違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

TSUTAYA

お店の違い

蔦屋書店とTSUTAYA(ツタヤ)の違いをわかりやすく解説!特徴をチェック

『TSUTAYA(ツタヤ)』といえば、CDやDVD、さらにはゲームソフトなどのレンタル店として有名です。

最近、よく似た名前の『蔦屋書店』というお店が増えています。

『蔦屋書店』と『TSUTAYA』は、果たして同じ会社なのでしょうか?

 

はなこ
最近、家の近くに『蔦屋書店』がオープンしたの。

カフェもあって、オシャレな店舗だったわ。

そういえば、最近増えているよね。

『TSUTAYA』はよく利用するけど、『蔦屋書店』はまだ入ったことがないな。

たろう
はなこ
『蔦屋書店』と『TSUTAYA』って、同じ会社なの?
同じだと思っているんだけど、違うのかな?
たろう
はなこ
それなら、ちょっと調べてみましょうか。

 

今回は、『蔦屋書店』と『TSUTAYA』の違いをわかりやすく解説し、それぞれの特徴についてもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『蔦屋書店』と『TSUTAYA』の違い

『蔦屋書店』と『TSUTAYA』のどちらも、

『カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)』の傘下

にあるお店です。

直営店もありますが、どちらかと言えばフランチャイズ契約を結んだ加盟店のほうが多いですね。

フランチャイズ契約とは、別の会社が名前だけを借りて直営店と同じお店を展開することを指しています。

名前を借りる代わりに、そのためのお金を支払うというシステムですね。

 

『蔦屋書店』と『TSUTAYA』の違いを一言で表すと、

『蔦屋書店』が『ライフスタイル書店』を主軸に事業展開している

のに対し、

『TSUTAYA』は『レンタル事業』を展開している

という点になります。

 

『蔦屋書店』と『TSUTAYA』の特徴

『ライフスタイル書店』という聞き慣れない言葉が登場しました。

最近、書店の中にカフェや雑貨店などが併設されているお店をよく見かけますよね。

お店の中で、くつろぎながら本を探すことができて、非常に人気があります。

こういった書店を『ライフスタイル書店』と呼びます。

中には、エステサロンが併設されているお店もあり、そのサービスも多彩になってきました。

 

『蔦屋書店』と『TSUTAYA』は、同じ会社の系列でありながら、展開している事業に違いがあるわけですね。

しかも、同じ系列である特徴を活かして、

『蔦屋書店』と『TSUTAYA』が合体したお店

も存在します。

そこでは、書店とレンタル店が同居しており、さらにカフェや雑貨店まであるという充実ぶりです。

 

はなこ
『蔦屋書店』には『スタバ』があって、確かにゆっくりとくつろぐことができたわね。
『TSUTAYA』とは随分と趣が違うんだね。
たろう

 

『蔦屋書店』が増えているわけ

蔦屋書店

蔦屋書店

レンタル店の『TSUTAYA』のイメージが強かった『CCC』ですが、最近になって『蔦屋書店』が増えてきたのには理由があります。

その理由の一つが、レンタル市場の低迷です。

DVDなどの映像レンタル市場は、2006年は1,057億円の売り上げがありました。

しかし、その10年後の2016年には491億円にまで落ち込んでいます。

映像レンタル市場の売り上げが半減した原因の一つが、映像配信サービスの台頭です。

NetflixやHulu、AmazonプライムにU-NEXTなど、映像配信サービスを手掛ける会社は多く、その人気ぶりがよく分かります。

映像配信サービスがあれば、わざわざDVDをレンタルして見る必要はありません。

これが、レンタル市場が低迷している最大の要因であることは間違いないでしょう。

電子書籍

U-NEXT公式サイト

 

この時代になり、『TSUTAYA』だけでは十分な収入が得られなくなります。

そこで登場したのが『ライフスタイル書店』という新しいスタイルの書店です。

単なる書店だけであれば、レンタル市場と同様に、オンライン書店や電子書籍の存在によって生き残ることは難しいでしょう。

『くつろぎ空間の提供』は、そんな中で生き残りを掛けた戦略の一つになります。

 

『蔦屋書店』『TSUTAYA』の名前の由来

『蔦屋書店』や『TSUTAYA』の名前の由来には2つの説があります。

 

蔦屋重三郎説

江戸時代に、地本問屋『耕書堂』の主人で『蔦屋重三郎』という人がいました。

『蔦屋重三郎』は、浮世絵師として有名な

『東洲斎写楽』を世に送り出した張本人

と言われています。

そんな人物にあやかって名付けたというのが1つ目の説です。

 

屋号説

『CCC』の創業者の祖父は『置屋(芸者や遊女を差し向ける業者)』を営んでいました。

その屋号が『蔦屋』であり、その名前を使ったという説です。

 

はなこ
『TSUTAYA』という名前、たしかによく見ると変わってるわね。
由来を聞くと、なるほどと納得できるよね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『蔦屋書店』と『TSUTAYA』のどちらも、『カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)』の傘下にあるお店である。
  • 『蔦屋書店』が、『ライフスタイル書店』を主軸に事業展開しているのに対し、『TSUTAYA』は『レンタル事業』を展開している。
  • レンタル市場の低迷により、最近は『蔦屋書店』を多く展開するようになった。

近くに『蔦屋書店』があるなら、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

オンライン書店も便利ですが、ゆっくり落ち着いて気に入った本を探すのも、また楽しいですよ。

関連記事

-お店の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.