違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

かかとのケア

その他の違い

ベビーフットの30分と60分の違いをわかりやすく解説!効果をチェック

足裏の角質ケアに効果的な『ベビーフット』。

『ベビーフット』には、

  • 時短タイプの『30分』
  • スタンダードタイプの『60分』

の二つがあります。

どうやら効果に違いがあるようですが、どちらを選べばいいのでしょうか?

 

はなこ
足の裏ってガサガサになるじゃない?

今まで削ってケアしていたんだけど、最近『ベビーフット』って商品を見つけたの。

削らずに角質を落としてくれるってやつでしょ?

私も使ってみたいと思っていたんだけど、『30分』と『60分』の2種類あるのよね。

れいか
はなこ
いったい、何が違うの?
それが分からないのよ。

だから、買うのをためらっているの。

れいか
はなこ
それじゃあ、ちょっと調べてみましょうよ。

 

今回は、『ベビーフット』の『30分』と『60分』の違いを解説します。

『ベビーフット』の効果についてもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『ベビーフット』の『30分』と『60分』の違い

『ベビーフット』は、『株式会社リベルタ』の製品です。

『株式会社リベルタ』は、主にオリジナルの美容商品を扱っていますが、他にもバッグや財布などの本革製品や、アメリカ製品の輸入など幅広く事業を展開しています。

 

『ベビーフット』の使い方は非常に簡単です。

まずは、必ずパッチテストを行いましょう。

人によっては、ベビーフットが肌に合わないこともあります。

パッチテスト用のジェルが同封されているので、これを足の甲に塗りましょう。

パッチテストの結果、問題なさそうなら、液体の入った足型の上の部分を切り取って、足を入れて下さい。

この状態でしばらく待つのですが、この時間が『30分』と『60分』の2種類あります。

その後、シャワーなどで薬剤をしっかりと洗い流しましょう。

 

つまり、『30分』と『60分』の違いは、薬剤に足を漬ける時間というわけです。

『ベビーフット』の『30分』と『60分』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『ベビーフット』の『30分』と『60分』の違い

  • 薬剤に足を漬ける時間の違い。
  • 香りの違い。
  • 想定している利用者の違い。

順番に細かく見てみましょう。

 

時間の違い

名前の通り、『30分』と『60分』では薬剤に足を漬ける時間が異なります。

『60分』のほうは、『スタンダードタイプ』となっていますので、こちらが標準ということですね。

『どうしても時間がとれない』

という人は『時短タイプ』の『30分』を使いましょう。

 

香りの違い

  • 『30分』は『マンダリンオレンジ』の香り
  • 『60分』は『ジャスミンアップル』の香り

柑橘系の香りが好みなら『30分』、ジャスミンの香りが好みなら『60分』を選択するのもありですね。

また、『60分』には『さくらフレグランス』や『ハッカ油コラボ』という違う香りの商品もあります。

メンズ用の『ベビーフット』があるのも『60分』のみ。

『マイルドミント』の香りで、清涼感ある使い心地です。

 

利用者の違い

『30分』を利用する人として、次の場合を想定しています。

時間のない忙しい人

角質がそれほどひどくない人

リピーターの人

1度『60分』で角質をケアした人は、それほど角質がひどい状態ではないはずです。

なので、2回目以降は『30分』でも十分な効果が得られる人が多いでしょう。

『60分』を想定している人は次のようになります。

初めて『ベビーフット』を利用する人

角質の状態が悪い人

初めて使用する人は、やはり『60分』がおすすめです。

 

気になる値段ですが、

『30分』も『60分』も同じ1,760円(税込み)

となります。

ただ、たまに『30分』のほうが、安く売られていることも。

人気は『60分』のほうでしょうね。

 

『ベビーフット』の効果について

足の裏がツルツルに

『ベビーフット』を使うと、足の裏はどのようになるのでしょうか?

たいていの場合、足の裏の角質は削って落とすことが多いですよね。

『角質を削って落とす』というのは非常に手間がかかり、面倒な作業です。

 

それが『ベビーフット』であれば、

足型に入った薬剤に足を浸したまま60分(または30分)待つだけ。

しかし、すぐに足の皮が剥けるわけではありません。

足の皮が剥けて、ツルツルな状態になるには、だいたい一週間程度必要です。

その間に、足の裏の皮が自然に剥けて、だんだんとツルツルな状態になっていきます。

 

しかし、注意点が一つ。

使用後の状態は、赤ちゃんの肌みたいになります。

それだけ、外部からの刺激に敏感になるということです。

靴を変えたり、長時間歩く必要があるなどの場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。

あまり足に負荷を掛けないときにベビーフットを使うことをおすすめします。

 

足の臭いが改善!

もう一つのうれしい効果として、

足の臭いが消える

というものがあります。

角質については気にしていない人も、足の臭いに悩んでいるのなら、この商品はおすすめですね。

『水虫が改善した』という口コミもありますよ。

 

効果を上げるためには

もちろん、高評価なばかりではありません。

「2週間経っても全然皮が剥けない。」

「あまり皮が剥けなかった。」

などの意見もあります。

 

できるだけ効果を上げるためには、

シャワーだけではなく浴槽に足を漬けてふやかす

ことが良いです。

効果が実感できなかったのは、『いつもシャワーだけだから』かも知れませんね。

 

はなこ
じゃあ、まずは『60分』を試してみればいいのね。
私は毎日湯船に浸かっているから、効果のほうは期待できそうね。

早速試してみようっと。

れいか

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『30分』と『60分』は、それぞれ薬剤に足を漬ける時間を意味している。
  • 『30分』は『マンダリンオレンジ』の香りのみ、『60分』は『ジャスミンアップル』の香りなどいろいろ。
  • 『30分』はリピーターの人、『60分』は初めての人におすすめ。

使用前にはパッチテストを忘れずに。

また、使用後に違和感を感じたり、肌の状態がおかしいと感じたら、専門医に相談するようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.