違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ひげそり

その他の違い

【シェーバー】BRAUNブラウンシリーズ9の違いをわかりやすく解説!

髭を剃る時に電動シェーバーを使っている人は多いですよね。

電動シェーバーを販売しているメーカーとしては『BRAUN』が有名です。

『BRAUN』の販売している電動シェーバーのハイエンドモデルとして『ブラウンシリーズ9』があります。

人工知能を搭載していたり、アルコール洗浄ができたりと、ハイエンドモデルならではの機能が満載です。

しかし、このモデル、やたらと型番が多いんですよね。

いったい、何が違うというのでしょうか?

 

たろう
電動シェーバーが壊れてしまってね。

新しいのを買いたいんだけど、『ブラウンシリーズ9』がいいかなと思うんだ。

私は電動シェーバーなんて使わないからよく分からないけど、そんなにいいの?
はなこ
たろう
アルコール洗浄できるのはこのモデルしかないんだ。

でも、型番がいっぱいあって、どれを買えばいいのかよく分からないんだよね。

私にだって、わからないわよ。
はなこ
たろう
・・・仕方ない、ちょっと調べてみるかな。

 

今回は、『ブラウンシリーズ9』のそれぞれの型番について、その違いを解説します。

スポンサーリンク

【BRAUNシェーバー】ブラウンシリーズ9の型番

2020年3月現在、『ブラウンシリーズ9』には、次の型番が販売されています。

  • 9395cc
  • 9394cc
  • 9390cc
  • 9385cc
  • 9384cc
  • 9381cc
  • 9380cc
  • 9376cc
  • 9375cc
  • 9370cc
  • 9365cc
  • 9360cc
  • 9355s
  • 9355s-TO
  • 9350s
  • 9345s
  • 9340s
  • 9335s
  • 9330s
  • 9325s
  • 9320s
  • 9299s
  • 9296cc-P
  • 9295cc-P
  • 9293s
  • 9292cc
  • 9291cc
  • 9290cc
  • 9280cc
  • 9280s
  • 9250cc
  • 9242s
  • 9240s

その数は全部で33種類。

あまりにも多すぎですよね。

この中で、

93xxという番号の型番は2019年、92xxという番号の型番は2016年に販売を開始したモデルです。

ですから、今回は最新の93xxだけに絞って違いを調べてみましょう。

それでも、21種類あります。

 

ただ実は、ほとんどの電動シェーバーはスペックが共通です。

同梱物(例えば専用ケースなど)が異なっていたり、色違いであるなどの理由で型番が分けられているんですね。

大きく分けると、

  • アルコール洗浄機能付きモデル
  • スタンド付属モデル

になり、型番の末尾にccがついていればアルコール洗浄機能付き、sがついていればスタンド付属モデルとなります。

以下、アルコール洗浄機能付きモデルを『ccモデル』、スタンド付属モデルを『sモデル』と呼び、解説していきます。

 

『ブラウンシリーズ9』の特徴

『ブラウンシリーズ9』の特徴について、簡単に見ておきましょう。

『ブラウンシリーズ9』の主な特徴は、次のようになります。

見出し(全角15文字)

  • 人工知能ターボ音波テクノロジー
  • 99.9%除菌の自動アルコール洗浄機能
  • ハイブリッド5カットシステム

 

人工知能ターボ音波テクノロジー

『ブラウンシリーズ9』には、

毎分1万回の音波振動によって肌を震わせ、皮膚内部に隠れたひげも露出させてカットする機能

が付いています。

また、

人工知能によってひげの濃さを自動的に感知して、最適な振動にすることが可能です。

この機能は、『ブラウンシリーズ9』の全モデルが持っています。

 

99.9%除菌の自動アルコール洗浄機能

付属のアルコール洗浄機に本体を差し込んでボタンを押すだけで、アルコールにより刃の部分を洗浄することができる機能です。

この機能は、他のメーカーにはない、BRAUNの電動シェーバー独自のものになります。

『ブラウンシリーズ9』の中のccモデルだけが持っている機能ですね。

 

ハイブリッド5カットシステム

『ブラウンシリーズ9』には、刃の部分に次の特徴があります。

  • ディープキャッチ網刃
  • チタン加工極薄リフトアップ刃
  • くせひげキャッチ刃
  • ストレッチスキンガード

2枚の『ディープキャッチ網刃』にその他の刃が2枚の計4枚の刃 + ストレッチスキンガードで『ハイブリッド5カットシステム』と呼んでいます。

 

『ブラウンシリーズ9』の違い

ブラウンシリーズ9

ブラウンシリーズ9

『ブラウンシリーズ9』の特徴から、それぞれの違いについては、もう明らかですね。

 

『ブラウンシリーズ9』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『ブラウンシリーズ9』の違い

  • 『ccモデル』は自動アルコール洗浄ができるが、『sモデル』はそれができない。
  • 9365ccと9360ccは、洗浄モード自動選択機能が省略されている。
  • 9320sは、お風呂剃り対応がない。

 

自動アルコール洗浄機能

前にも書いた通り、

自動アルコール洗浄機能があるのは『ccモデル』のみです。

自動アルコール洗浄機能には、刃の汚れを自動的に感知して、適切な洗浄モードを選択する『洗浄モード自動選択機能』が備わっています。

しかし、『ccモデル』の中で最も安価な9365ccと9360ccは、この機能がありません。

 

お風呂剃り対応

カミソリでヒゲを剃る場合、シェービングフォームやシェービングジェルを使いますよね。

電動シェーバーでも、同じようにシェービングフォームやシェービングジェルを使いたいと思うはず。

『ブラウンシリーズ9』では、お風呂剃り対応として、これができるようになっています。

しかし、最も安価な9320sでは、防水機能はあるものの、お風呂剃り対応はしていません。

 

たろう
アルコール洗浄機能は魅力的だな。

『ccモデル』を選べばいいんだね。

それにしても、型番が多いわね。

もう少し、整理できないのかしらね。

はなこ

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ccモデル』は、自動アルコール洗浄ができるが、『sモデル』はできない。
  • 9365ccと9360ccは、洗浄モード自動選択機能が省略されている。
  • 9320sは、お風呂剃り対応がない。

電動シェーバーは、購入前に試すことができれば良いのですが、なかなか難しいですよね。

最終的には、カタログにある機能で選ぶことが多いでしょう。

『ブラウンシリーズ9』のアルコール洗浄機能は、魅力的です。

ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.