違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

わらび餅

食べ物の違い

葛餅とわらび餅の違いとは?材料や作り方をわかりやすく解説!

夏になると食べたくなる定番のお菓子に『葛餅』と『わらび餅』を挙げる人は多いです。

どちらも涼し気な見た目に、プルンとした食感が特徴ですよね。

原材料は、どちらもデンプンです。

ただ、名前に違いがあることは、何か異なる点があるということ。

では、いったい何が異なるのでしょうか?

 

はなこ
この間、親戚から『葛餅』をもらったの。

すごく美味しかったわ。

僕は『わらび餅』をよく食べるけど、『葛餅』とは違うものなの?
たろう
はなこ
そうね・・・食感はよく似ているわね。
もしかして、同じものなのかな?
たろう
はなこ
そんな事ないでしょ。

名前が違うんだから別物のはずよ。

じゃあ、ちょっと調べてみましょうか。

 

今回は、『葛餅』と『わらび餅』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『葛餅』『わらび餅』の材料と作り方

まずは、『葛餅』と『わらび餅』の材料や作り方について見てみましょう。

 

『葛餅』の材料と作り方

『葛餅』は、関西で誕生した食べ物です。

"葛"とは、マメ科のつる性多年草で、秋の七草のひとつでもあります。

この葛の根から採れるデンプンを精製したものが『葛粉』です。

『葛粉』に水と砂糖を加え、火にかけて練っていくと、半透明になってとろみが生じるようになります。

これを冷やし固めたものが『葛餅』です。

 

葛の収穫量は少なく、『葛粉』の精製にも時間と手間がかかることから、国産の『葛粉』は非常に希少であり、高価な食材になります。

そのため、中国などの外国産の『葛粉』や、芋・トウモロコシのデンプンを使った『葛餅』も多いですね。

奈良県は『葛粉』の名産地であり、奈良や京都には『葛餅』の名店が数多く見られます。

特に、奈良県吉野にある『吉野葛』は、葛の中でも一級品として有名です。

 

ちなみに

関東にも『くず餅』はあります。

ただし、関東は『久寿餅』と書きます。

材料や製法も異なり、『久寿餅』は、小麦粉からグルテンを除いたデンプンを乳酸菌で発酵させて作ります。

 

『わらび餅』の材料と作り方

『わらび餅』の原材料は、わらびの根から採れるデンプンを乾燥させ、粉末状にした『わらび粉』です。

製法は『葛餅』とほとんど同じで、

『わらび粉』に水と砂糖を混ぜて火にかけ、とろみが生じるようになったら冷やし固めます。

 

『わらび粉』の精製も非常に手間と時間がかかり、わらびから精製できるデンプンの量も、元の5%程度とごくわずかです。

希少で高価な食材なため、一般的に売られている『わらび餅』は、芋やレンコンのデンプンを使ったものが多くなっています。

 

『わらび餅』は、第60代の醍醐天皇が好物だったと言い伝えられています。

そのため、『太夫の位を授けた』という話もあり、そこから『わらび餅』のことを『岡太夫』とも呼びます。

 

はなこ
本物の国産『葛粉』を使った『葛餅』は、なかなか食べる機会がないみたいね。
それは『わらび餅』も同じらしいよ。

僕が食べていたのは、やっぱり本物ではないのかな?

たろう

 

『葛餅』と『わらび餅』の違い

『葛餅』と『わらび餅』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『葛餅』と『わらび餅』の違い

  • 『葛餅』の原材料は『葛粉』で、『わらび餅』の原材料は『わらび粉』
  • 『葛餅』の食感は軽く、滑らかな口当たり、『わらび餅』の食感はもっちりとした弾力と強いコシが特徴である。
  • 『葛餅』は透き通った外観で、『わらび餅』は黒に近い色をしている。

それでは、順番に細かく見てみましょう。

 

原材料の違い

『葛餅』の原材料は『葛粉』であり、マメ科のつる性多年草の根から採れるのでしたね。

それに対して

『わらび餅』の原材料は『わらび粉』で、わらびの根から採れます。

 

しかし、どちらもデンプンが主原料であり、製法も驚くほど似ていました。

そのため、プルプルした見た目については、どちらも似ているわけですね。

 

食感の違い

『葛餅』の食感は、『わらび餅』に比べると軽く、ツルンと滑らかな口当たりが特徴です。

しかし、

『わらび餅』はもっちりとしていて、強いコシを持っています。

同じデンプンを使っているのに、食感にはこれだけの差があるのですね。

 

色の違い

異なるのは食感だけではありません。

『葛餅』は、透明な外観が特徴です。

それに対して、

『わらび餅』は黒に近い色をしています。

 

ここで、

「『わらび餅』は黒色じゃない、透明だった。」

と思う人は多いと思います。

しかし、本物の『わらび粉』100%で作った『わらび餅』は黒色なのが特徴です。

透明な『わらび餅』は、混ぜものがしてあるでしょう。

 

黒色の『わらび餅』なんて、食べたことがないや。

やっぱり、本物の『わらび餅』ではなかったのか。

たろう
はなこ
100%『わらび粉』の『わらび餅』を、一度でいいから食べてみたいわね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『葛餅』の原材料は『葛粉』で、『わらび餅』の原材料は『わらび粉』
  • 『葛餅』の食感は、軽く、滑らかな口当たり、『わらび餅』の食感はもっちりとした弾力と強いコシが特徴である。
  • 『葛餅』は透き通った外観で、『わらび餅』は黒に近い色をしている。

『葛餅』も『わらび餅』も、夏にピッタリの和菓子です。

暑い日には、冷やした『葛餅』や『わらび餅』を食べてみてくださいね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.