違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ファッションの違い

サコッシュとショルダーバッグの違いとは?見分け方をチェック!

『サコッシュ』は、数年前から人気が出て来た、新しいファッションアイテムです。

ちょっとした、お出かけの時にも手軽に使えて、便利ですよね。

 

ところで、サコッシュは肩から掛けるバッグです。

ショルダーバッグと、そう変わりはないような気もします。

 

  • サコッシュ
  • ショルダーバッグ

この2つ、一体何が違うのでしょうか?

また、どう見分けたら良いのでしょうか。

 

ということで今回は

  • サコッシュとショルダーバッグの違い
  • サコッシュとショルダーバッグの見分け方

についてチェックしていきましょう。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

サコッシュとショルダーバッグの違いは?

『サコッシュ』『ショルダーバッグ』とは?

まず、『サコッシュ』と『ショルダーバッグ』は、それぞれどんなものか、確認しておきましょう。

 

先に『ショルダーバッグ』についてですが、

『ショルダーバッグ』とは、

『肩掛けかばん』、つまり肩に掛けて持ち歩くかばん全般

のことです。

 

『ショルダーバッグ』には、『ショルダーバッグ』と呼ばれるものの他にも

  • ポシェット
  • ボディバッグ
  • メッセンジャーバッグ

など、いろいろな種類があります。

 

『サコッシュ』は、肩に掛けて持ち歩く、薄型で小さなバッグのこと。

もともとは、

自転車のロードレース時に、エネルギー補給のための食べ物などを運ぶため

に使われていました。

それがファッションアイテムとして使われるようになったのです。

 

サコッシュも『肩に掛けて持ち歩く』バッグなので、

『ショルダーバッグ』の一種です。

サコッシュとショルダーバッグの関係は、図にするとこういうことになります。

サコッシュとショルダーバッグの関係

サコッシュとショルダーバッグの関係

『サコッシュ』は他のショルダーバッグとどう違う?

では、サコッシュとショルダーバッグの違いを見ていきましょう。

 

といっても、ショルダーバッグは実にいろいろな種類があります。

ですから、ここではサコッシュの特徴についてお話ししましょう。

 

サコッシュの特徴は『小さくて薄いこと』

サコッシュの特徴は

  • 小さい
  • 薄い

ということです。

 

サコッシュのサイズは、だいたいB5のノート前後の大きさのものが多いようです。

また、マチもないので薄く、軽くできています。

もともとが、スポーツで使うものですから、コンパクトにできているのです。

たくさんの物を入れることはできませんが、動く時にも邪魔になりにくいことが、サコッシュの長所です。

サコッシュはどんな風に使うのに向いている?

サコッシュは、財布や鍵、スマホなど、ちょっとした物を入れて持ち歩くのに向いています。

ちょっと近所のコンビニに行く時のような、持ち物が少ない時にはうってつけですね。

サコッシュに入れれば、落としてしまう心配もありません。

 

ただ、サコッシュは小さいので、いろいろまとめて持って歩くことはできません。

こんな風に、いろいろな物をがばっと入れるなら、やはり大きめのショルダーバッグが必要です。

ショルダーバッグならこんなに入る

ショルダーバッグならこんなに入る

 

デザインの特徴

サコッシュは、基本的にはシンプルなデザインが多いです。

元はロードレースで使われていたものだから、ということもあるのでしょう。

でも最近は、デザイン性のあるおしゃれなサコッシュも増えています。

 

また、開口部分は、ファスナー式のものが主流です。

 

他のショルダーバッグだと、シンプルなものやスポーティーなもの、ファッション性重視のものなど、いろいろありますね。

開口部分も

  • 特に何も付いていない
  • スナップやベルトなどで軽く止める
  • ファスナー式
  • フラップ(ふた)が付いている

など、さまざまです。

 

重視する機能

サコッシュの作りで重視されているのは、『物を出し入れしやすいこと』。

これも、もともと自転車のロードレースで使われていたことから、出し入れしやすいように作られているのでしょう。

 

他のショルダーバッグは、

  • 小さくてファッション性重視のもの
  • 容量をたっぷり確保しつつ、ファッション性を重視したもの
  • 容量重視でシンプルなデザインのもの
  • ポケットがたくさんあるなど、収納性を重視したもの

など、いろいろなものがあります。

サコッシュとショルダーバッグの名前の由来は?

『サコッシュ』と『ショルダーバッグ』の名前の由来の違いを見てみましょう。

 

『サコッシュ』は、フランス語で『袋』『荷物かご』を意味する『sachoche』です。

フランスでは、自転車のロードレースが盛んです。

そこで使われていた呼び名が、そのままバッグの名前として使われるようになったのでしょう。

 

『ショルダーバッグ』の『ショルダー』は、英語で『肩』を意味する『shoulder』が日本語化したもの。

それと『バッグ』が組み合わさって、『ショルダーバッグ』となりました。

意味もそのまま、『肩掛けかばん』です。

ちなみに『ポシェット』『ミュゼットバッグ』はどう違う?

サコッシュと似たようなものには、

  • ポシェット
  • ミュゼットバッグ

というアイテムもあります。

この2つについても、サコッシュとの違いを簡単に紹介しましょう。

 

『ポシェット』とサコッシュの違い

『ポシェット』は、フランス語で『小さなポケット』のこと。

これもショルダーバッグの一種ですが、

  • ファッションアイテムとしての要素が強い
  • デザイン性や装飾性が重視されている
  • 主に女性用や子ども用がメイン
  • 開口部にフラップがかぶさっているデザインのものも多い

という点が、サコッシュと違います。

 

『ミュゼットバッグ』とサコッシュの違い

『ミュゼットバッグ』も、ショルダーバッグの1つ。

『ミュゼットバッグ』という名称はサコッシュの別名とも言われていますが、一般的に

  • 大きさはA4の書類が入るくらいで、一般的なサコッシュより少し大きめ
  • コットン素材のものがメイン

という違いがあると言われています。

 

でも、コットン素材のサコッシュや、大きめのサコッシュもあります。

ですから、

『ミュゼットバッグ』と『サコッシュ』は、はっきりと区別されているわけではありません。

 

サコッシュとショルダーバッグの見分け方は?

サコッシュってどうやったら見分けられる?

サコッシュと他のショルダーバッグの見分け方はこれ!

サコッシュの特徴をつかんでおけば、サコッシュと他のショルダーバッグを見分けるのは簡単です。

 

その特徴とは

  • 肩から斜めがけできる
  • 肩ひもが細い
  • 薄型でマチがない
  • 大きさは、だいたいB5判くらい
  • 横長
  • 開口部にファスナーが付いている

 

そして、

『わりとシンプルなデザインで、スタイリッシュではあっても派手ではない』

というのもサコッシュの特徴です。

 

ただし、デザインとしての特徴は、今後変化する可能性もあります。

ファッションアイテムって、時代とともに変化しますからね。

サコッシュはこんなシーンで活躍してくれる

サコッシュには、たくさん物を入れることはできません。

でも、コンパクトだからこその使い方があります。

 

たとえば

  • リュックで出かける時に、サコッシュに財布やスマホ、ICカードなどを入れておく(リュックを降ろさなくても必要なものが取り出せる)
  • 折りたたんでバッグに入れておいて、小さなバッグが必要になった時に使う
  • 人ごみの中に行く時に、財布など大事なものを入れて、盗難防止のために前掛けにしておく

など。

 

サコッシュの利点は、小さくて薄いので、前掛けにしてもあまり邪魔にならないこと。

また、前掛け、横掛け、後ろ掛けと、シーンに合わせた使い方ができます。

アイディア次第で、かなり使いでのあるアイテムですよ!

 

ただし、アウトドアやスポーツで使う場合は、

何かに引っかかったりしないように、ストラップの長さや掛ける位置などに気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

サコッシュは、ショルダーバッグの一種です。

サコッシュとショルダーバッグの違いは

ショルダーバッグ

⇒肩から掛けるバッグ全般のことで、小さい物から大きいものまで、シンプルな物からファッショナブルなものまである

サコッシュ

⇒だいたいB5判前後くらいの大きさで、薄くて軽く、シンプルな作りのものが多い

 

サコッシュは、たくさん物を入れることはできません。

でも、物を出し入れしやすくできていることから、『必要な時にパッと取り出したい物』を入れるのに向いています。

 

サコッシュは、シンプルなモノが多いのですが、最近ではスタイリッシュなサコッシュも多く出てきています。

おしゃれアイテムとしても活用できますし、ちょっとした外出には、便利です。

ぜひ使ってみてくださいね!

関連記事

-ファッションの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.