違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ネイル

その他の違い

【ネイル】ソフトジェルとハードジェルの違いをわかりやすく解説!

『ネイル』のお手入れ、ネイルサロンへ通ったり、セルフネイルを楽しみながら、という人も多いですよね。

そんな『ネイル』に欠かせないのが『ジェルネイル』。

『ソフトジェル』と『ハードジェル』の2種類があります。

この2つ、うまく使い分けていますか?

 

はなこ
最近、セルフネイルしてみようと思ってね。

『ジェルネイル』を買おうと店に行ったんだけど、『ソフトジェル』と『ハードジェル』の2種類があるの。

どちらのほうがいいのかな?

僕は『ネイル』なんて興味ないから、そんなの分からないよ。
たろう
はなこ
そうよねえ。

仕方ない、自分で調べてみようかな。

 

今回は、『ネイル』に使う『ソフトジェル』と『ハードジェル』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

【ネイル】『ソフトジェル』と『ハードジェル』の違い

『ジェルネイル』は、マネキュアとは異なり、

紫外線で硬化するアクリル系樹脂による、人工爪

のことですね。

一般には『ベースジェル』『カラージェル』『トップジェル』の3つを、この順番に塗り固めていきます。

 

『ジェルネイル』には、『ソフトジェル』と『ハードジェル』の2種類があり、それぞれ次の違いがあります。

『ソフトジェル』と『ハードジェル』の違い

ソフトジェルハードジェル
扱いやすさ
ツヤ
折れにくさ
長さ出し
オフのしやすさ
カラーバリエーション
付け心地

 

扱いやすさ

扱いやすさは『ハードジェル』より『ソフトジェル』のほうが上です。

『ハードジェル』が、普通の人には無理というほど扱いにくいわけではありません。

ただ、セルフネイルの初心者には『ソフトジェル』のほうが向いていますね。

 

ツヤ

『ハードジェル』は、

『ソフトジェル』に比べてツヤのある仕上がりになる

というメリットがあります。

見栄えを優先したいのであれば、『ハードジェル』のほうがいいでしょう。

硬さ

『ハードジェル』という名前から分かるように、

『ハードジェル』のほうが『ソフトジェル』よりも硬く、折れにくい

という特徴があります。

重いネイルストーンを、たくさん使った派手なネイルアートには、強度のある『ハードジェル』のほうがいいですね。

また、ロングネイルに向いているのも『ハードジェル』のほうになります。

 

オフのしやすさ

『ハードジェル』の最大の弱点は、

溶剤で落とすことができない

という点です。

ですから、『ハードジェル』はネイルファイルを使って落とす必要があり、削りすぎて地爪まで傷めてしまうことも。

『ソフトジェル』は溶剤で落とすことができるので、オフのしやすさは格段に上になります。

カラーバリエーション

『ソフトジェル』は、

色のバリエーションが豊富である

という特徴があります。

自分の好みの色を見つけやすいのは『ソフトジェル』のほうですね。

付け心地

『ハードジェル』は硬いために、

爪に何かが付いているという違和感

を感じやすいですね。

『ソフトジェル』は、見た目も地爪に近く、違和感を感じにくいです。

この違和感が苦手な人には『ソフトジェル』がおすすめです。

 

はなこ
どちらも一長一短があるのね。
結局、どちらのほうがいいのかな?
たろう

 

『ソフトジェル』と『ハードジェル』どちらがおすすめ?

ネイルサロン

ネイルサロン

『ソフトジェル』と『ハードジェル』では、どちらのほうがおすすめなのでしょうか?

この記事を見ている人は、ほとんどがセルフネイルをすることを検討しているはずです。

 

セルフネイルをする場合、特に初心者なら『ソフトジェル』を強くおすすめします。

『ソフトジェル』が、『ハードジェル』に比べて大きく劣る点は、ほとんどありません。

しかし、

『ハードジェル』には、オフがしづらいという大きな欠点があります。

セルフネイルの場合、扱いやすさは重要なポイントとなるでしょう。

比較的扱いやすく、溶剤で簡単にオフできる『ソフトジェル』のほうがセルフネイルには向いています。

 

ただ、どうしても『ハードジェル』を使いたい場合もあるでしょう。

例えば、ネイルストーンをたくさん使って派手なネイルアートを楽しみたいという時です。

『ソフトジェル』では強度に不安がある場合は『ハードジェル』を使うことになりますが、

そういうときは、ネイルサロンへ行ってプロのネイリストさんにお願いするほうが確実です。

『練習だから、失敗しても構わない』

というのであれば問題ありません。

しかし、失敗してネイルの見た目が悪くなったら、やっぱり恥ずかしいですよね。

ネイルサロンは、覆面モニターでお得に利用することも可能です。

『今まで気になってたけど、料金が気になって…』

という人は、ぜひ活用してみてください。



美容室・グルメ・ネイル等の店舗満載!覆面調査で楽しく≪現金≫GET♪

 

ところで、『ソフトジェル』と『ハードジェル』では、どちらが先に開発されたのでしょうか?

先に開発されたのは『ハードジェル』のほうです。

『ソフトジェル』は後発の製品なのですが、今は『ジェルネイル』の主流は『ソフトジェル』になっています。

やはり、扱いやすさや豊富なカラーバリエーションが、多くの人に支持されているのでしょう。

 

はなこ
『ソフトジェル』のほうが種類も多いみたいだし、よさそうね。
『ネイル』もけっこう、奥が深いんだね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

ソフトジェルハードジェル
扱いやすさ
ツヤ
折れにくさ
長さ出し
オフのしやすさ
カラーバリエーション
付け心地

セルフネイルには、『ソフトジェル』のほうがおすすめ。

セルフネイルをするにあたって注意点があります。

セルフネイルにより、

かぶれや、火傷などが発生するトラブル

が報告されています。

中には、カビが生えるというトラブルも。

また、気化した『ジェルネイル』や溶剤を吸入し、気分が悪くなる事例もあります。

『ジェルネイル』の使用にあたっては、十分に注意するようにしてくださいね。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.