違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ハイエース

その他の違い

車両重量と車両総重量の違いと税金の関係をわかりやすく解説!

車のカタログや車検証を見ると、『車両重量』と『車両総重量』の両方が記載されています。

この2つの違いは一体何なのでしょうか?

『自動車重量税』は、その名の通り、車の重さなどに応じて課税される税金ですよね。

では、『車両重量』と『車両総重量』のどちらを元にして計算するのでしょうか?

 

はなこ
『自動車重量税』って、車の重さで決まるじゃない?
そうだけど、それがどうかしたの?
たろう
はなこ
車の重さを調べようと思ってカタログを見たら、『車両重量』と『車両総重量』の2つが記載されていたのよ。

一体、どっちを使って計算しているのだろうと思ってね。

そういうことか。

でも、そもそも『車両重量』と『車両総重量』が何なのか、それも知らないよ。

たろう
はなこ
じゃあ、調べてみるしかなさそうね。

 

今回は、『車両重量』と『車両総重量』の違いや、税金との関係について解説します。

スポンサーリンク

『車両重量』と『車両総重量』の意味について

そもそも、『車両重量』と『車両総重量』とは、どんな重さを表しているのでしょうか?

順番に確認してみましょう。

 

『車両重量』とは?

先に、『車両重量』について見てみましょう。

『車両重量』とは、

車両本体に、満タンの燃料やエンジンオイル、冷却水などを入れて、走行できる状態で測った重さ

のことです。

フェラーリは『乾燥重量』という重さがスペック表に記載されていますが、これは文字通り、燃料やオイルなどの液体を除いた重量を表します。

 

『車両総重量』とは?

乗用車の場合、

『車両重量』に乗車定員を加えた重量

のことです。

1人あたり55kgで換算するので、例えば5人定員ならば

車両重量 + 55kg x 5(=275kg)= 車両総重量

ということになりますね。

そして貨物車の場合、

さらに『最大積載量』を加えます。

『最大積載量』とは、最大限積むことのできる荷物の重量のことですね。

 

『車両重量』と『車両総重量』の違い

『車両重量』と『車両総重量』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『車両重量』と『車両総重量』の違い

  • 『車両総重量』は、『車両重量』に乗車定員(貨物車はさらに最大積載量)を加えた重さである。
  • 乗用車の『自動車重量税』は、『車両重量』で区分されている。
  • 貨物車などの『自動車重量税』は、『車両総重量』で区分されている。

 

定義の違い

『車両重量』と『車両総重量』の定義については、前に書いたとおりですね。

  • 『車両重量』は、走行可能な状態での車両の重量
  • 『車両総重量』は、車に人や荷物を乗せたときの重量

を意味していました。

 

燃料を満タンにした車が走行する時、

車の重量は必ず『車両重量』よりも重くなり、『車両総重量』を超えることはない

と考えることもできます。

しかし、『車両総重量』については、人の重さを55kgとしているので、それより重い人が乗っていれば、実際には超える可能性もありますね。

 

税金の違い

乗用車に対する『自動車重量税』は、『車両重量』で区分されています。

しかし、

貨物車などの『自動車重量税』は、『車両総重量』を使って計算されます。

 

このことについて、次の章でもう少し詳しく見てみましょう。

 

『車両重量』『車両総重量』と税金の関係

駐車場

駐車場

乗用車は、『自動車重量税』を、『車両重量』を使って計算するのでしたね。

そして、乗用車以外の車種に対しては、『車両総重量』を使って『自動車重量税』を求めます。

 

『自動車重量税』の計算に『車両重量』と『車両総重量』を使う車種は次のとおりです。

『車両重量』『車両総重量』を使う車種

車両重量小型乗用車(5ナンバー)

普通乗用車(3ナンバー)

車両総重量普通貨物自動車(1ナンバー)

小型・軽貨物自動車(4ナンバー)

乗合自動車(2ナンバー)

特種用途自動車(8ナンバー)

普通貨物自動車はいわゆるトラック、小型・軽貨物自動車はバンなどの自動車を指します。

乗合自動車はバスなどの車であり、特種用途自動車はパトカーやレンタカーなどのことです。

これらの車は乗用車とは異なり、『車両総重量』を使って『自動車重量税』が求められます。

 

乗用車の『自動車重量税』が、どの程度の金額になるのか、簡単に見ておきましょう。

『自動車重量税』は、『車両重量』だけでなく、車の区分や経過年数によっても変わります。

乗用車の『自動車重量税』

 普通自動車(年額)軽自動車(年額)
~12年目4,100円/0.5トン3,300円
13~17年目5,700円/0.5トン4,100円
18年目~
6,300円/0.5トン4,400円

『車両重量』は、0.5トン単位で定額ずつ上がり、その率は車の経過年数で変わります。

しかし、軽自動車については『車両重量』に関係なく定額です。

 

乗用車に対しては、『車両総重量』は関係ないように感じるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

『車両総重量1.1倍以下ルール』という言葉を聞いたことはないでしょうか?

車に改造を施した場合、それにより車の重さがカタログ上の『車両総重量』の1.1倍を超えてしまうと、車検に通らなくなります。

車をカスタマイズすることを検討している人は、注意するようにしましょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『車両総重量』は、『車両重量』に乗車定員(貨物車はさらに最大積載量)を加えた重さである。
  • 乗用車の『自動車重量税』は、『車両重量』で区分されている。
  • 貨物車などの『自動車重量税』は、『車両総重量』で区分されている。

『車両重量』も『車両総重量』も、カタログや車検証に記載されています。

自分の車が、どの程度の重さなのか、これを機会に把握してみてはどうでしょうか。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.