違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

刀

その他の違い

【日本刀】『太刀』『刀』『脇差』『打刀』の違いをわかりやすく解説

時代劇には『刀』が付き物です。

武士が持っている『刀』には、長いものと短いものがありますよね。

長いほうは『打刀』、短いほうは『脇差』などと呼ばれます。

他にも『太刀』なんて種類がありますね。

『太刀』『刀』『脇差』『打刀』のそれぞれの違いは、いったい何なのでしょうか?

 

はなこ
この間、京都へ旅行した時に、『東映太秦映画村』に行ってきたの。

江戸時代にタイムスリップしたみたいで面白かったわ。

そういえば、武士が持っている『刀』って、いろんな種類があるよね。
たろう
はなこ
そうなの?
『太刀』に『脇差』に『打刀』。

聞いたことない?

たろう
はなこ
聞いたことないわ。

何が違うの?

違いは僕も知らないよ。
たろう
はなこ
そうなの?

じゃあ、ちょっと調べてみましょうよ。

 

今回は、『太刀』『刀』『脇差』『打刀』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『日本刀』について

日本刀

日本刀

『日本刀』は、日本独自の武器で、

西洋の剣とは全く異なる特徴

を持っています。

主に斬撃に特化した、反りのある切れ味の鋭い刃

が特徴です。

また、『刃紋』という、刃に現れる波の模様や、刀身の美しさなどから、美術品として愛用されているのも『刀』の大きな魅力の一つです。

製法も独特です。

昔から受け継がれてきた製法を、今でも継承しながら『刀』は作られています。

 

関連記事
侍
日本の刀と西洋の剣の違いをわかりやすく解説!よく切れるのはどちら?

日本に古くからあり、武士には必需品の武器といえば、『刀』ですね。 同様に、西洋の騎士たちは、『剣』を持って敵と戦います。 『日本の刀』と『西洋の剣』、何が違うのか知っていますか?   はなこ ...

続きを見る

 

『刀』には、大きく分けて次の種類があります。

太刀

大太刀

腰刀(短刀)

打刀

脇差

長刀(薙刀)

長巻

 

『太刀』『刀』『脇差』『打刀』の違い

『太刀』『刀』『脇差』『打刀』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『太刀』『刀』『脇差』『打刀』の違い

  • 『太刀』は、平安~鎌倉時代、『打刀』は、室町~明治初期まで用いられていた。
  • 『太刀』『打刀』は、刃渡り60cm以上、『脇差』は、刃渡り30cm以上60cm以下のものが多い。
  • 『太刀』は、馬上での使用を想定し、『打刀』は、地上での使用を想定している。
  • 江戸時代、『打刀』は、武士だけに携帯を許されたが、『脇差』は、それ以外の身分の者も携帯を許された。
  • 『刀』は、『太刀』『脇差』『打刀』などを併せた総称である。

それでは、順番に細かく見ていきましょう。

 

時代の違い

『太刀』が登場したのは、平安時代の頃です。

戦場での使用を想定した、古い種類の『刀』が『太刀』であるということですね。

『獅子王』

『太刀』の中で有名なのものに、妖怪『鵺(ぬえ)』を退治した『源頼政』が、褒美としてもらったと伝えられる『獅子王』があります。

『獅子王』は、いろいろな人の手に渡りますが、江戸時代以降は、『徳川家康』から『獅子王』を与えられた『土岐氏』という幕臣の元で保管されていました。

明治時代になり、明治天皇に献上された後、現在では『東京国立博物館』に収蔵されています。

 

『打刀』が登場するのは室町時代以降です。

室町時代以降は、戦いの形式が馬上戦から徒歩(かち)での戦いに変わります。

そのため、『刀』もそれに合わせて変化し、『太刀』から『打刀』になったわけですね。

『村正』

『打刀』として有名なものに、妖刀として名高い『村正』があります。

『村正』は、『徳川家』に不気味な縁があることで有名です。

『徳川家康』の祖父である『清康』を斬った『刀』は『村正』作と言われています。

また、『徳川家康』の父『広忠』討つことに使われたのも『村正』です。

『徳川家康』嫡男の『信康』は、『織田信長』の命によりハラキリをしますが、このとき介錯に使われたのが『村正』でした。

『徳川家康』自身も、『村正』で何度か怪我をしたことがあるのだとか。

以来、『徳川家に災いをなす刀』という伝説が広まり、それが妖刀と呼ばれる所以になったのですね。

 

長さの違い

『太刀』や『打刀』は、一般的に刃渡り60cm以上のものを指します。

前に紹介した『獅子王』は、刃渡り77.3cmなので『太刀』ですが、同時代のものと比べると小振りな『太刀』です。

また、一般に『太刀』のほうが『打刀』よりも長い傾向にあります。

これは、『太刀』が馬上で使われるのに対し、『打刀』が徒歩(かち)で使われるためです。

 

『脇差』は、刃渡り30cm~60cm程度のものを指します。

つまり、『打刀』より短い『刀』が『脇差』ということですね。

 

使われる場面の違い

平安~鎌倉時代においては、戦は馬上で行うことが多かったため、

『太刀』は馬上で戦いやすいように長く、反りも大きいという特徴があります。

室町時代以降では、徒歩(かち)での戦いが主流になるため、刀身は短くなり、反りも小さくなりました。

 

使用する人の違い

江戸時代、『打刀』と『脇差』の両方を携帯できるのは武士だけの特権でした。

時代劇などでも、武士が大小2本の『刀』を腰に帯びているのをよく見ますよね。

あれは、『打刀』と『脇差』を携えているわけです。

しかし、

『脇差』だけは、武士以外の身分のものも持つことが許されていました。

そのため、江戸時代はたくさんの『脇差』が作られています。

 

『物吉貞宗』

『脇差』で有名なものに『物吉貞宗』があります。

『徳川家康』の愛刀として有名であり、現在は愛知県名古屋市の『徳川美術館』に保管されています。

 

はなこ
『太刀』と『打刀』は時代の違い、『脇差』は長さの違いというところかしら。
『刀』にもいろいろな言い伝えがあって、それを聞くだけでも面白いね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『太刀』は、平安~鎌倉時代、『打刀』は、室町~明治初期まで用いられていた。
  • 『太刀』『打刀』は、刃渡り60cm以上、『脇差』は、刃渡り30cm以上60cm以下のものが多い。
  • 『太刀』は、馬上での使用を想定し、『打刀』は、地上での使用を想定している。
  • 江戸時代、『打刀』は武士だけに携帯を許されたが、『脇差』はそれ以外の身分の者も携帯を許された。
  • 『刀』は、『太刀』『脇差』『打刀』などを併せた総称である。

最近は、『刀剣ガール』も増えています。

もっと多くの人が、日本の『刀』に興味を持ってくれることを期待したいものです。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.