違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

報告・連絡・相談 違い

その他の違い

報告・連絡・相談の違いをわかりやすく解説!正しい使い分けを具体例を交えてチェック

投稿日:

社会において、仕事をする上で、

『報告・連絡・相談』

が大事なことを、まずは習います。

 

それぞれ、円滑な仕事を行うために、

『必要不可欠』

なものと言えるでしょう。

ですが、これらの言葉を使う際、

『意味を正しく理解せず、曖昧な使い方をしている』

と、意思疎通が上手く行かないこともあるのです。

 

そこで、今回は、

『報告・連絡・相談の違い』

について解説します。

これから社会人として働く人などは、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

報告・連絡・相談の違いと使い分け方

社会人に限らず、どんな場面においても、

『報告・連絡・相談』

というものは、重要な意味を持ってきます。

 

これが出来るかどうかは、

『集団で行う物事の成功率に関わる』

ため、しっかりと意味を理解しておきましょう。

報告は『結果や現在の進捗状況』

まず、報告について解説します。

報告は、簡単に言うと、

『結果や進捗を知らせる』

ことになります。

 

自分が、何かの作業を行った場合、必ず、

『結果や途中経過』

といったものが生まれます。

 

これらは、個人で行う場合なら、

『自分だけが知っていれば良いもの』

なので、特に報告する必要はありません。

ですが、

『集団活動』

の場合は、報告が必須となります。

 

集団になると、必ず、

『指示を出す役割を持った人』

が出てきます。

そして、指示を出す人が、

『全体の進捗を把握している』

ことで、次の作業が素早く出来るのです。

 

これが出来るようになると、

『最終目標までの道しるべが明確になる』

ため、仕事が上手く行きやすくなるでしょう。

 

逆に、報告が徹底されなければ、

『現時点、どこまで作業が完了しているのか』

を把握できなくなります。

そうすれば、無駄な作業が増えていき、

『目標達成まで、かなりの時間が掛かってしまう』

ことになるのです。

 

このように、集団の中で何かの作業をした後は、

『報告を確実に行い、進捗状況を確認する』

必要があるのです。

 

具体例を挙げると、

  • 頼まれていた企画書の作成が終わったので、上司に報告する
  • ビルの施工作業が終了したので、会社に報告する
  • 事業計画の第1段階が終了したので、担当者に報告する
  • 配膳作業が途中まで終わったので、調理担当に報告する

などがあります。

 

何かの作業において、

『一区切りついたとき』

を目安に、報告をしてみてください。

連絡は『事実をそのまま知らせること』

次に、連絡について解説します。

連絡は、簡単に言うと、

『ありのままの事実を知らせること』

になります。

 

例えば、

『作業中に、何かトラブルが発生した』

ときは、すぐに連絡をするなどです。

また、週の途中で、

『病気をしたため、休養を取って休む』

ときも、連絡ということになります。

 

つまり、連絡とは、

『現状を見て、起こっているありのままを知らせる』

ことなのです。

 

報告と似ている部分もありますが、連絡の場合、

『結果が出ていない部分も含めた現状』

も、連絡対象になります。

 

簡単に言うと、

『こうなるかもしれない』

という出来事も、見たり感じたりしたままを知らせることになります。

 

もちろん、憶測で物を言うわけではありません。

『こうしたことがあったため、別の可能性が出てくるかもしれない』

という事実がある場合に、連絡をするということです。

 

先程、病気の件を例に出しましたが、

『病気をして休養を取る』

という判断で連絡をしても、次の日には病気が治っている可能性があります。

その場合、問題なく作業が出来るため、これは、

『目の前の事実を踏まえた上の連絡』

となるのです。

 

つまり、連絡とは、

『目の前の事実と、それにより起こり得る出来事』

を知らせるようにすれば良いということになります。

相談は『自分だけで判断出来ない事』

次に、相談について解説します。

相談は、簡単に言うと、

『自分だけでは判断できないことを聞く』

ことになります。

 

人は、何かしらの作業をしている途中、

『自分の判断だけでは、解決出来ないこと』

に直面します。

 

例を挙げると、社会人として働いている場合、

『自分の権限を越える案件』

が出てきた場合、上司に話を持っていくことなどがあります。

こうすることで、

『自分だけでは解決できなかったことも、解決できる』

ため、かなり重要になるのです。

 

特に、仕事においては、

『相談が出来るかどうか』

で、効率が段違いに変わってくるのです。

人は、何か問題に直面すると、

『解決するための方法』

を、必死に考えます。

 

ですが、あまりにも自分の力を超えた問題に関しては、

『いくら考えても、解決方法が思いつかない』

ことがあるのです。

それにも関わらず、自分の頭だけで考え続ける人が多いのですが、これは、

『時間の無駄になる』

ことが、ほとんどです。

 

こんなことをするくらいなら、素直に、

『別の誰かに相談する』

ほうが、より効率的に問題解決が出来るのです。

 

ですが、だからと言って、

『何も考えずに、答えだけ聞く』

ことは、避けた方が良いでしょう。

 

人に相談するということは、

『相手の時間を使わせてもらう』

ことです。

その為、聞かれた側は、

『相談相手が自分の考えを持っているのか』

を見ることになるでしょう。

 

例えば、企画立案の際、

『方針が上手く決まらない』

ことがあるとします。

この場合、別の人に相談するとき、

『自分がどうしたいかを伝えずに、相手に丸投げしてしまう』

と、相手の不況を買うことになりかねないのです。

 

こうしたことを繰り返していると、

「自分で考えずに、人の意見ばかり当てにする奴」

と、相手に思われてしまうでしょう。

 

それでは、作業だけでなく、

『人間関係にも、大きな溝を作ってしまう』

ことになります。

その為、相手に相談する際は、

『自分の考えを伝えた後、どうすれば良いかを相談する』

ようにしましょう。

 

報告・連絡・相談は、密に行うべきもの

報告・連絡・相談 密にする

報告・連絡・相談について解説しました。

ここまでの内容を見れば、

『それぞれの言葉に、はっきりとした意味がある』

ということが分かります。

 

これら3つの言葉は、

『本当に必要となるものばかり』

のため、集団活動において、有効活用出来るでしょう。

集団で活動するなら、情報の共有は重要になる

社会において、ほとんどの人が、

『集団で活動する』

ことになります。

 

また、上下関係が出来るため、

『意思疎通と情報管理』

は、最重要事項になるのです。

その為、今回解説した、

『報告・連絡・相談』

は、確実に行えなければなりません。

 

これら3つが確実に出来れば、

『情報共有が万全になる』

ため、全てが円滑に回っていきます。

 

全ての物事において、

『情報の共有』

は、行動の肝になってきます。

基本的なことではありますが、

『これが出来れば、一生困らない』

と言っても過言ではないので、確実に覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『報告・連絡・相談は、基本であり奥義』

ということが言えます。

 

社会人として、初めに教えられることですが、

『最も重要なこと』

でもあるのが、報告・連絡・相談です。

これが出来るだけで、

『どの集団でも、生きていくことが出来る』

でしょう。

 

ですが、出来ているつもりでも、

『意外と出来ていない』

ことが多いものでもあります。

その為、常に報告・連絡・相談の意味を考え、

『確実に使い分けて使う』

ようにしてみてくださいね。

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.