違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

謹賀新年と恭賀新年の違いとは?意味と使い分け方を解説!

最近は、メールやSNSで新年の挨拶を交わすことも、すっかり当たり前になりました。

でも、年賀状でのお正月ならではのご挨拶も、風情があっていいものですね。

 

ところで、年賀状に書くお祝いの言葉、『賀詞』には、いろいろな種類があります。

どの賀詞を選んだらいいの?

と、迷ってしまうこともあるでしょう。

特に、仕事で関わりのある相手に送るなら、失礼にならない賀詞を選びたいものです。

 

ということで、今回は

賀詞の中でも特によく使われる『謹賀新年』と、これによく似た『恭賀新年』

この2つの違いや意味、そして使い分け方を解説します。

ぜひ最後まで読んで、ワンランク上の年賀状を目指してください!

スポンサーリンク

『謹賀新年』と『恭賀新年の』意味は?

『謹賀新年』『恭賀新年』ってどういう意味?

『謹賀新年』の意味

『謹賀新年』の意味は、

『謹んで新年のお祝いを申し上げます』

ということです。

 

『謹む』とは、

相手に敬意を持ち、礼を尽くして言葉を発したり行動したりすること。

 

『謹賀新年』は、

あなたに対して敬意を表します。

という姿勢を含めて、お祝いの気持ちを表現する言葉なのです。

『恭賀新年』の意味

『恭賀新年』の意味は

『恭(うやうや)しく新年をお祝い申し上げます』

ということ。

 

『恭しい』とは、

『敬意を込め、礼節をもって丁寧に接する』

という意味です。

 

なので、『恭賀新年』にも、

『敬意と礼節をもって新年の挨拶を送る』

という意味が含まれています。

 

『祈願新年』と『恭賀新年』の違いは何?

『謹賀新年』と『恭賀新年』ってどう違うんだろう?

『謹賀新年』と『恭賀新年』に大きな違いはない

では、『謹賀新年』と『恭賀新年』の違いって何なのでしょうか。

 

実は

『謹賀新年』と『恭賀新年』の違いは、ないに等しいです。

 

先ほどの、それぞれの言葉の意味をもう一度見てみましょう。

『謹賀新年』

⇒謹んで(敬意を持ち、礼を尽くして)新年のお祝いを申し上げます。

『恭賀新年』

⇒うやうやしく(敬意と礼節をもって)新年をお祝い申し上げます。

 

つまりこの2つの賀詞は、

『謹』と『恭』の字が違うだけで、意味は同じなのです。

『謹賀新年』と『恭賀新年』の微妙な違い

『謹賀新年』と『恭賀新年』は、ほとんど同じですが、まったく違いがないわけではありません。

  • 『恭賀新年』より『謹賀新年』のほうがよく使われる
  • 『謹賀新年』は『謹んで』、『恭賀新年』は『恭しく』
  • 使う文字が『謹』か『恭』か

というところが違います。

 

『謹賀新年』はメジャーな賀詞

『謹賀新年』は、とてもよく使われる賀詞です。

一方、『恭賀新年』は、『謹賀新年』よりも使われることが少ないです。

売っている年賀状や受け取った年賀状をみれば、その差は一目瞭然。

 

残念ながら、なぜその差があるのかの理由は不明です。

でも、『恭しく』より『謹んで』のほうが、馴染みがあるからかなと、筆者は考えています。

 

『謹んで』と『恭しく』はどう違う?

『謹んで』と『恭しく』はどう違うのでしょうか?

 

辞書を引いて見ると、

謹しむ

⇒相手を敬う気持ちを表す、かしこまる

恭しい

⇒丁寧で礼儀正しい、丁重である

 

この辞書に書いてある意味をそのまま受け取ると、

  • 『謹む』は、相手を敬う気持ちがポイント
  • 『恭しい』は、どういう態度で行動するかがポイント

とも言えますね。

 

ただし、『謹む』という言葉には、

恭しくかしこまる、という意味が含まれている』

とする辞書もあります。

それを考えると、やはり意味としては、大きな差はないと捉えるのが自然でしょう。

 

『謹』と『恭』の字源は?

『謹』と『恭』の字源はどう違うのでしょうか?

 

『謹』は左が言偏、右側は、元々は『堇』という字でした。

この『堇』という字は、『雨ごい』を表す象形文字が変化したものです。

 

雨ごいは、日照りが続く時に行われていました。

雨ごいをするほどの日照り続きとなれば、実りも少ないです。

そこから、『堇』は『少ない』という意味の文字になり、

『謹』=『言葉』+『少ない』

ということで、

『言葉を少なくしてつつしむこと』

という意味になったのです。

 

『恭』の字は、上に『共』、下に『心』という構成になっています。

 

『共』の字は、『両手に供え物をもって差し出す様子』を表したもの。

それに『心』を付けることで、

『お供え物をする時の気持ち』を表し、『恭しくかしこまる』

という意味になりました。

他にはどんな賀詞がある?

年賀状に使う賀詞は、『謹賀新年』と『恭賀新年』の他にも沢山あります。

ざっと紹介しましょう。

 

賀詞意味
寿おめでたい
幸せ
お祝い
新年
賀正お正月をお祝いする
迎春新しい年を迎える
新年新しい年
慶賀おめでたいことを祝う
慶春新しい年を喜ぶ
頌春新しい年をたたえる
慶頌新禧(けいしょうしんき)恭しく新年の喜びをお讃え申し上げます
慶賀光春(けいがこうしゅん)輝かしい新年のお喜びを申し上げます
新春万福(しんしゅんばんぷく)新年に沢山の幸せがありますように

 

さらに、話し言葉をそのまま賀詞とする

  • あけましておめでとうございます
  • 新年おめでとうございます
  • 新春のおよろこびを申し上げます
  • 謹んで新年のお祝いを申し上げます

などもあります。

本当にバリエーションが豊富ですね。

 

そして、耳慣れない人も多いかもしれませんが、『一陽来復』という賀詞もあります。

一陽来復

  • 冬が終わり、春が来ること
  • 新年が来ること
  • 悪いことが続いた後で幸せが巡ってくること

2011年の12月に朝日新聞の『天声人語』でも紹介されました。

 

2011年は、東日本大震災があった年。

あまりにも大きな災害と原発事故が起きた後ですから、めでたさを前面に出す言葉をためらう人も多くいました。

そういった人にとっては、『一陽来復』は使いやすい賀詞だったのでしょう。

筆者も使いましたし、届いた年賀状にも、『一陽来復』の賀詞のものがいくつかありました。

 

このように、何かをきっかけにあまり使われない賀詞が広まることもあるんですね。

 

『謹賀新年』と『恭賀新年』その他の賀詞の使い分け方

『賀詞』って、どれをどう使えばいいんだろう?

『謹賀新年』と『恭賀新年』の使い分け方は?

『謹賀新年』と『恭賀新年』の使い分け方は、特にありません。

どちらも同じ意味ですし、敬意や礼節もある賀詞ですから同じように使えます。

 

使い分け方があるとすれば、

オーソドックスな賀詞を使いたい・とにかく無難な賀詞を選びたい

⇒『謹賀新年』

人とはちょっと違う賀詞を使いたいが、確実に失礼のないものを選びたい

⇒『恭賀新年』

というくらいでしょう。

 

この2つの賀詞は、両方とも

  • 目上の人や取引先、顧客など仕事で関りのある人
  • 同僚や同期など、対等な関係の人
  • 部下や後輩など、目下の人
  • 学校時代の恩師やプライベートでお世話になっている人
  • 友人、恋人など、親しい間柄の人
  • 親せきなど、血縁関係のある人

など、どんな立場の相手に対してでも、オールマイティーに使える賀詞です。

安心して使ってくださいね!

『謹賀新年』『恭賀新年』は女性は使わないほうがいいって本当?

年賀状のマナーでは、

  • 『謹賀新年』や『恭賀新年』といった4文字の賀詞は、本来男性が使うもので、女性が使うべきではない。
  • 女性は、4文字の賀詞ではなく、『謹んで新年のお祝いを申し上げます』などと書くべき。

と言われたりします。

 

でも、性別によって使う言葉が分けられることに、違和感を持つ人もいます。

 

これは人によって考え方が分かれるところですが、筆者としては、

『年賀状を送る相手に対して失礼のない範囲で、その人らしい賀詞を使うのが良い』

と考えています。

 

そもそもなぜ『女性は4文字の賀詞を使うべきではない』と言われるようになったのか。

それは、

  • 新年の挨拶は、昔は男性の役割だった
  • 『謹賀新年』や『恭賀新年』などの4文字の賀詞は元が漢文で、漢文は男子の教養だった

といった理由からです。

 

でも今は、『女性だから、男性だから』で、役割や教養を決める時代ではありませんよね。

性別も、単純に2つに分けられるものでもありません。

 

ですから、『マナーとして言われている』ということを理解したうえで、

  • 伝統的なやりかたや言葉遣いに従うのが、自分らしい
  • 性別や伝統にとらわれず、使いたい賀詞を使うのが自分らしい

など、『どうすることが、自分らしいか』で決めるのが良いと考えています。

 

そして、他の人が書いた年賀状に対して

女性なのに4文字の賀詞を使うなんて、どうなの?

などと、自分のマナーで相手を計らないことも、マナーの1つですよ。

その他の賀詞の使い分け方

『謹賀新年』と『恭賀新年』は、誰に対しても使える賀詞ですが、

賀詞全体で考える時には、やはり相手によって使い分け方があります。

 

賀詞の使い分け方は

目上の人、取引先、顧客など、失礼のないきちんとした年賀状を送りたい相手

⇒4文字以上で、日本語の賀詞

対等な関係の人や目下の人、友人や恋人などの親しい相手

⇒どんな賀詞でも良い

 

具体的に挙げると

目上の人や仕事に関わる人など、礼節のある年賀状を送る相手には

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 新春のおよろこびを申し上げます
  • 謹んで新年のお祝いを申し上げます

など

 

同僚や後輩、友人知人など、フランクな年賀状で良いなら

  • 新春
  • 賀春
  • 寿
  • あけましておめでとうございます
  • Happy New Year
  • 謹賀新年
  • 恭賀新年

など、どれでもOKです。

 

『目上の人には、4文字以上の賀詞を』

これをしっかり覚えておけば、使い分けは簡単ですよ。

なぜ『目上の人には4文字以上』なのか?

なぜ、目上の人への賀詞は4文字以上でないといけないのでしょうか?

 

その理由は、1~2文字の賀詞には

  • 『謹んで』『恭しく』といった、相手を敬う気持ちを表す言葉が入っていない
  • 4文字の賀詞を略して書いたもの
  • 事実を述べているだけで、『祝う』という意味の言葉が入っていない

ということからです。

 

相手への敬意を表していない賀詞

たとえば、

  • 『寿』(『めでたい』)
  • 『福』(『幸せ』)
  • 『賀春』(『新年を祝う』)
  • 『慶春』(『新しい年をたたえる』)

といった賀詞は、

相手に対して『敬意をもってお祝いを申し上げる』というニュアンスが入っていません。

 

目上の人に対しては、敬意を表すことも大切です。

新年の節目の挨拶となれば、なおさらですよね。

ですから、上記の賀詞は、目上の人には向かないのです。

 

略された賀詞

たとえば『賀正』は、『新年を祝います』を略した言葉。

『あけましておめでとうございます』を『あけおめ』と書くようなものです。

 

目上の人に対しては、こうした略語は使わないですよね。

ということで、これも目上の人への年賀状には向きません。

 

事実を述べているだけの賀詞

新年を表す言葉って、それだけでおめでたい感じがするものですが、

実は、賀詞の中にはお祝いの言葉すら入っていない賀詞もあります。

 

これも例を挙げましょう。

  • 『春』(『新年』)
  • 『迎春』(『新年を迎えた』)
  • 『慶春』(『新しい年を喜ぶ』)

 

こうした賀詞には、厳密には『おめでとう』『お祝いを伝える』という意味はなく、

『新しい年になった』『新年を喜んでいる』という事実を述べているだけです。

『敬意をもってお祝いを伝える』というニュアンスも、ありません。

 

なので、このような賀詞も、目上の人への年賀状には使わないのです。

賀詞の使い方の注意点

賀詞の使い方には、『目上の人への年賀状には4文字以上』ということの他にも、

  • 賀詞を重複させない
  • 目上の人には縦書きで日本語の賀詞を使う

ということに気を付けましょう。

 

賀詞は1つだけにする

たとえば、

『謹賀新年』と賀詞を書いた後に『あけましておめでとうございます』と書くと、賀詞が重複してしまいます。

賀詞は1つで良いのです。

重複しないようにしましょう。

 

賀詞の重複で特に気付きにくいのが

『新年あけましておめでとうございます』

という書き方です。

 

一見、違和感はなさそうですよね。

しかし、

『あけまして』という言葉が『新しい年』を意味するので、同じ意味の言葉が重複しています。

『頭痛が痛い』や『違和感を感じる』と似た感じですね。

 

他にも、

  • 自筆で複数の賀詞を書く
  • デザインの中に複数の賀詞を入れる

は、避けましょう。

 

ただし、『春』や『福』などの言葉をイラスト化したデザインの年賀状に、自筆で『あけましておめでとうございます』などと書くのは、問題ありません。

 

目上の人には、縦書きで日本語の賀詞が無難

やはり年賀状は、縦書きで日本語の賀詞のほうが礼儀正しい印象を与えます。

目上の人や取引先の人、顧客などへの年賀状は、縦書きで日本語の賀詞

を使うと良いですよ。

 

本来は、横書きだからと言って、相手を敬う気持ちが減るわけではありません。

『Happy New Year』など、外国語の賀詞も、目上目下関係なく使える賀詞です。

 

でも、横書きの年賀状や外国語の賀詞は、どうしてもカジュアル目な印象になりがちです。

中には、文章がフォーマルであっても、カジュアルに感じる人もいるでしょう。

 

ですから、きちんとした年賀状を送る相手に対しては、『日本語で縦書き』が無難です。

年賀状そのものの使い分けもおすすめ

ここまで読んできて、

賀詞の使い方があるのはわかるけど、友達にあんまりかっちりした年賀状を送るのもよそよそしいかなぁ…。

と思う人もいるでしょう。

 

そんな時は、

  • 目上の人向けの、礼儀正しいきちんとした年賀状
  • 親しい人向けの、自由で自分らしい年賀状

と、分けて作るのもおすすめです。

 

やはり、上司や先輩などの目上の人、仕事で関わる取引先の人や顧客には、きちんとした年賀状を送ることが大切です。

 

でも、友人などの親しい間柄なら、『賀詞を重複させない』ということを守れば、あとは自由。

デザインも賀詞も、好きなものを好きなように使って大丈夫です。

筆者も、猫好きの友人に『Happy ニャー Year!』という賀詞の年賀状を送ったこともあります。

 

年賀状は新年のご挨拶ですから、折り目正しさも自分らしさも、両方大切にしたいものですね。

スポンサーリンク

まとめ

『謹賀新年』と『恭賀新年』は、意味としては同じで、敬意を込めて新年のお祝いを伝える言葉です。

違いがあるとすれば、

  • 字が違うこと
  • 『謹賀新年』のほうが一般的

というくらいです。

 

ですから、目上の人や仕事の取引先の人などへの年賀状には、どちらを使っても大丈夫。

もちろん、親しい間柄の人にも使える賀詞です。

 

賀詞は、いろいろありますが、『1枚の年賀状に使える賀詞は1つだけ』。

これは基本のルールです。

 

それに加えて、敬意と礼節のある年賀状を送りたい相手には

  • 4文字以上の、敬意を含んだ意味の賀詞を使う
  • 縦書きで、日本語の賀詞が基本

ということをおさえておけば、心配ありません。

 

今度の年賀状は、賀詞も意識しながら、ぜひ楽しんで作ってくださいね!

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.