違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

千葉

スポーツの違い

西千葉と東千葉の区切り・境目はどこ?高校野球の分け方をチェック

更新日:

高校野球ファンなら、注目していることが多い地域として、

『千葉県』

があります。

 

全国でも、屈指の激戦地域。

『約170校』

が参加している地域です。

そんな千葉でも、10年ごとに行われる記念大会では、

『東西の2地区』

に分けられています。

 

ですが、どちらの地区でも、

『レベルの高い試合』

が行われ、勝ち抜くのは難しくなっています。

 

今回は、そんな千葉県で行われる、

『西千葉と東千葉の区切り』

について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

西千葉と東千葉の区切りや分け方、境目とは?

千葉県における、高校野球の地区分けは、

『高校数』

によって分けられています。

 

およそ、

『西80、東80』

くらいの数になっており、そこでバランスが取れるようになっています。

西千葉に含まれる地域

まずは、西千葉に含まれる地域について紹介します。

西千葉は、

  • 習志野市
  • 船橋市
  • 市川市
  • 浦安市
  • 鎌ヶ谷市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 野田市
  • 我孫子市
  • 白井市
  • 印西市
  • 八千代市
  • 佐倉市
  • 四街道市

となります。

 

東千葉と比べると、少し地域が少ないのですが、

『高校数が多い』

ため、バランスは取れているのです。

東千葉に含まれる地域

次に、東千葉に含まれる地域について紹介します。

東千葉は、

『西千葉を除いた39地域』

となります。

 

千葉の主要都市である、

『千葉市』

も、東千葉に含まれています。

山や田園が多い地域となっており、

『東千葉よりも広い』

地域となっているのが特徴です。

 

高校野球における西千葉・東千葉の有力高校

野球

西千葉と東千葉の区切りや分け方について紹介しました。

広さこそ違いますが、

『それぞれ、千葉の有力高校が多い』

ため、勝ち抜くのが難しくなっています。

 

ここからは、

『それぞれの地区に存在する有力校』

についても紹介していきます。

西千葉の有力高校

まずは、西千葉の有力高校について紹介します。

西千葉で注目されている高校は、何と言っても、

『習志野』

となります。

 

過去に8度の甲子園出場を果たしており、

『西千葉の甲子園出場の最有力候補』

となっています。

また、他にも、

  • 専修大松戸
  • 中央学院
  • 流通経大柏
  • 八千代松陰
  • 市船橋

など、強豪校がひしめいています。

最近では、習志野に代わって、

『中央学院』

が、頭角を表しており、2018年の100回記念大会に出場も果たしています。

 

基本的に、甲子園出場が多い習志野が、頭1つ出ることが多いですが、

『中央学院をはじめ、あまり力に差がない』

ため、毎試合、白熱した試合が展開されているのです。

 

レベルが高いと言われる、千葉の高校野球ならではの特徴であり、

『他の地域からも注目されている』

のです。

東千葉の有力高校

次に、東千葉の有力高校について紹介します。

東千葉における、最有力候補は、

『木更津総合』

となっています。

 

これまでの甲子園出場回数は、

7回

となっており、1番多いわけではないのですが、現在勢いのある高校となっています。

直近での、甲子園出場年は、

  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2013年
  • 2012年

となっています。

 

特に、3年連続で甲子園出場を果たしているため、

『今が黄金時代』

となっており、千葉県でも最有力候補となるでしょう。

 

ですが、木更津総合以外にも、

  • 千葉黎明
  • 拓大紅陵
  • 東海大市原望洋
  • 成田
  • 千葉経大付

などがおり、どこも強豪校として有名です。

 

戦国千葉とも呼ばれるほど、激戦になることが多い

お城

千葉県における、高校野球の区分について紹介しました。

そして、これまで何度も紹介しているように、千葉県は、

『全国でも有数の激戦区』

となっています。

 

あまりにも激戦区であることから、

『戦国千葉』

の異名を取るくらいです。

まさに、戦国時代さながらの様相を呈しているということですね。

千葉の4強

どこの高校も、均衡した戦力を持っているのですが、その中でも、

  • 木更津総合
  • 習志野
  • 専大松戸
  • 東海大市原望洋

が、千葉の4強として君臨しています。

 

最近は、中央学院も台頭してきたので、

『5大巨頭』

としての形が生まれつつあります。

油断すると、他の高校に足元を掬われる

千葉の4強と、新星である中央学院を紹介しましたが、

『油断すると、他の高校が簡単に台頭する』

のも、千葉県の特徴です。

 

上位チームの足元を掬う可能性があるのは、

  • 銚子商
  • 千葉黎明
  • 拓大紅陵

などが、有力候補です。

 

また、他にも、

  • 検見川
  • 志学館
  • 四街道
  • 八千代松陰
  • 市立船橋

なども、徐々に力を付けているのです。

 

ここまで挙げた学校は、

『どこも優勝する可能性を秘めている』

ところばかりであり、次の大会で頭角を現しても不思議ではありません。

 

実際、上位の高校も、

『足元を掬われて、優勝を逃す』

ことがよくあるのです。

高校野球は、多かれ少なかれ、

『大判狂わせが起きやすい』

ものですが、千葉は、なおのこと際立っているのです。

 

その分、見どころ満載になっているため、

『野球ファンなら、見ておいて損はない』

と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回のまとめとしては、

『西千葉と東千葉は、それぞれレベルが拮抗している』

ということが言えます。

 

千葉県にある高校の野球部は、本当に、

『どこもレベルが高く、力が拮抗している』

ため、勝敗が予想できないことが多くなっています。

これは、区切りをつけたとしても、

『全く変わらない事実』

となっています。

 

高校野球で、熱い試合を観たいなら、

『千葉県予選』

を見てみることをおすすめします。

どこも、白熱した試合を観ることが出来ますよ。

関連記事
東東京と西東京の区切り・境目はどこ?高校野球での分け方もチェック

日本の首都と言えば、 『東京』 ということは、誰もが知っていることになります。   ですが、この東京は、昔から、 『東東京・西東京』 に分けられることがよくあります。 これは、人口密集地であ ...

続きを見る

関連記事

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.