違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

やぎ

その他の違い

山羊(やぎ)と羊(ひつじ)の違いをわかりやすく解説!その見分け方は?

『山羊(やぎ)』と『羊(ひつじ)』は、どうやって見分ければいいでしょうか?

『羊』の毛は、羊毛になるのだから、なんとなくモコモコした姿を想像しますよね。

でも、毛を刈った後の姿を見て、見分けがつくと自信を持って言えるでしょうか?

 

はなこ
この間、毛を刈られた『羊』を見たんだけどね。
それがどうしたの?
たろう
はなこ
『山羊』との違いが分からなかったのよ。
毛を刈った『羊』と『山羊』の違いか・・・

たしかに見分けがつかないかもしれないな。

たろう
はなこ
でしょ。

あれって、実は同じ動物なんじゃないの?

 

今回は、『山羊』と『羊』の違いについて解説し、その見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

『山羊(やぎ)』と『羊(ひつじ)』の違い

『山羊』も『羊』も、同じウシ科ヤギ亜科に属しています。

ウシ科に属しているので、牛と同じように

蹄(ひづめ)が二股に分かれていて(偶蹄目)、胃袋が4つある

など、共通した特徴を持っています。

『山羊』と『羊』は、このように近縁であることから、混同されることがあるわけですね。

しかし、『山羊』は『ヤギ属』の動物、『羊』は『ヒツジ属』の動物になります。

つまり、種としては異なるわけですね。

 

『山羊』と『羊』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『山羊』と『羊』の違い

  • 『山羊』は、一般的に毛が短く、『羊』は一般的に毛が長い
  • 『山羊』は、尾が短く、『羊』は尾が長い
  • 『山羊』には、あごひげがあるが、『羊』にはあごひげがない
  • 『山羊』は、少し曲がった角や骨瘤(こつりゅう)が特徴だが、『羊』は渦を巻いた角や角がないのが特徴である。
  • 『山羊』には、肉垂があり、『羊』には肉垂がない
  • 『山羊』は、雑食であり、『羊』は草食である。
  • 『山羊』は、好奇心旺盛で活発、攻撃的だが、『羊』は臆病でおとなしく、温厚な性格である。
  • 『山羊』は、崖などの高いところに登るが、『羊』は高いところには登らない

それでは、順番に詳しく見てみましょう。

 

体の特徴

一般的に、『山羊』は毛が短く、『羊』は毛が長いという特徴があります。

しかし、毛の長い『山羊』や毛が短い『羊』も存在します。

また、『羊』は毛を刈られてしまうと『山羊』と見分けられないですね。

 

『山羊』は尾が短く、『羊』は尾が長いという特徴の違いもあります。

これは見分けるために有効なのですが、飼育されている『羊』の場合、毛を採取しやすいように尾を切り落としている場合があります。

ですから、尾の長さで100%見分けができるわけではありません。

 

『山羊』にはあごひげがあり、『羊』にはあごひげがない、というのも違いのひとつです。

しかし、『山羊』のメスにはあごひげがない場合が多くです。

中には、オス・メスの両方にあごひげがない『山羊』もいます。

 

『山羊』の角は、少し後ろ側に曲がっているのが特徴です。

また、角がない種についても、骨瘤(こつりゅう)というコブ状のものが頭にあります。

『羊』の場合、渦を巻いた角が特徴ですね。

また、角を持たない種は骨瘤なども見られません。

 

『山羊』には、肉垂という部位があります。

肉垂とは、

耳や頬、あごのあたりから垂れ下がっている肉のかたまり

のことです。

しかし、肉垂のない『山羊』もいるので注意が必要です。

『羊』には肉垂はありません。

 

食べ物の違い

『山羊』は雑食です。

基本的には草を食べますが、木の葉や木の芽、木の実なども好んで食べます。

中には、人間の残飯を食べることもあるそうですよ。

 

なお、『山羊』は紙を食べることでも有名ですよね。

しかし、現在の紙には『山羊』が消化できない物質も含まれているので、食べさせないほうがいいでしょう。

『羊』は草食なので、地面に生えている牧草しか食べません。

 

性格の違い

一般に、『山羊』は好奇心旺盛で活発です。

そして、

攻撃的でもあります。

野生の『山羊』には、あまり近づかないほうがいいでしょう。

『山羊』の性格を利用して、『羊』の群れのリーダーとして混ぜ、その『山羊』を人間がコントロールすることで、群れを統率するのに役立つそうです。

 

『山羊』は、その性格からなのか、高いところに登るのが大好きです。

信じられないくらいに険しい絶壁に登る『山羊』もいます。

実際に見れば、どうやって登ったのか、目を疑いますよ。

 

『羊』は基本的におとなしく、温厚で臆病な性格です。

 

『山羊』と『羊』の見分け方

羊

『山羊』と『羊』を見分けるにはどうすればいいでしょうか?

 

次のように見分けるのが最も確実でしょう。

  1. 尾が長ければ『羊』
  2. あごひげがあれば『山羊』
  3. 肉垂があれば『山羊』
  4. 木の枝や根っこをかじっていたら『山羊』

まずは尾を観察しましょう。

もし、尾が長ければ『羊』だと判断することが可能です。

尾が短ければ、次にあごひげをチェックします。

あごひげがあれば『山羊』だと判断することが可能です。

あごひげがなければ、肉垂をチェックしましょう。

肉垂があれば『山羊』です。

肉垂もない場合、何を食べているか確認します。

木の枝や木の根っこをかじっていたら、それは『山羊』です。

 

これでも判別ができなかった場合は、飼育員さんや専門家の人に聞くしかないですね。

 

はなこ
結構、違いがあるものなのね。
これを覚えておけば、ほとんどは見分けられるね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『山羊』は、一般的に毛が短く、『羊』は一般的に毛が長い
  • 『山羊』は、尾が短く、『羊』は尾が長い
  • 『山羊』には、あごひげがあるが、『羊』にはあごひげがない
  • 『山羊』は、少し曲がった角や骨瘤(こつりゅう)が特徴だが、『羊』は渦を巻いた角や角がないのが特徴である。
  • 『山羊』には、肉垂があり、『羊』には肉垂がない
  • 『山羊』は、雑食であり、『羊』は草食である。
  • 『山羊』は、好奇心旺盛で活発、攻撃的だが、『羊』は臆病でおとなしく、温厚な性格である。
  • 『山羊』は、崖などの高いところに登るが、『羊』は高いところには登らない

『羊』がおとなしい性格だからといって、不用意に近づくのはやめましょう。

『羊』でも襲ってこないとは限りません。

『羊』かと思ったら、実際には『山羊』だったということもありえます。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.