違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

古い団地

その他の違い

マスターリースとサブリースと空室補償制度の違いをわかりやすく解説

賃貸物件を所有している人にとって、空室が発生するリスクは不安になるものです。

その不安を解消する手段に『サブリース』や『空室補償制度』などのサービスがあります。

ところが、このサービスの中には、『マスターリース』という言葉も登場することがありますね。

いったい、『マスターリース』『サブリース』『空室補償制度』の間には、どんな違いがあるのでしょうか?

 

はなこ
知り合いが賃貸物件を所有していてね。

いろいろと教えてもらったんだけど、不動産会社とたくさんの契約をする必要があるそうね。

へえ、どんな契約があるの?
たろう
はなこ
『マスターリース』『サブリース』『空室補償制度』って言ってたわ。
どんな違いがあるの?
たろう
はなこ
それが、いまいちよく分からなかったのよね。
それじゃあ、自分たちで詳しく調べてみようよ。
たろう

 

今回は、『マスターリース』『サブリース』『空室補償制度』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『マスターリース』と『サブリース』の違い

まずは、『マスターリース』と『サブリース』の違いについて、契約の仕組みを通して見てみましょう。

通常、賃貸物件を所有しているオーナーが、物件を借りる人と直接契約を結ぶことは少ないです。

その間に、不動産会社が介在することが一般的です。

このとき、

オーナーは、『貸主』として不動産会社(『借主』)と契約し、『借主』は物件を一括で借り上げます。

この契約が『マスターリース』です。

不動産会社は、今度は『転貸人』として物件を借りる人(『転借人』)と契約し、部屋を貸し出します。

この契約が『サブリース』です。

マスターリースとサブリース

マスターリースとサブリース

『マスターリース』の契約形態には、主に『空室保障型』と『実績連動型』の2種類があります。

 

『空室保障型』の場合、オーナーは不動産会社から固定額(例えば満室の場合の家賃の80%~90%程度)を受け取ることが可能です。

空室・満室の状態に関わらず、一定の賃料を受け取ることができることから、

空室が多くても得られる金額が少なくなる心配はありません。

しかし、満室の場合は損をすることになりますね。

 

『実績連動型』では、

物件の稼働状況に応じた賃料

を受け取ることが可能です。

つまり、満室ならば得られる賃料は最大になりますが、空室が増えるほど損をすることになります。

 

安定した金額を得るか、得られる金額が最大になるようにするか、オーナーの判断で決める必要があります。

 

はなこ
そう言えば、『サブリース』のおかげで一定金額がもらえるって言っていたわ。

つまり、不動産会社と『空室保障型』で契約しているということなのね。

たしかに、一定金額が得られるのはメリットだけど、満室の状態なら損ということになるよね。

なんとかならないのかな?

たろう

 

『マスターリース』『サブリース』と『空室補償制度』の違い

田舎の家

『マスターリース』『サブリース』の仕組みによって、『空室保障型』ならば、オーナーは部屋の空き状況に関係なく一定金額を得ることができます。

しかし、その金額は、たいていの場合、満室の場合の80%~90%程度です。

ですから、常に満室の状態なら、オーナーは逆に損することになるわけですね。

そこで考えられた仕組みが『空室補償制度』になります。

 

『空室補償制度』を利用する場合、不動産会社とは『実績連動型』で契約することで、満室の場合は満額が得られるようにしておきます。

そして、不動産会社とは別の空室補償団体と『空室補償契約』を結ぶのです。

『空室補償契約』を結んだ場合、オーナーは空室補償団体に毎月の補償料を支払う必要があります。

その代わり、

もし賃料が補償額(例えば満室の場合の80%)未満になった場合、オーナーは空室補償団体からその差額を受け取ることができます。

つまり、最低でも補償額分は受け取ることができるわけですね。

これなら、満室の場合は得られる金額が最大になりますし、空室が増えても一定額までは得られることになります。

 

はなこ
なるほどね、もし空室が発生したら、他の団体に補償してもらうわけね。
これなら、一定金額以上は得られる上に、満室なら金額が最大になるわけか。
たろう

 

『空室補償制度』のメリットは、『実績連動型』と『空室保障型』のメリットを兼ね備えているという点でしょう。

実績に応じて賃料は増えますし、空室が増えたときも、一定額以上のお金を受け取ることができます。

補償料を毎月支払う必要はありますが、その価値はありますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『マスターリース』は、オーナーと不動産会社との、『サブリース』は、不動産会社と借主との契約を意味する。
  • 『マスターリース』『サブリース』を利用することによって、『空室保障型』ならば、空室の有無にかかわらず、オーナーは一定金額を得ることができる
  • 『空室補償制度』は、賃料が一定金額未満になった場合、その差額を補償してもらえる制度のことである。
  • 『マスターリース』『サブリース』の『空室保障型』とは異なり、『空室補償制度』では、満室の場合に最大の金額を得ることができる

『実績連動型』と『空室保障型』のいいところを取った『空室補償制度』、検討するメリットは大きいでしょう。

空室補償団体は複数あります。

まずは相談してみてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.