違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

自営業と会社経営の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方とは?

世の中の『働き方』は、今は多種多様です。

企業などに雇用されて働く人もいれば、自分で事業を起こして仕事をする人もいますよね。

 

この『自分で事業をしていく』という働き方で、よく耳にするのが

『自営業』と『会社経営』

という言葉。

 

『自営業は個人のお店で、会社経営は企業の社長さん』

というイメージを持っている人が多そうですが、この2つの違い、わかりますか?

 

ということで、今回は

  • 自営業
  • 会社経営

の違いや、言葉の使い分け方について、お話しします。

スポンサーリンク

『自営業』と『会社経営』の違いとは?

『自営業』と『会社経営』って何が違う?

『自営業』『会社経営』の一番の違いとは

『自営業』と『会社経営』で最も違うところは、

経営の形態が『法人』であるか、『法人』ではないか

です。

 

もうちょっと詳しく言うと、

自営業

⇒株式会社などの『法人』を作らず、企業などとの雇用契約も結ばず、自分で事業を行うこと

会社経営

⇒『会社法人』を設立して事業を行うこと

ということが、『自営業』と『会社経営』の違いなのです。

 

『法人』というのは、

『法律によって、特に権利能力を認められている、一定の社会的な活動を営む組織』

のことです。

たとえば

  • 会社法人
  • NPO法人
  • 宗教法人
  • 学校法人

などがあります。

組織を『法人』にするには、それぞれ法律で決められた手続きが必要です。

 

この中の

『会社法人』の形を取っているかいないか、というところが『自営業』と『会社経営』の分かれ目。

事業内容や年商額、従業員の人数などは、自営業か会社経営かの区別には、関係ありません。

 

ちなみに、

『自営業』をしている人のことを、『個人事業主』

と呼ぶことも、よくあります。

この言葉の違いは、

自営業

⇒事業の形態の種類の1つを表す言葉

個人事業主

⇒その人の立場を表す言葉

ということです。

 

そして、自営業(個人事業主)には

  • フランチャイズのコンビニオーナー(法人による経営ではない店舗の場合)
  • フリーランスの音楽家やライター、イラストレーター、デザイナー、コンサルタント、アドバイザーなど
  • 個人で開いている学習塾や、子どもの習い事の教室の経営者
  • 保険や化粧品などの代理店
  • マルチ商法(ネットワークビジネス、MLM)の販売員

など、いろいろな業種や形態の事業が入ります。

『自営業』と『会社経営』のいろいろな違い

『自営業』と『会社経営』には、『法人であるかどうか』の他にもいろいろな違いがあります。

まず、どんな違いがあるか、ざっとつかんでおきましょう。

 

自営業会社経営
経営の形態『法人』ではない法人
開業の手続き税務署への開業届の提出のみ
  • 定款
  • 登記
  • 法人設立届出書

などを提出する他、労働基準監督署や年金事務所などへの手続きも必要

初期コスト主に店舗や設備費などだけ店舗や設備費などの他に、届出に6~25万円位の費用が掛かる。
従業員やアルバイトを雇える?雇える雇える
従業員の人数1人~何人でも1人~何人でも
課される税金所得税所得税と法人税
社会保険従業員が5人未満なら、経営者や従業員がそれぞれに

  • 国民健康保険
  • 国民年金

に入ればOK

経営者と従業員全員が

  • 健康保険
  • 厚生年金保険

に入らなければならない

事務負担会社経営より少ない保険関係の手続きや登記に関する手続きなどの事務作業が多い
『経費』として認められる範囲一般的には、経費として認められる範囲が会社経営より狭い一般的には、経費として認められる範囲が自営業より広い。
資金の調達株式の増資などでの資金調達はできず、資金の調達方法は会社経営より少ない株式会社なら、自社の株式を利用できるし、融資も受けやすい
社会的信用性低い高い

 

『自営業』と『会社経営』の違いを詳しく

では、自営業と会社経営の違いを、さらに見ていきましょう。

『法人かどうか』という違いは、先ほどお話ししたので、ここでは他の部分についてお伝えします。

 

開業の手続きと初期コスト

自営業と会社経営では、開業する時の手続きや初期コストから、違いがあります。

自営業

⇒状況によっては0円で始められる

会社経営

⇒最低でも6万円はかかる

と、このくらい違うのです。

 

自営業は、税務署に『開業届』を出せばOK。

開業届は、国税庁のホームページからダウンロードできます。

自分で書いて、わからないことは税務署で聞けば大丈夫なので、お手軽です。

 

また、開業にかかる資金も

  • 店舗や事務所などの確保
  • 設備費

といった、事業に必要な物や設備などにかかるお金だけです。

自宅を事業所にして、すでに自宅にあるものだけで始めるなら、0円で始められます。

筆者の知人にも、

『鉛筆1本と消しゴム1個で習い事の教室を始めた』

という人がいますよ。

 

一方、会社経営を始めるためには、

  • 定款
  • 登記
  • 法人設立届出書

という書類を出さなければなりません。

 

この届出には、6~25万円くらいの費用がかかります。

だから、『会社経営を始めるには、最低でも6万円必要』なのです。

 

また、届出に必要な書類を書くには、ある程度の専門知識も必要です。

専門家に頼むとすれば、また別に費用が掛かりますよね。

 

というわけで、会社経営の初期費用は、自営業の場合よりもがかかるのです。

 

なお、会社経営を始める時には、登記などの他にも

  • 都道府県や市区町村への、地方税についての届出
  • ハローワークや労働基準監督署への、保険についての届出
  • 年金事務所への、社会保険についての届出

なども必要です。

 

人を雇えるかどうかや、従業員の人数

自営業でも会社経営でも、必要に応じて従業員やアルバイトを雇うことができます。

人数にも、特に上限や下限はありません。

従業員がたくさんいる自営業も、『社長と従業員が1人だけ』という会社経営も、アリです。

また、家族を従業員として事業をしていることも、多いです。

 

ただし、家族を従業員にする場合には

自営業

⇒原則として家族に給与を払うことはできない(所定の手続きをすればOK)

会社として経営

⇒家族に給与を払うことができる

という違いがあります。

 

課される税金

自営業と会社経営では、

自営業

⇒所得税

会社経営

⇒所得税と法人税

というように、課される税金の種類も違います。

 

自営業の場合は、

『利益-経費=所得』

として、この所得に対して所得税が課されます。

 

一方、会社経営の場合は、

所得税

⇒利益の一部を『経営者報酬』として、その報酬に対して所得税が課される

法人税

⇒経営者報酬以外の利益に対して、法人税が課される

と、2種類の税金を納める必要があります。

 

さらに、利益が出なかった場合で比べても、

  • 自営業は、所得税を納める必要がない
  • 会社経営の場合は、『法人税の均等割り』という制度があるため、毎年7万円は法人税を納めなければならない

という違いがあります。

 

社会保険についての違い

自営業の場合は、

  • 従業員が4人までなら、社会保険(健康保険や厚生年金、介護保険)に加入するかどうかは任意
  • 従業員が5人以上なら、社会保険に加入する義務がある

と決められています。

社会保険に入らない場合は、事業主や従業員が、国民健康保険や国民年金などに、自分で入らなければなりません。

 

でも、会社経営の場合は、社長一人であっても、社会保険への加入が義務となっています。

もちろん、従業員は全員社会保険に入れなければなりません。

そして、事業主は従業員の健康保険や厚生年金の保険料を半額負担することになります。

 

事務作業の多さやコスト

事業の内容や規模にもよりますが、

一般的には会社経営の方が、自営業よりも事務負担が多い

と言われます。

 

というのも、会社だと、

  • 保険の手続き
  • 登記の手続き
  • 経理関係

など、事務的な処理が多くなるからです。

 

そういった事務処理を経営者が担っても良いのですが、事務処理が多くなったりすると、どうしても事業のための時間が取られてしまいますよね。

そこで事務員を雇う、となれば、コストもかかってしまいます。

 

一方、自営業は会社経営ほど事務負担が多くはないので、事業主が事務を担っていることも多いです。

税も所得税ですし、収支もシンプルですからね。

 

『経費』として認められる範囲の違い

自営業と会社経営では、何が『経費』として認められるかも違います。

 

では、どんなものが経費として認められたり認められなかったりするのか、見てみましょう。

色分けは

ピンクのマス

⇒認められるもの

青のマス

⇒認められないもの

ベージュ色のマス

⇒条件付きや所定の手続きなどで認められるもの

としています。

 

自営業会社経営
事業で必要な設備や消耗品の費用認められる認められる
福利厚生費認められない認められる
健康診断の費用認められない認められる
仕事でカフェなどを使った場合の飲食代認められる認められない
交際費認められる原則認められない
寄付金必要経費としては認められないが、『特定公益増進法人』や国、地方公共団体への寄付は、所得税の『寄付金控除』の対象にできる一定額まで認められる

(国や地方公共団体への寄付は全額認められる)

 

事業を運営していると、この他にもいろいろな費用が掛かりますよね。

基本的に、運営に必要な費用は経費になりますが、例外もあります。

また、原則経費としては認められないものも、条件などによっては認められることもあるので、詳しく知りたい時は専門知識のある人に相談してくださいね。

 

資金調達の方法や社会的信用性の違い

自営業の資金調達の方法は、会社経営の場合よりも選択肢が少ない

と言われています。

 

もちろん、銀行などに融資を頼むことはできます。

ただ、株式会社のように、株式で資金調達をすることはできません。

 

一方、法人であれば、たとえば『株式会社』の場合は、株式の増資などでも資金調達ができます。

 

そして、融資を受ける時にとても重要なのが、『社会的信用性』ですよね。

その信用性も、自営業よりも会社として経営している方が、社会的信用性を得やすいです。

 

なぜかというと、会社だと

  • 商号
  • 住所
  • 代表者
  • 役員
  • 資本金

などがしっかりと登記されるからです。

 

一方、自営業は『開業届』1枚で、言ってみれば『手軽に』開業できてしまいます。

もちろん、開業届にも住所や代表者などは書かれますが、定款などはありません。

その分、

『しっかりした事業所かどうか、心もとない』

と思われがちなのです。

 

その他の自営業と会社経営の違い

表には入れませんでしたが、自営業と会社経営では、この他にも違いがあります。

 

たとえば

  • 自営業は決算の時期を自分で決められないが、法人(会社)だと自分で決められる
  • 自営業で赤字を繰り越せるのは3年まで、法人だと9年まで
  • 事業を畳む場合、自営業だと『事業廃止届』を出すだけで良いが、法人だと解散登記や広告などが必要
  • 自営業の方が法人よりも、失敗した時のリスクが大きい
  • 法人の方が自営業よりも、倒産した後に再チャレンジしやすい

などです。

どちらにも、メリットもデメリットもあります。

 

事業のやり方は、こうした違いやメリット、デメリットを理解して、

  • 最初は自営業でやって、事業が大きくなったら法人化して会社にする
  • 最初から法人として、会社経営でやっていく
  • ある程度事業が大きくなっても、自営業でやっていく

など、いろいろな方法を視野に入れながら、よく考えることが大切ですね。

 

『自営業』と『会社経営』の言葉の使い分け方は?

『自営業』と『会社経営』ってどう使い分けたらいいんだろう?

ここまで、自営業と会社経営の違いについて、見てきました。

ここからは、言葉の使い分け方についてお話ししましょう。

『自営業』と言うのは、こんな時

やっている事業を『自営業』と呼ぶのは

『事業を法人化せずにやっている場合』

です。

 

事業の形は、法人であるか、法人でないかのどちらかしかありません。

そして、法人でなければ『自営業』です。

『会社経営』と言うのはこんな時

『会社経営』と言えるのは、

  • 株式会社
  • 有限会社
  • 合同会社

など、『法人』として事業をしている場合です。

 

どんなに小さい企業であっても、『法人』であれば『会社』です。

堂々と『会社経営』と言っちゃいましょう。

こんな使い方はNG!

事業所の呼び方に『会社』という言葉を使う時には、注意が必要なこともあります。

それは

  • 法人ではない事業所に、『〇〇株式会社』など法人であるかのような名前を付ける
  • 『△△株式会社』という名前だが、経営の形態は有限会社や合同会社

というような使い方は、絶対にしてはいけません。

 

なぜこれがダメかというと、法律で

  • 『株式会社』『有限会社』『合同会社』として届け出た法人は、それ以外の形態を取ってはいけない
  • 法人でない事業所に『株式会社』『有限会社』『合同会社』と付けてはいけない

と、決まっているからです。

 

「自営業だけど、『会社』って言った方がカッコイイから、『株式会社〇〇』っていう事業所名にしちゃおう!」

というのは、NGですよ!

でも、『〇〇事務所』などという呼び方なら大丈夫です。

日常の会話の中では、厳密に使い分けなくても大丈夫!

日常的な会話の中では、自営業と会社経営を厳密に分けないことも、よくあります。

 

たとえば、会社経営者でも

「家族で会社をやっているけど、『会社経営』とか『社長』って言うのはなんだか恥ずかしいから、『自営業』って言っておこう。」

という人も、います。

 

また、誰かの仕事のことを話す時も、自営業か会社経営かわからないことも多いですよね。

そんな時、実際には会社経営であっても

「〇〇さんのとこは自営業だから大変だよね。」

なんて言ったりすることは、よくあることです。

 

こういったケースは、特に使い分けを気にする必要はありません。

 

ただし、手続きや税務処理の時などの場面では、『自営業』と『会社経営』はしっかり分けてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

『自営業』と『会社経営』の違いは、まず

  • 自営業は『法人』ではない形態で事業を行っている
  • 会社経営は、事業を『法人』として行っている

ということです。

 

その他にも

  • 開業する時の手続きや開業にかかるコスト
  • 課される税金の種類
  • 社会保険への加入が義務になるかどうか
  • 経費として認められる範囲
  • 社会的信用性

など、いろいろな違いがあります。

 

そして、自営業にも会社経営にも、メリットとデメリットがあります。

また、事業の内容や規模などによっても、メリットやデメリットが変わります。

ですから、事業を始めるなら、専門家のアドバイスも受けながら、自分のやりたい事業に合った方法をよく考えて選んでくださいね。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.