東海地方』に含まれるわけですね。

このように、『三重県』は非常に微妙な立ち位置にいます。

『三重県』を『東海地方』とみなすのも、決して誤りではないということですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『関西』は、『関東』に対比して名付けられた名前。『近畿』は『都に近い場所』という意味で名付けられた。
  • 現代では、『関西』は『大阪府』『京都府』『兵庫県』『滋賀県』『奈良県』『和歌山県』の2府4県を指すが、『近畿』はこれに『三重県』が加わる
  • 一般的に、『関西』は『近畿』を含む広い地域を指す言葉である。
  • 『関東』と対比して人や文化に『関西』という言葉が使われる。

『関西』と『近畿』には、明確なルールが定められているわけではありません。

一般的には『関西』を使うことが多い

ということを理解しておけば、使い分けに困ることはないでしょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.