違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

赤い糸

その他の違い

『会う』と『逢う』の意味の違いをわかりやすく解説【使い分け方】

『あう』という言葉、いろんな字がありますよね。

『会う』『逢う』『遭う』『合う』『遇う』などなど。

では、『会う』と書いたときと『逢う』と書いたときでは、いったい何が違うのでしょうか?

 

はなこ
『あう』って言葉、たくさんあるでしょ?
そうだね、ちょっと考えただけで5つくらいは出てくるかな。
たろう
はなこ
『会う』と『逢う』って、いったい何が違うんだろう?
どちらも人と顔を合わせることだけど、なんとなくニュアンスが違うかな?
たろう
はなこ
そんな曖昧なのじゃなくて、はっきりとした違いを知りたいの。

やっぱり、調べるしかないかな。

 

今回は、『会う』と『逢う』の意味の違いを解説し、その使い分け方について紹介します。

スポンサーリンク

『会う』と『逢う』の意味

まずは、『会う』と『逢う』で使われている漢字に着目してみましょう。

 

『会』

『会』には、次の5つの意味があります。

  1. あう。であう。(『会見』『会談』『会話』など)
  2. 集まる。集める。(『会議』『会合』『会社』など)
  3. 心にかなう。悟る。(『会得』『会心』など)
  4. とき。おり。(『機会』など)
  5. 数える。(『会計』など)

元々は、2の『集まる』という意味に使われていました。

『人が集まる』ということは『あう』ということと同じですから、やがて『会う』という言葉になったようです。

 

『逢』

『逢』には大きく2つの意味があります。

  1. あう。であう。むかえる。(『逢着』『相逢』など)
  2. 大きい。ゆたか。(『逢坂』など)

1はそのままの意味ですね。

しかし、『会』とは違い、

『偶然出会う』という意味を持っています。

特に男女があう場合の熟語が非常に多いですね(『逢引』『逢瀬』など)。

『逢坂』は地名として使われます。

 

『会う』と『逢う』の違い

赤い糸

赤い糸

『会う』と『逢う』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『会う』と『逢う』の違い

  • 『会う』には、単に複数のものが1つの場所に集まることを意味するだけだが、『逢う』にはそこに偶然が含まれる
  • 『逢う』は、男女があう場合に使われることが多い。
  • 『会う』は、不特定多数が集まる場合、『逢う』は、2人が集まる場合に使われる。

それでは、順番に細かく見てみましょう。

 

偶然と必然

『会う』は、

はじめから予定されていて集まるとき

に使われることが多いです。

渋谷で友人たちと会う約束をした。

といった感じで使いますね。

 

しかし、『逢う』には偶然であることが含まれる場合が多いです。

図書館に立ち寄ったときに、元カレにばったり逢ってしまった。

という場合に使われます。

 

男女があう場合

男女があう場合には、『会う』よりも『逢う』のほうが多く使われます。

今日の仕事帰りに、彼女といつもの喫茶店で逢うことになった。

 

しかし、『逢う』には恋人同士だけに使われるわけではありません。

3年の間、探し回り、ようやく親の敵(かたき)に逢うことができた。

敵に対しても『逢う』という言葉を使うことがありますよ。

 

集まる人数

『会う』は、不特定多数が集まる場合に使われます。

集会では100人の人と会うことになった。

 

それに対して、『逢う』は2人だけが集まる場合が多いですね。

昨日は、デートで彼氏と逢っていました。

 

はなこ
なるほどね。

『逢う』には偶然や男女間の逢い引きといった意味が込められているのね。

基本は『会う』を使って、偶然の出会いや男女の集まりに『逢う』を使うと考えればいいのかな?
たろう

 

『会う』と『逢う』の使い分け方

それでは、いくつかの例文を使ってどちらのほうが正しいかを見てみましょう。

 

昨日、アメリカに住んでいる友人と久しぶりに(  )った。

この場合、どちらのほうが正しいでしょうか?

友人と『あった』のは、1人だけとは限りません。

それに、『偶然あった』わけでもないので、ここでは『会う』のほうが正しいですね。

 

運命の人に(  )えるだなんて、そんな夢みたいなこと起こるはずないよ。

ここでは、『偶然あう』というニュアンスが込められています。

ですから、『逢う』のほうが適しているでしょう。

 

初めて(  )う人なので、すごく緊張します。

普通に『あう』だけですから、ここでは『会う』で問題ないですね。

 

いつでも恋人に(  )いたいと思うのは、当然のことかも知れません。

恋人に『あう』のですから、男女間の話になり『逢う』のほうが適切でしょう。

 

ところで、『あう』という言葉、他にも『合う』『遭う』『遇う』がありましたね。

それぞれは何が違うのでしょうか?

 

『合う』も複数のものが1つに集まることを表しますが、対象は人ではなく物事になります

意見が合う

大きさが合う

日本酒に合う

など、ピッタリ一致するという意味ですね。

 

『遭う』は、好ましくない出来事が降りかかることに対して使われます。

盗難に遭う

交通事故に遭う

痛い目に遭う

といった感じに使われたりしますね。

 

そして、『遇う』は、偶然、好ましいことが身に起こることを表します。

有名人に遇う

昔の友人に遇う

幸運に遇う

という使い方が一般的です。

『遇う』という言葉は、『会う』や『逢う』を使っても問題ない場合もあります。

しかし、『合う』や『遭う』に対しては、他の言葉は当てはまらないので注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『会う』には、単に複数のものが1つの場所に集まることを意味するだけだが、『逢う』にはそこに偶然が含まれる
  • 『逢う』は、男女があう場合に使われることが多い。
  • 『会う』は、不特定多数が集まる場合、『逢う』は、2人が集まる場合に使われる。

基本は『会う』を使えば、たいていの場合、問題はありません。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.