違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

海辺を歩く女性

その他の違い

『寂しい』と『淋しい』の違いをわかりやすく解説【使い分け方】

『さびしい』あるいは『さみしい』という言葉、漢字ではどう書きますか?

『寂しい』『淋しい』の、2つの漢字が当てはまりますよね。

それでは、この2つに違いはあるのでしょうか?

 

はなこ
『さびしい』の漢字って、『寂しい』と『淋しい』のどちらが正しいんだっけ?
どちらでも使えるんじゃなかったかな?
たろう
はなこ
じゃあ、違いは何なの?
どちらも同じ意味じゃないの?
たろう
はなこ
でも、2つあるってことは、どこか違いがあるんじゃないのかな?

ちょっと調べてみましょうよ。

 

今回は、『寂しい』と『淋しい』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『寂しい』と『淋しい』の意味

まずは、『寂しい』『淋しい』の中で、使われている漢字の『寂』『淋』の意味を見てみましょう。

 

『寂』の意味

『寂』には、次の意味があります。

  1. 声がなくて、ひっそりとしている様子
  2. 涅槃に入ること
  3. 古びていて趣があること

声がなくて、ひっそりとしている様子は、例えば『静寂』という熟語が当てはまります。

また、涅槃に入ることを表す熟語に『入寂』があります。

日本には、『侘び(わび)・寂び(さび)』の文化がありますが、そこでは古びていて趣がある様子を表しているのですね。

 

『淋』の意味

『淋』という字の本来の意味は次の通りです。

水がしたたり流れる様子

例えば『淋雨』という言葉は、雨でずぶ濡れになることを表しています。

実は、『淋』という字は、『さびしい』という感情に直結する意味を持っていないのです。

 

『寂しい』と『淋しい』の違い

着信を待つ女性

『寂』『淋』2つの漢字の意味から、『寂しい』と『淋しい』の違いを理解することができます。

それぞれの主な違いをまとめると、次になります。

『寂しい』と『淋しい』の違い

  • 『寂しい』は主に情景を表す言葉で、『淋しい』は主に感情を表す言葉である。
  • 『寂しい』は常用漢字だが、『淋しい』は常用漢字ではない

それでは、順番に細かく見てみましょう。

 

表現する対象の違い

『寂しい』で使われる『寂』という漢字は、声がなくてひっそりしている様子を表します。

そういった情景を表すときには『寂しい』のほうが適していることになります。

『淋しい』で使われる『淋』という漢字は、元々は水がしたたり流れる様子を表しています。

そこから、人が涙を流す様子を『淋』に当てはめたわけです。

なので、

涙を流すほどの感情を表現するときに『淋しい』が使われます。

 

常用漢字か?

『寂』は常用漢字ですが、『淋』は常用漢字ではありません。

したがって、公用文書や教科書、新聞などでは『淋しい』は使われず、『寂しい』だけが用いられます。

 

はなこ
なるほどね。

情景には『寂しい』、感情には『淋しい』を使えばいいのかな?

もしくは、全部『寂しい』でも問題なさそうだね。

『淋しい』は常用漢字ではないから、テストで問題が出題された時は『寂しい』ほうを使わなくちゃならないみたいだし。

たろう

 

ところで、『さびしい』と『さみしい』では、どちらが正しい読み方なのでしょうか?

『寂しい』と『淋しい』のどちらも、『さびしい』『さみしい』の両方の読み方ができます。

しかし、

常用漢字表にある読み方には『さびしい』しか載っていない

ので、テレビやラジオなどの放送では『さびしい』が用いられます。

古くからあったのは『さびしい』のほうです。

『さぶし』という言葉が平安時代に『さびし』に変わり、さらに現代の『さびしい』になりました。

 

『寂しい』と『淋しい』の使い分け方

『寂しい』と『淋しい』の使い分け方を見てみましょう。

 

昼間だと言うのに閑散としていて(  )商店街だ。

この場合、情景に対してひっそりしている様子を表していますね。

ですから、『寂しい』のほうが適しています。

 

長い間飼っていたペットの犬が死んでしまい、(  )。

ここでは感情面で悲しい気持ちを表しています。

涙を流すほど悲しいことを表現したい場合、『淋しい』のほうが適していますね。

しかし、『寂しい』でも間違いではありません。

 

単身生活をしていると、帰りはただ1人、誰もいない家に戻ることになるので(  )。

これも、どちらかと言えば感情面を表しています。

しかし、涙を流すほど悲しいわけではなく、孤独でひっそりした情景を表してもいるので、『寂しい』のほうがいいでしょう。

 

あなたに会えなくて、(  )日々を過ごしています。

これも判断は難しいですね。

孤独を感じる『さびしさ』なら『寂しい』が、涙を流すほどの『さびしさ』なら『淋しい』が適しています。

 

判断が難しい場合、『寂しい』を使うようにしましょう。

『寂しい』は、情景と感情の両方に使用することができます。

しかし、『淋しい』は感情の表現しか用いることができません。

また、『寂しい』は常用漢字ですから、どんな場合にも用いることが可能です。

 

はなこ
判断に困ったら、『寂しい』を使えばいいのね。
そのようだね。

涙を流すほどの『さびしさ』なんて、よほどのことがなければ起こらないからね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『寂しい』は、主に情景を表す言葉で、『淋しい』は主に感情を表す言葉である。
  • 『寂しい』は、常用漢字だが、『淋しい』は常用漢字ではない

学校のテストでは、必ず『寂しい』を書くようにしましょう。

また、読み方も『さびしい』です。

『さみしい』と書くと、減点されますよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.